ピクシブ百科事典

世の中には勝利よりも勝ちほこるにあたいする敗北がある

よのなかにはしょうりよりもかちほこるにあたいするはいぼくがある

16世紀フランスの哲学者ミシェル・エケム・ド・モンテーニュが、著書「エセー」に記した言葉。
目次[非表示]

世の中には勝利よりも勝ちほこるにあたいする敗北がある

漫画「キン肉マン」劇中の、第21回超人オリンピック3次予選、新幹線を突き飛ばして距離を競う「恐怖の新幹線アタック競技」で、テリーマンが線路上の子犬を助けるため自らの突き飛ばした新幹線に走って追いつき止めた結果、距離的には通過圏内だったにもかかわらずルール(※)上失格になってしまった…という場面で引用された格言であるため、それに関連するシーンで使われることが多い。
例えルールの上で敗北しようとも、自らの栄光をかなぐり捨てて小さき命を守ったテリーマンの行動は多くの者の心を打ったのである。
※脱線を2回する、踏み切り線を越える、一度手から離れた新幹線に触れると失格となる。
 テリーマンが失格になったのは最後のルールに抵触したため。
 なお新幹線を止める前、しばらく子犬の前で新幹線を待ち構えていたため、
 「その間に子犬をどければ良かったのでは」と読者から突っ込まれることも多いが、
 結局踏み切り線を越えているため失格は免れない。
 ただ当時の新幹線は全線高架であり、そんな場所に子犬が迷い込むことは普通ありえないのだが。まぁ、ゆでだから・・・・


補足

ちなみに、テリーマンの息子であるテリー・ザ・キッドも悲願達成を賭け挑んだ超人オリンピックにおいて、海で溺れた子供を助ける為父親同様に失格となっている。

2017年9月発売予定のSHFテリーマンに、この場面に登場した子犬が付属する。

関連タグ

キン肉マン
テリーマン
勝利 敗北 負けるが勝ち
フレイザード:本記事の対義語と成り得る名台詞を残している

pixivに投稿された作品 pixivで「世の中には勝利よりも勝ちほこるにあたいする敗北がある」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 466129

コメント