ピクシブ百科事典

トンネルズ&トロールズ

とんねるずあんどとろおるず

アメリカにおいて1975年発表されたTRPG。日本展開はグループSNEが行った。省略形は「T&T」。
目次[非表示]

TRPG『トンネルズ&トロールズ(Tunnels & Trolls)』のこと。

通常は英語表記での正式名称である“Tunnels & Trolls”の頭文字を取って省略した言い方である、「T&T(ティー・アンド・ティー)」という表記の方が多く使われる。

概要

本作は『D&D』と並んで最古参のTRPGの一つであり知名度も最も高いTRPGである。

日本においては5.5版(社会思想社版)、7版(新紀元社販)を経て現在9版に相当する「完全版」(cosmic版)が刊行されている。
(6版は5.5版後に各地で作られた「ハウスルール」…その中には後述の「ハイパーT&T」も含まれる…を、8版は7版刊行後にフランスで出版された版を指す)

歴史

アメリカのゲーム会社、フライングバッファロー社(Flying Buffalo, Inc.)から1975年に発表された。
元々は前年度に発売された最古参のTRPGである『ダンジョンズ&ドラゴンズ(Dungeones & Dragons)』のローカルルールだったが、元となったD&Dから様々な要素を追加、あるいは省略していった事から最終的に全く別物になってしまい、独立したルールとして発売されたという経緯を持つ。
本作は「『職業』から独立した『種族』」「能力値による一般行為判定」の概念を最初に導入したゲームでもあり、その後のTRPGに与えた影響も大きいと言われている。

日本での展開

日本語版の販売展開は、1987年から社会思想社によって行われた。
このゲームはルールブックやシナリオ集だけではなく、同社から発刊されていたボードゲーム専門誌『ウォーロック』(元来はゲームブック専門誌)によって様々なサポートがなされた。同時に読者欄などでも活発にファン同士の交流が行われた。しかし、追加ルール(後述)の発表及びほかのTRPGの紹介などのためサポートは縮小された。
なお、『ウォーロック』競合雑誌の発生及び同人誌化などの複数要因により1992年休刊。2002年6月に社会思想社は廃業する。

このため日本語版の展開は(正式なT&Tの形では)長らく宙に浮いた形となっていた。しかしながら2006年末から新紀元社が新たに日本での展開を引き受け現在に至る。またそれに呼応する形で同社から新たにゲーム専門誌『Role & Roll』が創刊、『ウォーロック』誌などで行われていたサポートなどが復活した。尚、『Role & Roll』誌は非常に「リプレイ記事」が多い事も特長の一つである。

ゲームブックとの関係

最初に日本での販売展開を行っていた社会思想社が、それ以前より多くのゲームブックを翻訳発表していたために、この『トンネルズ&トロールズ(Tunnels & Trolls)』は当時のTRPGとしては異例の「書籍(文庫)の形で一般書店で販売」というスタイルでスタートする。このため日本においては先行していた『ダンジョンズ&ドラゴンズ(D&D)』などに比べて、極めて安価でかつ地方都市でも手に入れ易いというメリットを生み出す事に成功した(当時の販売価格でD&Dは3600~6000円に対し、T&Tは600~800円前後だった)。

このためどちらかというと年齢層が大学生を中心とした青年層に集中していた『ダンジョンズ&ドラゴンズ(D&D)』に比べると、10代の中高生を中心とした低年齢層のファンに広く浸透して行き、従来のゲームブックに慣れ親しんだファン層をそのまま獲得する事に成功した。
その後、日本における販売元である社会思想社が解散した事もあり、その位置を『ソードワールドRPG』や『アリアンロッドRPG』といった後発に譲ったが、現在でも根強いファンが存在するシステムである。

基本システム

キャラクターメイク

職業(アーキタイプ)は戦士(Warrior)、盗賊(Rogue)、魔術師(Wizard)の三種(選択ルールとして魔法戦士/達人(Warrior-Wizard/Paragon)、市民(citizen)が存在する)。
「盗賊(Rogue)」は所謂「盗賊(Thief)」ではなく「盗賊魔術師(Rogue-Wizard、非正規な手段で魔法を習得している魔術師)」の略であり、戦士と魔術師の中間的な能力を持つ。
種族は人間、エルフドワーフ、ホブ(ホビット)、レプラコーンフェアリーの6種。
ただしGMが許可を出せば上記「善の種族」以外のウルク(オーク)やトロールのような「モンスター種族」を選択する事もできる。
能力値の初期値は3D6で決定し、経験値を消費する事で上昇する。

