ピクシブ百科事典

カイオウ

かいおう

カイオウとは、漫画『北斗の拳』及び、アニメ『北斗の拳2』に登場する人物。
目次[非表示]

知れたこと、最後に生き残るのは!!悪!!

概要

カイオウのどや顔



CV:内海賢二(TVアニメ)、石塚運昇(北斗無双)

北斗の拳修羅の国編の登場人物。
修羅の国第一の羅将で、自らを“新世紀創造主”と称す支配者。
人々から魔人・魔神・魔王と呼ばれ恐れられている。TVアニメ版におけるラスボス


その正体はラオウトキの実兄
さらにサヤカという妹(ラオウ・トキの妹か姉かは不明)も居るので四兄妹となる。

悪の帝王

ありとあらゆる情愛を否定しており、愛に揺らがぬ唯一のものであるを信奉している。
彼が興した「強さだけが価値を持ち、情けや愛は唾棄されるもの」とされる修羅の国はまさに彼の思想を体現する存在である。

目的のためなら手段を選ばない冷酷さを持ち、ヒョウとケンシロウを相打ちさせるために実の妹であるサヤカすら道具として殺害している
その事について「妹だからこそ兄のために死ぬのは当然」「許しは請わぬ、感謝もせぬ」と言い切り、涙を流すどころか策略の成功を確信した際には彼女の形見を踏み壊し高笑いすら浮かべてみせたほど。
さらに正面からでも圧倒的な実力を持ち、無想転生を使ったケンシロウを惨敗させた唯一の人物。
狡猾さと実力を兼ね備えたその強さで、『北斗の拳』の事実上最後の強敵として君臨している。

屑星への反逆者

少年の頃から非凡な拳才を持ち皆に慕われる英雄の素質を持っていたが、時折増長した態度を取ることから度々「我らは北斗の屑星」と本家を立てるよう折檻を受けていた。
彼が本家を脅かすことを危惧したジュウケイによりラオウとトキを人質に取られ、本家の嫡男であるヒョウを立てるため公衆の面前で無様に命乞いをするという屈辱を強要される。
これによって人望を失ったカイオウは英雄としての道を閉ざされてしまう。

さらに幼いケンシロウとヒョウが火事の現場に取り残され、カイオウの母が火事に飛び込み命と引き換えに彼ら二人を救うという事故が起こってしまう。
カイオウは宗家に母を奪われたとますます憎悪を募らせるようになり、母の愛を失ったカイオウは全ての情愛を否定する決意を固めてしまう。
心の痛みを感じる毎に自らの身体にを負わせ、傷の痛みで心の痛みを消していった。

宗家への激しい憎悪から宗家の血筋であるヒョウケンシロウを陥れ、北斗宗家の血筋を根絶しようとしており、さらに天帝の血を引くリンをさらい己の子を産ませることで自らの呪われた血を洗い清めようともしている。

屑星という言葉は彼にとって拭い難いトラウマとなっているようで、兄である自分を差し置いて北斗神拳を学ぶことができたラオウ・トキに対しても「弟たちに劣る屑星だったと言うのか!」コンプレックスを剥き出しにしている。

ラオウに言った「犬ならば生涯主人に仕えもしよう、だが俺は犬ではない」という言葉のように彼は自らを屑星と定めた宿命へ反逆し、自らこそが覇者となるというその在り方は、救世主に倒される恐怖の覇王という宿命を背負わされたラオウと奇しくも似たものとなっている。

失われし北斗の長兄

最終戦争の激化とともに救世主を生み出すべく日本へと伝承者候補を送る際、その性情の苛烈さから北斗神拳を学ぶことを許されずヒョウとともに修羅の国中国奥地)に残され、後にジュウケイより北斗琉拳を学び伝承者の一人となる。
同じ伝承者であるヒョウやハンと協力し、修羅の国を統一し力が支配する弱肉強食な国へと変貌させた。

