ピクシブ百科事典

ダークエルフ

だーくえるふ

ダークエルフとは、ヨーロッパの伝承などに登場する妖精の一種である「エルフ(Elf)」に着想を得て創作された、ファンタジー物の小説やゲームなどに登場する架空の種族のこと。
目次[非表示]

曖昧さ回避


概要

ダークエルフとは、ヨーロッパの伝承などに登場する妖精の一種である「エルフ(Elf)」に着想を得て創作された、ファンタジー物の小説やゲームなどに登場する架空の種族のこと。登場する作品によって設定は様々だが、概ねエルフの近縁種とされ、エルフ(もしくは善側)に敵対する存在とされる場合が多い。別名として「黒エルフ」、「闇エルフ」、「シャドウエルフ」などがある。

原典が何処にあるかについては意見が分かれるが、日本で最初期に登場したのはTRPG『ダンジョンズ&ドラゴンズ(Dungeons & Dragons)』ファイティングファンタジー等のゲームブックコンピュータゲーム小説と言った海外翻訳作品に登場するダークエルフ達である。そして更に大きく知名度を高めたのは、上記のダークエルフのイメージに大きく影響されたロードス島戦記ソードワールドRPG(その詳細は後述)であり、これらが日本でのその後のダークエルフのイメージをほとんど決定付けたと言える。

多くのファンタジー要素の原典となっている北欧神話にも、「闇のエルフ」という単語自体は既に登場しており、天のアルフヘイムに住む光のエルフに対して、闇のエルフは地下に住むと語られている。『D&D』のダークエルフも、地底の大陸レベルの洞窟網「アンダーダーク」に住んでいる者が多い。
一方で同じ『D&D』でもドラゴンランス世界(クリン)の黒エルフはエルフ社会から追放された者とされる。

また、ファンタジー小説の古典とも言える『指輪物語』でも、同様に対比される光と闇のそれぞれ2種のエルフが登場する。ただしこちらの場合、「闇のエルフ」といっても邪悪な存在では決してなく、ただ単に太陽と月以前の光(二本の木の光)を見たか否かによる区別でしかない。そのため、エルフの人種・民族的分類とは一致せず、
・ヴァンヤール:すべてが光のエルフ
・ノルドール:アヴァリに含まれるごく一部を除き、すべてが光のエルフ
・テレリ
  ファルマリ:すべてが光のエルフ
  シンダール:王のエル・シンゴル(エルウェ)だけが光のエルフ
  その他のテレリ:すべてが闇のエルフ
となる。
さらに、シンダールとは「灰色エルフ」という意味である。ちなみにレゴラスはシンダール(灰色エルフ)で、ガラドリエルはノルドールで光のエルフに属する。

外見的イメージ

作品や描き手の解釈によって様々なのは言うまでも無いが、

  • 通常のエルフと同じ背格好だが、肌の色が褐色または漆黒
  • 髪の色が黒髪、もしくは白髪
~という特徴を持っている事が多い。特に髪の色が黒髪や、肌の色が褐色という特徴は、「通常のエルフが邪悪な力に染まった(悪堕ち)」という事を象徴している場合もある。

しかしながら「邪悪=褐色の肌と黒髪」と言う表現は、後に欧米で人種差別的な表現とされ、近年に発表される作品では、ダークエルフとは名ばかりで外見上は全く通常のエルフと区別されない事も多い。若しくは黒人種を連想させないために、最初から全く有り得ない様な肌の色と髪色を組み合わせる事もある。最近ではそのバリエーションの1つである「青白い肌と銀髪」という組み合わせが多くなっている。また、実写作品においても特殊メイクによってクリーチャー染みた外見にされるといったケースも少なくない。

draw wizard



日本における定義の変異

日本では後発組のTRPGである『ロードス島戦記』に登場するダークエルフのイメージが、ほぼそのままその他の初期の中世欧風ファンタジー作品(RPG、ライトノベルの前身的な文庫小説など)に取り入れられた。特に日本でのファンタジーシーン、およびエルフという種族の外見的なイメージは、『ロードス島戦記』に於いてその原型が形作られたと言っても過言では無いため、同様にダークエルフのイメージもほとんどそのままで1980年代を推移した。

しかし1990年代に入ると「邪悪なエルフ」という定義はだんだんと薄まり、単に「褐色肌を持つエルフの亜種」として描かれる作品が現れ始める。これは、元々日本では歴史的文化的に陰陽道の考え方があり、物事には全て表裏一体の関係があるという考え方も影響していると思われる。これ以降、特に日本で発表されたファンタジー作品などではこの流れを受け継いでいる物が多い。