行為判定

行為判定はGM側から提示された難易度を能力値+2D6と比較する事で判定する。
なお、7版の刊行時に「パロディ要素」を前面に出した宣伝をされていた為に誤解されがちだが、当作には『ドラゴンハーフRPG』や『MAGIUSスレイヤーズ』のような「コメディ展開を支援するシステム」は存在しない。
コメディの舞台を整えるのはダンジョンの主の役目であり、(時に命がけで)喜劇を演じるのは冒険者の役目である。

戦闘ルール

本作の戦闘ルールは他に類を見ない特徴的な物で、敵味方双方が武器毎に設定されたダメージダイスを振り、その差分がダメージとなる。
その性質上、戦闘時には大量のダイス…理論上では100個以上になる事もある…を使用する。
また、システム上「強い存在は圧倒的に強い」ため、プレイヤー側には機転を利かせ敵を分断するプレイが求められる。

当作に収録された武器は非常に多い。完全版でかなりの部分がリストラされたのだが、それでも多い。「聞いた事もない武器が多い」というPLの為、巻末に簡易ながら武器に関する資料も収録されている。更に完全版では武器のカスタマイズに関するルールが追加されたため、実質バリエーションは無限である。(能力値と財布の中身が許せば)PCにイメージ通りの武装をさせる事が出来るだろう。
また、本作には銃器に関するルールが存在する。所謂「銃ファンタジー」のさきがけ的な存在でもある。

魔法

旧版においては体力を消費する事で魔法を使用していたが、7版以後は新設された魔力度を消費する方式に変更されている。

ふつくしい日本語訳

本作の重要な魅力の一つが、「けいおん!」のにも匹敵する様な叙情豊かな言語センスである。
以下にその一部を挙げる。

  • <これでもくらえ!> (Take That, You Fiend !)
  • <小さいことはいいことだ> (Smaller is Smarter)
  • <シャレたヒゲだね> (That's a Natty Beard)

…念の為に言っておくと、あくまでも「一部」である。

世界観

かつての5.5版では背景世界は自作が前提だったが、完全版ではソロシナリオで断片的に語られるに留まっていた背景世界「トロールワールド」の歴史と地理について詳細に語られている。


ハイパーT&T

(この項目は本来独立した項目であるべきであるが、現在タグが少ないと推測されるため便宜上ここにある)

HTT(社会思想社版)

 このゲームはトンネルズ&トロールズ第5版を元に、日本にてT&Tの追加ルールと言う位置づけで発売された。このルールは『ウォーロック』誌にてサポートされた。尚この時点では独自の世界観は存在せず、僧侶の信仰する神のルールなどは作成されていなかった。また、追加された職業は「4レベルになった時点で選択して変更」であった。

追加点及び変更点

スキル制の導入

技能制度を導入することにより、難しい判定を簡単にすることができ、キャラクタの色づけが容易になった。

ハイパーポイント

このゲームにおいては1回のセッションにつき経験レベル回数分、判定時のさいころをひとつ多く振ることができる。このポイントを「ハイパーポイント」という。

上級職業の追加

上級職業が追加され、キャラクタごとの違いがわかりやすくなった。
職業は新たに追加されたものも多く、徒手空拳で戦う「武闘家」や独自のトリックじみた魔法が使える「怪盗」、魔術師から分割された(主に怪しげな)魔法を使う「呪術師」等が増えている。

各種戦闘ルールの追加

戦闘時におけるオプション動作や集団戦闘用ルールが整理された。

HTT(角川書店版)

社会思想社の卓上ゲーム撤退に伴い、このゲームは角川書店に展開元を変更した。
その際、ルール等をさらに見直したものを発売した。そして、公式の世界(ドラゴン大陸)も作成された。

変更点

社会思想社版に比べて変更の幅は大きい。大きな点は「職業は最初から選択可能に」「守備力関連の見直し」「戦闘不能時の判定」などがある。


関連する外部リンク

フライングバッファロー社 :T&T関連
>『Role & Roll :T&T関連
>『トンネルズ&トロールズ(Tunnels & Trolls)』 - Wikipediaによる解説
>『ハイパートンネルズ&トロールズ』 - Wikipediaによる解説

関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「トンネルズ&トロールズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2414

コメント