ピクシブ百科事典

バーニン・ナウマンダー

ばーにんなうまんだー

バーニン・ナウマンダーとは、ロックマンX及びイレギュラーハンターXに登場する8ボスの一人である。
目次[非表示]

ふはは!では未来を踏み潰すとするか!

概要

異名:灼熱のオイルタンク
型のレプリロイド。イレギュラーハンター第4陸上部隊(別名:砂漠部隊)隊長で、主に中東の砂漠で戦っていた。
動きこそ鈍重だが圧倒的な火力を有し、その武力を以って第4陸上部隊を束ねている。
「自分の実力を今まで以上に試す機会」という理由でシグマの反乱に加わり、蜂起した後は工場地帯を大規模な兵器生産工場にしようとした。
自分より小さいものや弱いものを見下す性格で、アイシー・ペンギーゴとは犬猿の仲だった。

……しかしSFC版では本人の実力は口ほどにもない。
ボス部屋の無駄に広い面積が仇となって彼の攻撃パターンはどれも命中率と場の支配が致命的に欠け、切り札のファイヤーウェーブは射程距離も手数もショボい。
おまけに一挙一動の予備動作がいちいち長く隙だらけで、後述の岩本版のような再生能力もないため、
エックスにとってはただの大きな的でしかない。
狭い部屋もしくはワイリーマシン6号のような壁のない強制スクロールだったら、あるいは戦況も変わっていたかもしれないが。

イレギュラーハンターXにおいて

CV:三宅健太

自分より力の劣る相手は徹底的に潰すなど、残虐な一面も強調されている。
その一方でシグマの異常性にも感づいており、それに関するエックスの意見を半ば肯定してもいた。
乱暴な性格故部下からは嫌われており、反乱の際には誰一人としてついてこなかったが、それを全く気にしてなかったので当人の方もそんな部下たちを嫌っていた模様。
地味に強化されているうえ、弱点攻撃を受けた際のダメージモーションが追加されなかったのでさり気無く手強い相手になった。
彼だけは倒した際の爆発エフェクトが異なっている。

漫画版において

岩本版では、小型メカニロイドがレプリロイドのスクラップを吸収して生まれ変わった存在という設定になっている。そのため、いくらボディを破壊されても本体であるメカニロイドがダメージを受けない限り、何度でも再生可能。敗北後は自身の悲しい過去をエックスに打ち明けた。その境遇を哀れんだエックスに情けを掛けられ、贖罪を条件に工場地帯に留まる事となる。X1の8大ボスの中では唯一の生存者である
池原版では、ペンギーゴに敏捷性で敗北した後は素直にエックスの力を認め、自らの武器であるファイヤーウェーブを託す潔さも見せた。8大ボスの中では唯一イレギュラー化しないまま最期を迎えた人物である

使用技

ファイヤーウェーブ
放物線上に炎を飛ばす技。

オイリング
炎が触れると引火するオイルを発射する。

ジャンププレス
自身の巨体を生かして相手を踏み潰す攻撃。
着地した際に起きる地震は床や壁にいると少しの間行動不能になるので、ジャンプで回避しよう。

雄叫び
「パオーッ」と叫んでべルトコンベアの流れる方向を変える。

弱点武器

ストームトルネード(ストーム・イーグリードから入手できる)
弱点武器を受けてものけぞるモーションをとらないが、ベルトコンベアを使った移動と、ジャンププレス以外の移動はしないため攻撃を当てやすい。
また弱点武器ではないがブーメランカッターを何発か当てると鼻が切れてブタ鼻になり、一部の攻撃を使ってこなくなる。

獲得武器

ファイヤーウェーブ
通常:射程の短い炎を連続で発生させ、エネルギーが切れるまで放射し続ける。
1フレーム単位で喰らい判定が生じるため反則的な火力を誇り、モルボーラーに背後から浴びせたら簡単に倒せる。また、トンボットの基地も全焼させる。
チャージ:貫通性のある火炎弾を落とす。着弾すると何本も火柱を上げながら、段差や壁に当たるまで地面を這って進んでいく。火炎弾が壁に当たった場合は、その場で一度火柱を出してから消滅する。
なお、いずれも水中では使うことができない。

関連イラスト

重量級

バーニン・ナウマンダー



関連タグ

シグマ
ナウマンゾウ(このボスのモチーフだが、海外版ではマンモス)

アーマー・アルマージ……中の人つながり

pixivに投稿された作品 pixivで「バーニン・ナウマンダー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22197

コメント