ピクシブ百科事典

思花

しいか

思花とは東方情花郷、東方満泡封宇に登場するキャラクター。
目次[非表示]

「恐れるな。私は人が生みだした大罪の一つに過ぎない」

概要



 思花(sika)
種族  :情花(本当は崩壊そのもの)
能力  :理を司る程度の能力
二つ名 :崩壊の姫君、情花郷総司令官
所在  :情狂邸(崩壊の丘に建つ豪邸)
テーマ曲:鉄十字に輝くあの頃の思い出~Ich schütze dieses Kind

情花郷の6面ボスとして登場。
満泡封宇では自機として登場。

薄緑色のウェーブでずれたツインテール、翡翠を思わせる瞳、フリルが豊富なワンピース、胸元に輝く鉄十字、不気味な色合いの帽子と軍の中で生きる冷徹な戦乙女のような風貌。
胸元に輝く鉄十字は、かつてのナチスのものである。生まれは外の世界のドイツ。
異変後、髪型を変え、靴もヒールのあるブーツに変えた。

ナチスが事実上滅んだ後、何らかの原因で情花郷に流れ込む。
その頼れる人材や天才的な策略により、情花郷を纏める総司令官の地位にまでなった。
かつて自らが誇りと思って犯した過ちを悔いており、贖罪の為に生きている。
ちなみにナチスにいた頃の名前はルーシュ・ハインツベルン。
人工生命体でゲシュタルト崩壊の要因。

個人設定

一人称:私 二人称:名前or貴様
時代の流れにより、唯一の当事者と成りつつある人工生命体。
数え切れない人々の魂を背負い、自らが犯した大罪を償うべく、生きている。
好きなもの:銃火器、故郷の食べ物。
嫌いなもの:非人道的な行動。

二次創作


東方オリジナル内の関係
主→情花咲
友人→隠花

能力について

 
 理を司る程度の能力

元々は「崩壊へ誘う程度の能力」だったが、長い時を得て「理を司る程度の能力」へと成長した。
能力や自我。存在、概念、感情、視覚、嗅覚、味覚……理に通じる全てを、自由自在に操ることができる能力である。
この能力は「脳を操る程度の能力」とも言えるだろう。

テーマ曲


 鉄十字に輝くあの頃の思い出~Ich schütze dieses Kind

人は過去に生きる者もいれば、今に生きる者もいる。
未来へ生きる者だって少なからずいる。
それでは彼女はどうだろう?
過去の栄光に溜め息を吐き、未来への不安に身を震わす。
彼女の心をこんなにも容易く操れるのは一体、なんなのだろうか?

スペルカード

名称難易度説明
思符「ティアドロップの導き」E幾多の悲劇を見た涙のスペル
考符「思考削除」E・N思考を徹底的に削除している時のスペル。安置は多い
論符「ロストロジック」E・N論理を失わせるスペル。触れると徐々に論理的ななにかが消えていく感じがする
絶符「拒んだ正常」E・N正常を拒んだ者にしか見えないスペル。なんだが正常に申し訳なくなる
拒絶「右手に理解を 左手には疑問を」E・N当たると痛いし、何が何だか分からなくなってくるスペル
「鏡の向こうのあなたはあなた」E・N・H怖い。ただそれだけだ。まるでなにかが壊れるような気分になる
粛清「長めのナイフが輝く夜」E・N・H・L1934年に起きた「長いナイフの夜」を表現したスペル。ナイフが高密度
1938「水晶が砕けた夜」E・N・H・L1938年に起きた「水晶の夜」を表現したスペル。ガラスの破片と血が少々
狩人「標的:逃亡者」H銃で撃ってくる。追尾タイプの弾
開幕「白鷲侵攻令」Hポーランド侵攻のこと。この行為が第二次世界大戦の引き金となった
終幕「栄光が朽ちた日」N・H・L1945年4月30日。ヒトラーが自殺した日である
情花「理解の花咲け、疑問の種蒔け」H・L情花の花とその花粉のスペル
「鋼鉄銃器要塞:Abyss」H・Lラストスペル。大きな要塞が登場し、幾千の銃から弾が容赦なく撃たれる
独裁「NSDAPの矛盾の行方」EXNSDAP。ナチスの略称である
殺戮「42回の暗殺計画」Exヒトラー暗殺計画の確認されている回数である
崩壊「問い:お前は誰だ?」Exゲシュタルト崩壊になるための行為。良い子も悪い子も絶対やっちゃダメ


関連タグ

東方オリジナル 東方情花郷

pixivに投稿された作品 pixivで「思花」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2261

コメント