ピクシブ百科事典

劉宗武

りゅうそうぶ

劉宗武(りゅう そうぶ)とは、原哲夫の漫画『蒼天の拳』の登場人物である。
目次[非表示]

概要

CV:玄田哲章

北斗劉家拳伝承者。中国を飛び出してドイツ軍少尉になった末、争乱を望むあまり平和への道を阻む存在と化してしまった。ドイツ軍大佐エドモンド・ヘッケラーに加担し、上海で和平を唱える人物を次々と暗殺し戦争を長期化させる。

元・同門の魏瑞鷹をして、もし劉宗武と同世代であったら早死にしていたと言わしめるほどの力を持つ。それを証明するかの如く、終始拳志郎と互角に戦えるほどの実力の持ち主である。
因みに拳志郎は北斗の拳の使い手と戦うときは彪白鳳などの一部の例外を除き必ず2回戦うのだが、初戦も再戦も拳志郎と互角だったキャラクターは彼以外には存在しない。(飛燕ですら再戦時の終盤はやや劣勢だった。)
また、拳志郎との初戦が終わった時点で半ば拳志郎の朋友になりかけていた。

拳志郎との初戦が終わった時点で性格が少しだけ丸くなり、父の仇である杜天風を倒した時点で残虐性がほぼなくなり、天授の儀が終わって正式に拳志郎の朋友になってからは完全にいい人になった。

容姿

屈強な肉体に白髪(銀髪)、激しく縦にシワの寄った額など、前作『北斗の拳』に登場したラオウカイオウを髣髴とさせる容姿をしている。

初登場時はドイツの軍服を身に纏っていたが、復讐達成後は天授の儀を行う前の儀式として文麗の手で剃髪してもらい、武僧の姿になる。

関連キャラクター

夏文麗
北斗劉家の女僧。宗武の師・劉玄信の娘で、宗武の元恋人。
かつては宗武とともに劉家拳を学び、彼に惹かれ恋人となる。宗武との間に子を授かるが流産。その後、ドイツ軍に身を投じようとする彼を止めようとした際に胸を抉られ愛を否定され、更には死の病に侵されるなど多くの災難を被る。
宗武を憎み拳志郎に彼の抹殺を依頼するも、それは「あの世では今度こそ添い遂げたい」という捨てきれぬ一途な愛故の行動であった。

関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「劉宗武」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5699

コメント