ピクシブ百科事典

八百比丘尼

やおびくに

八百比丘尼とは、日本の伝説の女僧。
目次[非表示]

伝説

若狭国(福井)に暮らしていた漁師の娘は、不老不死になれるという人魚の肉を食したが、不老不死ゆえに家族友人に先立たれ、永遠にその最期を見なければならない運命を背負う。
その後、彼女は出家して「八百比丘尼」と呼ばれる僧侶となり、全国を行脚したと言われており、日本各地にそれにまつわる伝説が残されている。

八百比丘尼



各地の伝承に共通して、生前は椿の花を愛したと言われ、特に白い椿(或いは白地に薄い赤の斑が入った椿)は、八百比丘尼を象徴する花として伝承されている。

火の鳥』における八百比丘尼

CV:久保田民絵

「異形編」と「太陽編」に登場。
戦国時代、一国の主であり数々の非道を行い成り上がってきた父親から男児として育てられてきた女、左近介(さこんのすけ)。そんな父が致死性の鼻の病にかかり、「父さえ死ねば自分は女として生きられる」と考え、その治療を行わせないために、治療に当たるはずだった尼・八百比丘尼を殺害する。
しかしその罰として、無限に繰り返す時間の中に閉じ込められてしまい、以降、己自身が八百比丘尼として成り代わり、永遠に若い頃の自分(左近介)に殺され続けるという宿命を負わされる。

「太陽編」で、霊界の戦いで傷ついた神々の手当てを行っているのは、負った罪を清算する方法であると語られている。

妖怪ウォッチ』における八百比丘尼

八百比丘尼さん



No304
種族ニョロロン
ランクS
スキルしんぴのウロコ(敵のとりつくが効かない)
好物スイーツ
こうげきしっぽうち
ようじゅつ大滝の術
必殺技海神の大波(白波うちつけるおめでたい波を敵全体におみまいする)
とりつくピチピチにさせる(とりつかれた妖怪は体がピチピチと若返りHPを少しずつ回復する)

遠い昔からいる妖怪だがピチピチのお肌を保っている。八百比丘尼に愛されると不老不死を手に入れることが出来るらしい。(妖怪大辞典より)

「2」に登場するニョロロン族のSランクの古典妖怪。
あるキークエストで必ずともだちになれる「にんぎょ」と、ジャングルハンターでポイントと交換出来る「にんぎょの宝玉」を合成すればともだちになれる(ちなみににんぎょは過去のひょうたん池でも出現する)。
スキル「しんぴのウロコ」は悪いとりつきを受けない効果を持っており、同じ効果として「きせきのりんぷん」のサイコウ蝶アゲアゲハが居るが、こちらはようじゅつ攻撃に特化している。名前の「八百『比丘尼』」だけに「ビクビクした物」が好きらしい。

彼女の色違いとしてイザナミが居る。

pixivに投稿された作品 pixivで「八百比丘尼」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 107065

コメント