ピクシブ百科事典

映画泥棒

えいがどろぼう

映画泥棒とは、映画館で映画の上映前に流れる盗撮防止キャンペーンのCMに登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

おぞましい音楽と共に登場し、映画館で上映中の映画を盗み撮りする。
頭部がビデオカメラという見た目と奇怪なロボットダンスが密かに人気があるキャラ。
デザインは三木康次。漫画家のあさりよしとおがデザインしたという噂が流れたが、デマであった。

映画泥棒というのはあくまで俗称であり、正式名称は「カメラ男」である。
ちなみにデザインをした三木康次が客員教授を務める京都造形芸術大学のホームページでは「盗撮男」と記載されている。
台詞が一切無いキャラだったため、長年口調は不明だったが本人の公式アカウントで敬語調で喋るという事が発覚した。

製作者たちの間で携帯ストラップを劇場で売ろうかという話もあったが、彼はあくまで悪者なので、売れるとは思うが出せないとのこと。(2010年4月30日付 東京新聞より)
・・・が、2014年に入ってからは遂にグッズが解禁。食玩やガチャガチャ、更にはバンダイの可動フィギュアであるS.H.Figuartsでパトランプ男と共に販売されることが決定している。

私には撮(盗)る義務がある…そして私には捕(獲)る義務がある…


2010年春から、映画泥棒を捕まえる「パトランプ男」も登場した。
こちらは頭部が回転灯。

当犯罪に科せられる刑罰

劇場内での撮影・録音は犯罪となるのは当然として、その映像をインターネットでの公開・DVDに記録して販売すると、10年の懲役および1,000万円の罰金の両方が科せられるうえ、損害賠償の請求も確実になる。

pixivにおいての扱い

その見た目の強烈なインパクトから当然ネタ扱いされる事も多いが、異形頭萌えの間では既にキャラクター自体が一つのジャンルとして確立されつつある。

タグとしては俗に『映画泥棒』と呼ばれているビデオ頭のキャラクターに対してだけでなく、【NO MORE 映画泥棒】のCMに登場した『赤ランプ頭』や『違法ダウンロードをした女』、更には映画泥棒とは直接関係の無い劇場マナー向上CMに登場するキャラクターをも総括したタグとして使用されることが多い。

また例え頭部がビデオカメラではなくとも、機械で一つ目であるなら大体映画泥棒認定されていたりもする。

笑っていいとも!

 全国の映画館で上映されている「NO MORE 映画泥棒」第2期CMで、ビデオカメラのお面をかぶってダンスを披露している“中の人”が、2013年1月28日に放送されたフジテレビ笑っていいとも!」に出演。プロのダンスパフォーマー・O-KI氏であることが判明、あの“ダンス”をTV初披露した。
 O-KI氏はダンス歴25年の40歳、パフォーマーとしての活動だけでなく振付師やダンス指導、イベントMCなど様々な形でダンス関連の仕事をしているという。Japan Hip-Hop Dance Association 副理事も務めている。

 同番組では「NO MORE 映画泥棒」でお馴染みのダンスをテレビ初披露。スタジオにいた香取慎吾爆笑問題田中裕二山下智久なども独特のダンスパフォーマンスに魅了されていた。

関連タグ

マスコットキャラクター / CMキャラ
映画 / 映画館
異形頭 / パトライト
映画泥棒100users入り / 映画泥棒500users入り / 映画泥棒1000users入り

外部リンク

映画に行こう!
NO MORE 映画泥棒 - Wikipedia
映画泥棒とは (エイガドロボウとは) - ニコニコ大百科

pixivに投稿された作品 pixivで「映画泥棒」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7207551

コメント