ラオウとは拳王を名乗り拳王軍を旗揚げした後に一度だけ再会しており、決別の証として修羅の国に「ラオウという男が海を渡りこの国を救う」という伝説を流布した。
修羅の国に伝わる北斗神拳の救世主伝説が下地にあったためか伝説は民衆に受け入れられ、修羅たちはラオウ襲来への備えを行い、カイオウの素性を知るジュウケイですらこれを信じていた。
ラオウ伝説は反逆者を燻り出し殲滅するための策略でもあるようで、虐げられ続けた民衆にとってラオウ伝説はただ1つの未来への希望となっていたためか、ラオウ伝説に乗じて立ち上がった反逆者たちはラオウの死を知らされると途端に瓦解している。
修羅の国を作り上げた張本人である彼の政治手腕が伺えるエピソードである。

普段全身にまとっている甲冑は表向きは吹き出す魔闘気を封じるためとしているが、その真の目的はラオウ伝説に信憑性を持たせるためにラオウに似た自らの素顔を隠す事に遭った。

北斗の拳 魔人カイオウ


現在では額から頬にかけて∧型の傷がついているので容易に見分けがつくが、少年時代は結構似ている。

カイオウは事情を知らないラオウに対し愛憎入り混じる感情を向けていたが、ラオウは実は彼の受けた屈辱のことを知っており、彼の悲しみを理解して誰よりも彼を尊敬していた。
「カイオウはいつまでも俺の心の中で英雄でなくてはならないのだ」とも発言しており、もしかするとラオウは彼の背中を追って天を握ろうという野望を抱いたのかもしれない。

心弱き最凶な英雄

初戦では闘気の扱いに劣るケンシロウを圧倒、無想転生をも破って完膚無き敗北を与えたが、とどめを刺しそこねてしまったがためにケンシロウに琉拳の極意を見切られてしまう。

ケンシロウとの最終決戦を前に、「幾ら悪を極めても悪で情愛は支配できない」と告げるリンに対し、「悪こそが情愛を支配翻弄できる」事を実証するためにケンシロウの眼前で一切の情愛を失っていつ覚めるとも知れない眠りにつき、目覚めた時に最初に見た者に情愛の全てを捧げる破孔・死環白を突いて愛馬(黒王号並みにデカい)に乗せ解き放った。
ケンシロウとの決戦では地の利や北斗神拳の弱点を突いた容赦ない策略を用いたが悉く破られ、戦いの中でケンシロウにより彼ら兄弟が北斗宗家の分家筋の血筋であったことが明かされる。
追い詰められたカイオウは祖先の怨念をも背負い自らの体に染み付いていた「宗家の拳」を繰り出すが聖塔に封印されていた「宗家の拳の受け技」を伝授されたケンシロウには通用せず、逆に両の拳ばかりか脚まで破壊されて窮地に陥り、最後の一撃を放つも届かず敗北する。

敗北したカイオウは自分が今まで自分より強い者と戦わなかった井の中の蛙であったことと、哀しみに耐えられず悪に走った自らの心の弱さを悟り、人の心を取り戻す。
リンの記憶と情愛を奪った事を始め己の所業を後悔し、駆けつけた瀕死のヒョウに恋人サヤカの敵を討つため、自分にとどめを刺すよう告げた。
そして恋人を殺されたことを恨むことなく彼を歪めてしまったことを謝罪するヒョウの優しすぎる心に触れたことで「また幼き頃に戻って共に遊ぼうぞ」と号泣。
自らの腕の中でヒョウを看取ると、共に溶岩に埋まり最期を遂げた。

愛を捨てて悪となった彼が真に求めていたのは、自らを正してくれる愛を有する漢だった。
ラオウ・サウザー同様、彼もまた愛を見失い、愛に彷徨った哀しい男なのである。

二次創作での扱い

北斗の拳イチゴ味』の「修羅の国人物名鑑」では「確かに強いが器はラオウに劣る」とバッサリ書かれていた。

同人ではヒョウやラオウとのカップリングが多い。(カイオウ×ヒョウ、カイオウ×ラオウなど)

関連タグ

北斗の拳
北斗琉拳
修羅の国
羅将 ラスボス
哀しき悪役

関連人物

北斗宗家の血筋
ケンシロウ ヒョウ
北斗分家の血筋
ラオウ トキ サヤカ
羅将
カイオウ ヒョウ ハン
その他
リン シャチ レイア 赤鯱 黒夜叉 名も無き修羅 バット ファルコ

pixivに投稿された作品 pixivで「カイオウ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 234743

コメント