ピクシブ百科事典

切裂とおりゃんせ

きりさきとおりゃんせ

切裂とおりゃんせとは、『ぬらりひょんの孫』の登場人物。「切裂とおりゃんせの怪人」と表記されることもある。

概要

埼玉県川越に出没すると噂されていた都市伝説の切り裂き魔。軍服風の衣装を身につけた怪人であり、顔には包帯を巻いている。語尾に「~であります」とつけるのが口癖。
細道の影に踏み込んだ少女を異世界へと引きずり込み、巨大なを使って殺害し、被害者の顔(恐怖する表情)を切り取って収集していた。顔を奪われた者の魂は異世界に囚われ続ける。
百物語組の一員であったようだが、「地下鉄少女」のように百物語組が意図的に造り出したのか、過去の黒田坊のように自然発生していたものをスカウトしたのかは、定かではない。切裂とおりゃんせ自体は少なくとも約15年前から存在している。
彼のターゲットは少女であり、百物語組の圓潮も口演でそう語っているのだが、なぜか奴良リクオの顔も切り取ろうとしていた。
戦闘でも鋏を武器として使用。被害者達の恐怖心から発生した"畏"を集めることで刃が強化される。

関連タグ

ぬらりひょんの孫 ぬら孫 百物語組

pixivに投稿された作品 pixivで「切裂とおりゃんせ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 48681

コメント