ピクシブ百科事典

ロックマンゼロ

ろっくまんぜろ

カプコンから発売されたGBA用アクションゲーム。
目次[非表示]

ロックマンゼロ(『ROCKMAN ZERO』;北米版タイトル"Mega Man Zero")とは、
カプコンから発売されたGBA用アクションゲームである。
広義にはロックマンゼロシリーズ(ロックマンゼロ~ロックマンゼロ4)をいい、
狭義には2002年4月26日に発売されたその第一作をいう。略称として、ロクゼロ、ゼロ、Zなどがある。

なお「ロックマンゼロコレクション」として4部作をまとめたソフトがニンテンドーDSにて発売されており、廉価版だと約2000円。ソフト一本あたり500円と非常にお買い得である。
……ゼクスの新作はないのですか……。

…実はゼクスの続編と同様、ゼロの続編を望む声も今なお多いのは秘密である。…

概要

ロックマンXシリーズの続編にあたり、同作での人気キャラクターゼロを主人公に起用した作品である。
ただし、ゼロシリーズのゼロはXシリーズのゼロとは若干性格が変化している。
(Xシリーズのゼロがクールながら時に熱い部分を見せていたのに対し、ゼロシリーズのゼロは一貫して冷徹・無表情であるなど)
世界観的には、処分場、廃墟といったステージが多く、ダークな要素を基調にしている。

特徴

Xシリーズの後継作だけあってダッシュ、壁蹴り、武器の使用によるハイスピードアクションが売り。
プレイヤーキャラはゼロであるため、代名詞のゼットセイバーを中心に次々に目の前に現れてくる敵を叩き斬りながら進んでいく。
救済要素はある程度あるものの全体的な難易度はXシリーズと比べてもかなり高く、初期無印ロックマンのように死んで覚えるゲームともされている。
一方で敵の配置や対策、パターンなどを見切ることができると途端にスムーズに攻略できるようになり、爽快感を得られることうけおい。

また、いわゆる初見殺しが非常に多いことが有名で、例を挙げると

  • 2面ボス「ふふっついでだ、お前も始末してやる」→始末される(ゼロ1)
  • シエル「爆弾が爆発しそうよ!今すぐ逃げて!」→エスケープユニットで逃げるとマケイヌ扱い(ゼロ1)
  • ゼロ「ザコにしては図体がでかいな、邪魔だ」→返り討ち(ゼロ1)
  • 不死鳥「燃えろ、燃えろ、無駄」→ティウンティウン(ゼロ2)
  • ステージ、ボス全てが鬼畜な爆撃機ステージ 後にTAイベントの対象になった(ゼロ2)
  • クラフト「手短に済ませよう」→本当に手短に済まされる(ゼロ4)
などなど

主な登場人物

ゼロ
本作の主人公で、かの伝説のレプリロイドである。
100年の封印を経て、シエルに目覚めさせられる。
無理な封印解除のせいで、以前の記憶を失っている。

シエル
本作のヒロイン。14歳。
元々はネオ・アルカディアの科学者だったが、ネオ・アルカディアに迫害されたレプリロイドたちを救うためにレジスタンスを立ち上げる。

コピーエックス
ネオ・アルカディアの統治者。エックスのコピー。

賢将ハルピュイア
闘将ファーブニル
妖将レヴィアタン
隠将ファントム
コピーエックスに仕える四天王



パンテオンシリーズ・・・・量産型エックス
ドクターバイル
ネオ・アルカディアを追放された悪の科学者。
コピーエックスを操り、彼が倒された後のネオ・アルカディアを支配した。




オメガ
過去の妖精戦争を(人類の6割、レプリロイドの9割を死亡させた上で)終わらせた最終兵器。
どんな結果であれ、戦争を終わらせた自分を「メシア(救世主)」と名乗っている。

オリジナルエックス
オリジナルのエックスのサイバーエルフ。

レジスタンスメンバー
セルヴォ
アルエット
コルボー
アンドリュー
ミラン
ルージュ
ジョーヌ
ダンド
イブー
ドワ
イロンデル
ロシニョル
メナート
ピック
ペロケ
オトリッシュ
イソス
パソス
フォコン

シアール
漫画オリジナルキャラクターでシエルの妹。

ロックマンゼロシリーズ

ナンバリングタイトル

1 2 3 4 

ナンバリング以外

  • ロックマンゼロコレクション(ナンバリング4作品を、DS用にまとめて収録したもの。新要素が追加された代わりに、GBA版の要素がいくつか削除されている)

派生作品


関連イラスト

ゼロから始まる
■オレは、オレでしかない■


■神話の再生■
砂嵐



関連タグ

ロクゼロ
ロックマン ロックマンX ロックマンゼクス ロックマンDASH
ゼロ シエル


他の記事言語

Rockman Zero
Megaman Zero

pixivに投稿された作品 pixivで「ロックマンゼロ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11169635

コメント