ピクシブ百科事典

山吹乙女

やまぶきおとめ

漫画『ぬらりひょんの孫』の登場人物。
目次[非表示]

漫画『ぬらりひょんの孫』の登場人物。

七重八重 花は咲けども山吹の     
     みのひとつだになきぞかなしき

概要

鯉伴の前妻。見目麗しく、黒く長い髪を持つ女性の妖怪。生前は武家の生まれで、古歌や古文の教養がありながら若くして死んだ娘の幽霊。死後にかつての名前も失っており、「山吹乙女」という名は、彼女が暮らしていた化物屋敷の裏手に咲いていた山吹の美しさに準えて鯉伴が与えたもの。 江戸初期(珱姫の存命中)に鯉伴と結ばれ、奴良組の繁栄を更に後押しした。しかし50年以上経っても子を成せず(当時、羽衣狐の呪いはまだ認知されていなかった)、それを自分のせいと思い込み、山吹の一枝と古歌を残して姿を消した。

ネタバレ

その後、枯れるように死亡したが、鯉伴暗殺を目論んでいた晴明の反魂の術により、羽衣狐の九番目の依代として幼な子の姿で現代に復活。山ン本五郎左衛門の幻術により「鯉伴の娘」という偽の記憶を吹き込まれ、かつて自身が残した古歌を鯉伴が口ずさんだ直後に彼を殺害してしまう。その瞬間にかつての自分の記憶を取り戻し、同時に自らが愛した人を殺した絶望の念により、羽衣狐にその体を乗っ取られた。

羽衣狐が完全に消滅した後、リクオを晴明の一太刀から身を挺して守り、最期は、かつて自分が成せなかった子の面影を感じたリクオに看取られながら、静かに眼を閉じた。その後彼女の遺体はリクオの意志により、狂骨ら京妖怪の残党に預けられた。

関連タグ

ぬらりひょんの孫
鯉乙 佳人薄命

pixivに投稿された作品 pixivで「山吹乙女」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 171924

コメント