ピクシブ百科事典

黄色中隊

きいろちゅうたい

黄色中隊とは、エースコンバット04に登場するエルジア空軍のエース部隊。出撃するときは、常に5機編隊で出撃する。 なお、正式名称は「アクィラ中隊」
目次[非表示]
黄色中隊


概要

黄色中隊とは、エルジア空軍第156戦術航空団に所属するエース部隊であり、灰系三色のスプリッター迷彩の機体に主翼の両端と下部の黄色いカラーリングが特徴。
Su-37の五機編隊。
エンブレムには鷹と5機の機体、鷹座が描かれている。
ストーンヘンジの防衛をしているが、大陸に進行してきた敵の迎撃も行うこともある。
ISAFによる第1次ストーンヘンジ攻撃の際は、戦闘爆撃機F-15E×12機と、その護衛機F-15C×12機で編成された選抜パイロットによる最精鋭のISAF特別攻撃部隊を、わずか5機編隊で全滅させたという実績を持ち、エルジア軍はもちろんISAFにもその存在が知れ渡っていた。
エルジアが占領した中立国サンサルバシオンの首都サンサルバシオンの南部で建設中だった高速道路を野戦滑走路として使用、ストーンヘンジ防衛だけでなく他地域の制空任務にも駆り出されるようになる。
しかし、コモナ諸島における空戦により1機被弾したこと、ストーンヘンジ防衛戦の際にメビウス1との戦闘による黄色の4の戦死や熟練隊員の引き抜き、未熟な補充員の配属、さらには物資の不足や燃料の純度が悪くなるなど、エルジア軍の戦況が不利になるにつれて部隊は弱体化していった。
本拠地であったサンサルバシオンでは分散配置を強いられた事もあり、多くが撃墜されてしまう。
そして、首都ファーバンティ防衛戦において、メビウス1との交戦により出撃した5機全機が撃墜され、黄色中隊は壊滅する。

エルジア軍はISAFへ降伏したものの、クーデター軍はあきらめきれず、とりあえずSu-37のカラーを黄色中隊の色にし、ISAFから「敵は全部黄色だ!」とでもいわせたかったのだろうが、現れたISAFはまさかの「敵は全部リボン付き」で大いに焦ることになる。
当然パイロットの腕は本家に到底及ばず「ああ!ジャン・ルイがやられた!」という名言を生み出す、残念な結果に終わった。

シリーズへの影響

エースコンバット5ではネームド機YELLOWを撃墜することで黄色中隊カラーが使用可能に、エースコンバットZEROでSu-37のマーセナリーカラーで黄色中隊のペイントにすることができたり、エースコンバット6Su-33用とF-15E用の黄色中隊のカラーリングがダウンロード配信されるなど、その後のシリーズにもさりげなく登場している。
アサルトホライゾンでは上位機体であるSu-35や似たカナード付フランカーのSu-33が登場しているが、DLCとしてSu-37が配信され、カラーパターンの一つとして黄色中隊カラーが選択可能となっている。
X2のSPミッションでYELLOW 13が敵として登場している。


エースコンバット3Dでは後にエルジアでは部隊名に鳥の名をつけることが流行った事や、エルジア出身のエドガー・グリントから後の黄色の13と思われるエルジアの若いエース候補の存在が語られている。
あとSu-37のC:02で再現することができる。

関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「黄色中隊」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 90770

コメント