ピクシブ百科事典

永い後日談のネクロニカ

ながいごじつだんのねくろにか

永い後日談のネクロニカとは、インコグ・ラボ社が発売するTRPGである。 Amazonのほか、各種ゲーム書籍取扱店にてルールブック、およびリプレイが販売されている。 著者:神谷涼/つぎはぎ本舗 メインデザイナー:器械
目次[非表示]

ゲーム概要

人類が滅びた後の世界。
みんな死んでいる世界。
もう誰も死なない世界。
動くのはただただ、死者ばかり。

『永き後日談のネクロニカ』で主人公は、
そんな世界でココロを持ってしまった少女――ドールたち。
平たく言えば少女ゾンビになって、他のゾンビと戦うゲーム。

ゲームシステム

サイコロは1d10を使用し、判定などはシンプルにまとまっている。
特徴的なのは戦闘におけるダメージシステムであり、攻撃は頭・手・足・胴体のいずれかに命中し、ダメージはHPではなくパーツの破壊によって表現される。
胴体に命中し【はらわた】が吹っ飛んだり、頭部に命中し【のうみそ】がうどん玉の如くこぼれたりという事態がしばしば起こる。……が、
ドールたちは死んでいる以上、壊れはしても死にはしません
もうとっくに死んでいるし、世界もとっくに終わっています。
ご用意するは10面体のサイコロ1つ。
そんなわけで鉛色の空の下、お茶でもしながらひとつ、長い――永い後日談を語ってみようじゃありませんか。

配役

  • ネクロマンサー/NC … 他のゲームで言うところのGMである。ドールの製作者であり、最終的なラスボスもつとめる。
    • ネクロマンシー(死者をアンデット化する技術)の持ち主であれば、それがどのようなプロセスであっても彼ないし彼女ないし「それ」はネクロマンサーである。よって、その正体は多種多様。


  • ドール… プレイヤーキャラクター。ネクロマンサーが愛でたり弄んだりするために作り出す、人間としての自我と記憶を与えられたアンデット。基本的に少女の姿をしているが、当然ながらただの蘇った人間であることはない。
    • 機械化されていたり【つぎはぎ】だらけの子なんて普通。【はらわた】ポロリも日常茶飯事。
    • 顔面にあいた【おおあな】から【ほとけかずら】が繁茂していたり、【けもみみ】や【しっぽ】だって生えててもおかしくない。
    • 果ては【よぶんなうで】や【よぶんなあたま】が生えていたり、逆に【だるま】だったりそもそも実は少女じゃなくて【おとこのこ】だったり…とにかくPLの数だけのドールがいる。

関連イラスト

ひきがねコート。
すてねこオートマトン。
きぐるいジャンク。
のけものホリックさん描けたよォォーーーー!!!
つぎはぎアリスがあらわれた!
偶像ネクロニカが面白かったので
ネクロニカ・キャラらくがき
[ネクロニカ] ~インテスタ~ [マイドール紹介]



別名・表記ゆれ

ネクロニカ

関連タグ

TRPG ゾンビ
つぎはぎアリス のけものホリック すてねこオートマトン
きぐるいジャンク ひきがねコート しかばねソロリティ
ゾンビクイーン

ポストアポカリプス リョナ

外部リンク

永い後日談のネクロニカ公式HP
紹介漫画、リプレイ、サンプルキャラクター、シートなど各種ダウンロード、公式O&Aなどのサポートが充実。
ネクロマンサー向けサプリメント『箱庭の物語』、ESPサプリメント『歪曲の舞踏』の記事アリ。

なお、2013年10月30日に旧発売元であるパッチワークス社は社長の横領により廃業、製作グループであるつぎはぎ本舗は解散する事が決定され、以降はインコグ・ラボが展開を引き継ぐこととなった。

インコグ・ラボ
Amazon
ルールブックとリプレイを販売中。

永いニコニコ動画のネクロニカ
本作を扱った卓m@s動画作品など。

pixivに投稿された作品 pixivで「永い後日談のネクロニカ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2544130

コメント