2000年代に入る頃には日本の“萌え”文化の荒波の中、「ダークエルフ≒邪悪なエルフ」という構図はほとんど消えてしまい、むしろ人間社会を主観として描く場合、「エルフは文明発展に理解がなく融通も利かず厄介な相手」だが、「ダークエルフはエルフよりは俗っぽいので人間と共存しやすい」という、初期におけるエルフとダークエルフの立場が逆転してしまった例も散見される。

先の『ロードス島戦記』と世界を共有するTRPG『ソード・ワールドRPG』でも、公式には原則としてダークエルフ(及びそれに伴うファラリス信仰)を敵キャラ専用のキャラクターとしているが、実際には多くのプレイヤーたちが自作シナリオ(ローカル・サプリメント)の中でダークエルフを通常のプレイヤーキャラクターと同様に扱う行為が、半ば慣例化し横行している。
ソードワールド2.0』(こちらは世界観は共有していない)になると種族としてのダークエルフは消滅し、褐色肌のエルフ(種族的には普通のエルフと全く同じ)が普通に公式キャラとして登場したりしている(なお能力的な部分はシャドウという別種族に引き継がれた)。

その他の特徴的なダークエルフには、
・『モンスターコレクション』におけるダークエルフ(北方のエルフと対立的な南方の種族。「魔」属性を持つ)
・『ガープスルナル』におけるゲルーシャ(黒き歪みの月の信者で、エルファ(ルナルのエルフに相当する種族)が歪んだもの。眼球が漆黒の球体
などがある。

ゲームキャラクターとしてのダークエルフ

2000年代以前に発表された多くのRPGではTRPGやコンピュータRPGでも通常はプレイヤーキャラクターとしては選べず、専ら敵キャラクター限定で登場する例が多い。その場合は接近戦の剣技だけでなく、遠距離攻撃の弓や魔法も使いこなすなど、多くの場合は強敵としてプレイヤーたちの前に立ちはだかる。

2000年以降から、特にコンピュータRPGやMMORPG(オンラインRPG)では積極的に多くの種族をプレイヤーに解放する傾向に拍車が掛かり、ここ最近の発売・発表されたRPGの多くは選択出来る種族に最初からダークエルフが入っている事がほとんどである。この場合、ダークエルフが、普通のエルフとの善悪の対立軸を絡めた設定になっているという事は必ずしもなく、単純に人間で言う所の白人種と黒人種のような、比較的緩い関係として設定される事の方が多い(一部のゲームには純粋に“悪の勢力を演じる”という目的を持った物もある事に注意)。

変り種として、半熟英雄には、性格がダークなエルフとしての「ダークエルフ」がエッグモンスターとして登場する。根暗でいつも人を呪っており、攻撃も状態異常や即死など陰険。

萌えとしてのダークエルフ

意外に純情だったりツンデレだったりする場合も。ファンタジー物の定番キャラクターとしての位置を占める事が多く、そんなギャップ萌え的な側面もダークエルフの魅力の一つと言える。

また洋の東西を問わず、通常のエルフより巨乳に描かれることが多く、それに合わせる形で着衣も露出度が高めの物を着せられる事が多い。性に関しても自由奔放な性格付けをしてある事が多い傾向にある。

これは、前述の「悪の象徴としてのダークエルフ」を体現させるために、キリスト教文化圏に於ける「淫乱=肉欲の罪(七つの大罪の1つ)」を象徴的に具現化させたものと思われるが、現在の日本の萌え文化の中ではそれはほとんど意識されていない。

関連タグ

ジャンル
一般エルフ, ファンタジー,褐色ロリデコ銀髪エルフ
TRPGダンジョンズ&ドラゴンズ, ファイティングファンタジー , ロードス島戦記, ソード・ワールド
CRPGThe_Elder_Scrollsダンマー
MMORPGリネージュ2
キャラクターピロテース, ダーエロ, ディオナ, ヤオ・ロゥ・デュッシ


関連イラスト

ダークエルフ
ダークエルフ
ダークエルフ2
ダークエルフさん
ダークエルフの姐さん
褐色エルフ
ダークエルフと泉
ホルスタインのコスプレ

pixivに投稿された作品 pixivで「ダークエルフ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13580404

コメント