ピクシブ百科事典

エルフ

えるふ

亜人族の一種。その他の意味もあるので、本文を参照されたい。
目次[非表示]

曖昧さ回避

エルフとは、

  1. 架空の霊長類。もしくはその着想の発端となったヨーロッパの伝承に登場する妖精の一種。
  2. いすゞ自動車が製造・販売している小型トラック
  3. アダルトゲームのメーカー、株式会社エルフおよび同社のブランド名。→elf
  4. エンジンオイルのブランド。石油メジャーの一社であるトタル社がブランド展開している。
  5. ドイツ語で「11」の意。elf。
  6. 銃夢LastOrder」の登場人物。5.に由来(主人公ガリィの第11号クローンの意)。
  7. 戦勇。の登場人物→エルフ・ノベンバー

架空霊長類としてのエルフ

代表的なイメージ

ファンタジー物の小説ゲームなどにそこそこの頻度で登場する種族であり、元をたどれば1970年代~1980年代に日本で翻訳され、海外では1954年に発売された指輪物語、さらには前の神話におけるエルフが代表的である。しかし現在ではファンタジーの多角化により設定としてのエルフの登場数は減少しつつある。

どの媒体においても「が長く尖っていて、外見がそれなりによく、不老不死あるいは長命」というのが共通事項である。

頭髪以外に目立った体毛が無いとされている。

細身で筋力は比較的弱いが、賢くて魔法の扱いに長けるなどといった特徴を持つ。

弓とともに描かれることもあるが、弓を使う設定は、輸入されたものが多く、全てのエルフが弓を使うわけではない。詳細は下記を参照。けれども種族の先入観や差別化により使われることがある。

しかしこれといった定義はあまり存在せず、作品によりバラバラであることがよくある。

特徴的な尖った耳はエルフ耳もしくは単に長耳と呼ばれ、耳が尖っていればエルフでなくともエルフ耳と呼ばれることが多い。しかし大元のエルフは尖っているわけではない。最もレゴラスは耳が尖っていない。これはロードス島戦記のディードリットの影響が大きいとみられる。

ゲームや漫画でよく見るエルフの特徴としては次の性質があげられる。

  1. 魔法をよく使うが力は人間に比べて弱い
  2. 金属製の道具を嫌う
  3. 平和を尊び、他の種族との交流を避ける
  4. 小さな集団で森の中で暮らしている
  5. 戦闘力が低い

性格は穏やかな性格の平和主義者が多いが、他の種族と交流することを避けたがる一面もある。とは言え攻撃的ではなく、戦闘が苦手で警戒心が強い種族であるためである。しかし交流を持つ一面をのぞかせることもある。

また、都市伝説では屡々しまむらを通じて異界と往来しているといわれている。

歴史

しかし、これらのうちほとんどの設定は日本に輸入されてから作られたものである。
ゲームにおいて他の種族との差別化を図るために盛り込まれたものが多い。
つまりは"エルフの武器=弓が中心的"というのは輸入した際の作られたイメージである事を忘れないで欲しい。 勿論原作においては他の武器を使用することも多く、剣などの武器を使うことが多い。
原典というべきトールキンの作品に登場するエルフは、魔法と弓だけでなく人間以上によく使い力も強く、また鍛冶の腕前もドワーフと同等かそれ以上に巧みで厨性能と呼ぶのがふさわしいほど万能無敵の半神的存在である。

また平和主義なのも実際には輸入された時の誤ったイメージである。
これも輸入時のものを反映させているとされる。
また、他の生物生命を奪うことになんの躊躇いもなく、時には喜んで殺戮を行うのも今のエルフ像とは異なる。

挙句の果てには田舎者なイメージが付いていることもあるが、トールキンにおけるエルフは別段田舎住まいという訳ではない。

娯楽として意味もなく小ドワーフ狩りをしていたら絶滅させてしまったこともあるほど狩りを好む。ちなみに、トールキン世界におけるオークゴブリン)は、かれらエルフが邪悪な拷問の果てに変質したものを原種としている。

こんなのがゲームなどの作品に登場してしまうとバランスブレイカーもいいところで、ゲーム等の物語に登場するにあたってマイルドな調整を受けたのが現在の主要なエルフ像であると言える。
なお「ダンジョンズ&ドラゴンズ」でPCとして使用可能なエルフは、『剣も魔法も使える万能キャラだが成長が遅い』という、トールキン・エルフに近いかたちでのバランス調整を受けている。

また、『指輪物語』のエルフ像が日本に浸透するまでの間は、しばしば、(もともとの伝承に近い)ゴブリン、あるいは日本における座敷わらし的な意味合いで使われたり、フェアリーと混同した設定のエルフが登場したりしている。

モンスターメーカー』の初期のエルフキャラにショタロリキャラが多かったのも、九月姫がエルフとフェアリーを混同していた為との事。

典型を外れたエルフ

1980年代末以降、オールマイティー性を消す事で典型を外れるエルフが出現。
1990年代後半以降は「萌え」文化の浸透により、一定のバイアスはかかっているものの「エルフという種族≒キャラクターの個性」という形式は崩れている。

創作物において

イラストなどにおいては長命のため身体の発育が遅く、ロリな見た目に年齢は数百~数千歳の合法ロリとして扱われる事が多い。

またその発祥から日本への伝来の過程もあり、長年エルフ=西洋風社会(とりわけ中世欧風ファンタジー)のキャラクター、という図式が固定化されていたが、近年は日本を始めとして台湾韓国等の極東西側圏において、独自の多様性として日本他東洋系の文化に取り入っている姿も散見される。

関連イラスト

執事的な
Love Is Possession


ウッドエルフとその相棒
黒いエルフ



関連タグ


アダルトゲームブランドとしてのエルフ

elfへ。

いすゞ自動車が製造・販売している小型トラック

商標名はおそらく前項のエルフからであろうが、発売は1959年と旧く、メーカー陣がどこから命名したのかは非常に謎・・・
・・・と思いきや、メーカーのFAQコーナーにはこうあった。

  • エルフ(ELF)小さい妖精、いたずら者の意味。力があり小回りの効く、機動性の高さを表した。

やはり前述のエルフからだったようだ。

そもそもいすゞ車(またはそのエンジン)自体GMラインナップとしての一翼を担っている場合が多いわけだが、エルフに関してもGMCまたはシボレーブランドで販売されたり韓国・セハン自動車(現・GM大宇または旧デーヴ系商用車各社)でもエルフの名称で生産されたりと言う状況が見られる。

関連タグ


他の記事言語

Elf

pixivに投稿された作品 pixivで「エルフ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 53200769

コメント