ピクシブ百科事典

空間磁力メッキ

くうかんじりょくめっき

『宇宙戦艦ヤマト』に登場する、防御システムの一種。アニメ作品で登場したのは第1作目の最終話のみ。それ以降に登場した事は無い。
目次[非表示]

概要

 アニメ宇宙戦艦ヤマト』に登場する防御システムである。当システムは、ガミラス帝国軍冥王星基地の反射衛星砲をヒントにして作られている。発案者はヤマト技師長たる真田志郎で、航海中に独自に開発して実装に漕ぎ着けてしまった模様。
 空間磁力メッキは、発動するとヤマト全体を白い物質で覆われていき、完全に包み込んでしまう。そこにビーム兵器が直撃すると反射されてしまうが、それは波動砲級の兵器すら無効化してしまう、ヤマトシリーズで屈指の無敵システムである。

運用実績

TV第1作目

 ただしテストは一度も試していないものと見られており、最終話のラストでいきなり実戦に投入された。しかし、テストを一回も試していないにもかかわらず、空間磁力メッキは威力を発揮、デスラー艦から放たれたデスラー砲を反射した挙句、デスラー艦に命中し撃沈させた実績を持つ。
 だが、何故か後のシリーズでは、空間磁力メッキは姿を消してしまった。その理由は不明である。装置の複雑さによる理由か、コスト面の理由かは定かではない。というよりも、本当は空間磁力メッキなどというシステムが存在しては、ヤマトどころか地球防衛軍自体が無敵軍隊に成り得る可能性がある為ではないだろうか。
 それを考慮して、リメイク版『宇宙戦艦ヤマト2199』では空間磁力メッキを排したとも考えられる。(その代りに波動防壁という新技術を導入して、多少のバランス調整を取っているのではないだろうか)

ゲーム版

 因みにPS2版『宇宙戦艦ヤマト イスカンダルの追憶』では、ガトランティス時における対デスラー戦において、デスラー艦が空間磁力メッキを備えて登場しており、瞬間物質移送機が使えなくなるや否や、空間磁力メッキを始動して無敵状態になってしまう。(なお、その後はデモムービーで話が進むので、プレイヤーの脅威にはならない)

関連タグ

宇宙戦艦ヤマト 反射衛星砲 真田志郎
バリア マホカンタ
こんなこともあろうかと

pixivに投稿された作品 pixivで「空間磁力メッキ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6744

コメント