ピクシブ百科事典

空羽亜乃亜

あおばあのあ

コナミがついに送り出しちゃった萌え美少女。ゲームタイトルまで女性化して『オトメディウス』となってしまった。デザイナーは吉崎観音

……ではない、というわけでもない。
STG『オトメディウス』の自機キャラの一人で主人公格、伝説のビックバイパーの名を継ぐライディングバイパーを与えられた新人オトメ、イメージカラーは青。名前はこれで「あおば・あのあ」と読み、なにげに「あお(青)」という言葉が読み込まれている。愛称は亜乃亜(これで探す)。CVは佐藤利奈
エリュー・トロンエモン・5と並ぶ、「オトメディウス」最初期から登場していたキャラクターの一人。ドラマティックバースト、プラトニックブレイク共にホーミングレーザー。初期装備はグラディウスにおけるビックバイパーのそれを踏襲している。作中には登場しないが、弟が居るとのこと。快活で溌剌とした性格の持ち主。
ちなみにウェイトレス風のけしからん衣装を身につけているが、これは所属する秘密組織Gから与えられた戦闘コスチュームである。あの青くてアホ毛の目立つ髪も、普段は黒髪でアホ毛もなかったりする。

暑中お見舞い


普段? の亜乃亜。身につけているのは在学している聖グラディウス学園の制服。家庭用版では、この姿で自機として使用できるDLCも存在する(性能は通常の亜乃亜と同じ)。

ハイパー亜乃亜

エクセレント!』にて登場した、終盤のあるイベントによって内包した真の力が開放された姿。コスチュームや髪色は白色をベースとした色となり、頭上には天使の輪、背中には光の羽が出現するという、名前通りの天使を思わせる姿に変貌する。また、ライディングバイパーも「メタリオン」に変化し、オプションが2体までしか装備できなくなる、専用追加武装の枠が追加された9レベルのパワーゲージになる、プラトニックブレイクがパワーアップする、声にエフェクトがかかる等の変化が発生する。
前作(アーケード版/ゴージャス!)では何らかの秘めたる力を持っていることが示唆されており、続編である本作でその正体が明らかになった形となる。
名前に反して実質弱体化しているのはナイショだ。

pixivに投稿された作品 pixivで「空羽亜乃亜」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 227789

コメント