ピクシブ百科事典

霞羅門

かすみらもん

霞羅門(かすみ らもん)とは、原哲夫の漫画『蒼天の拳』の登場人物。

概要

CV:麦人(少年期:近藤隆

第61代北斗神拳伝承者・霞鉄心の息子であり、拳志郎の弟(異母兄弟)。
後の第63代北斗神拳伝承者・リュウケン(『北斗の拳』の登場人物)。

本編では十代の少年として登場。拳志郎をそのまま小さくしたような外見をしている。登場頻度はそこそこ多い。また、柔の拳の使い手の筈だが、なぜか作中では剛の拳を使っている。
兄に強い憧れを抱いてか、彼の言動を真似ている節がある。また、兄弟であるが年齢が大きく離れているため、前作の北斗四兄弟のような伝承者争いはしていない。親子仲も人並みで、作中では一人黙々と思案する羅門を鉄心がからかいに現れる姿が描かれている。

まだ子供で未熟なため(それでも並みの拳法使いならあっという間に倒す力はある)銃を手にした潘玉玲に圧倒される場面がある。

物語冒頭では、ケンシロウの出生に立ち会っており、彼のコメカミに兄・拳志郎と同じ北斗七星のアザがあることを発見する。

伝承者になる経緯についてだが、序盤で拳志郎が日本から出る際に「俺が死んだらおまえが伝承者だ」と発言しているため、そのまま伝承者になった可能性が高い。

関連タグ

蒼天の拳
北斗神拳
霞拳志郎 霞鉄心
リュウケン(北斗の拳)

pixivに投稿された作品 pixivで「霞羅門」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 893

コメント