ピクシブ百科事典

薬売り

くすりうり

薬売りとは、『怪~ayakashi~』及び『モノノ怪』の主人公である。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 屋を商う人。
  2. 怪~ayakashi~』及び『モノノ怪』の主人公。本項で解説。

概要

CV:櫻井孝宏
フジテレビ系列「ノイタミナ」で2006年1月〜3月に放映された『怪~ayakashi~』の第三幕「化猫」と、その続編として2007年7月〜9月に放映された『モノノ怪』の主人公。

モノノ怪の現れる場所に忽然と現れ、彼らの「形」「真」「理」を読み解き退治する謎多き男性。その正体や目的は不明。あまり感状を荒らげることはなく常に淡々としており、居合わせた人物たちから怪しまれることもしばしば。

作中で名乗らず「ただの薬売り」で通し切った上、本編公式名称も「薬売り」または「(薬売りの)男」である。

容姿

中性的で涼やかな顔立ちの男性。
長い耳、薄茶色のくせ毛の長髪など、何処か異人的な特徴を持つ。
顔には隈取のような赤い化粧を施し、頭部に紫色の頭巾を被っている。

衣装は、女物の着物の下に男物の袴を穿いたような服装で、水色の着物は十二単のように何枚か重ね着をしているかのようにもみえる。

その奇抜かつ妖艶な容姿のためか、彼と関わった女性の一部も一瞬見とれてしまうこともしばしば。
そのためか、一部のファンからは「マダムキラー」「歩く18禁」と渾名されることも。

「薬売り」を名乗るだけあり背中には大きな薬箱を背負っているが、中には薬以外にモノノ怪の位置を知らせる「天秤」や、結界を張る「札」、そしてモノノ怪を斬る「退魔の剣(懐剣)」が収納されている。

モノノ怪の真と理を得て退魔の剣を抜くと、姿が変わる(もしくは別の者と入れ代わる)。
ファンからは、その時の姿は「ハイパー」「変身後」などと呼ばれている。

関連イラスト

モノノ怪
花蝶風月~2010~


電波の塔と薬売り
薬売り



関連タグ

富山の薬売り 富山
怪~ayakashi~ モノノ怪
主人公 歩く18禁
ハイパー

他の記事言語

Medicine Seller

pixivに投稿された作品 pixivで「薬売り」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8620228

コメント