ピクシブ百科事典

R・田中一郎

あーるたなかいちろう

究極超人あ~るに登場するロ「やは。ロボットじゃないよ、アンドロイドだよ」…主人公。一応。

究極超人あ~るの主人公? 通称あ~る。正式名はR・28号。
常に学生服(冬服)を(もちろん夏でも何重に)身に着けている。
一応、成原成行が学会への復讐と世界征服のために作った、人間離れした身体能力と人間に近い思考を備えた高性能アンドロイドだが、かなりの大ボケ
しかし所属する光画部員をはじめ、周囲にも負けず劣らずの変人が多いため溶け込んでいる。鳥坂先輩にはいいように扱われている。

生誕秘話において、「成原博士の息子が車にはねられたので代りに作った」と言うのと、世界制覇とアレな気がするが、気にすると負けるのでやめよう(元ネタの人も原作では似たようなもんだし。ちなみに成原博士の息子は今もピンピンしており、後に文化祭で不良を追い払ったあ~るとまちがわれて襲われケガをしている)。
時々
「私は世界を征服し、丸ごと父にささげよう!」
と言う気になる。

コンセントを一口備えており、炊飯器の使用の際等に胸元から出して使っている。
ちなみにこのコンセントは日本における一般向けの交流100V(周波数の50/60Hzは不明)で、別に普通の家電製品などを接続することもできる。
しかし過電流になるとブレーカーが作動するが、自身の動力と共用している為その際は自身まるごと動けなくなってしまう

ご飯を食べてエネルギーを摂るが、とその加工品以外を食べると調子が悪くなったり故障したりする。

物語初期にブロック塀にぶつかった拍子に首が180度回ってしまい、癖になったそれを直そうとして首が外れてしまうが、以降はたびたび首を外すようになる。
修理されてもそれは変わらない。
ちなみに素肌部分の手足も外す事が出来る。

愛機(自転車)の名は轟天号である。
あ~るが乗れば高速道路でも「へっちゃら」である。
修学旅行の回では、東京-京都間を轟天号で走破したエピソードもある。
しかも大量の荷物を背負った状態でバイクに乗った鳥坂先輩よりも明らかに速く、東京駅で見送った新幹線に京都駅で追いついてしまった。良い子は決してマネをしてはイケないよ。
撮影旅行の際には鰯水との二人乗りで高速道路に乗り込んだこともある。もちろんマネをしてはいけない。

口癖は気の抜けたVサインをしながらの「やぁ」である。この挨拶は部員が後に真似をしており、さらにのち「各マンガのキャラクターを集めて作る話」において、アルフォンスと言うものまで(性能が良いのと中の人の器量による)行っている。

手先は器用らしく、愛車の整備をしていたり、幽霊部員を捕まえる部員ホイホイを作成したり、オートフォーカスつきのカメラを自作したりしている。
なお、カメラはピント合わせ用の赤外線がレーザー光線になったり、謎の怪光線になったりしている。

学業の成績は人並み以下。3学年次の成績が足りておらず特別補習を受けていたが、その最後に行われる試験の結果には本人も自信がなかった。その後、2015年9月14日発売の週刊ビッグコミックスピリッツ42・43合併号に掲載された読み切りスペシャルにて、週刊少年サンデー連載最終回で一時的に行方不明になっていたため正式に卒業できず、その後も春風高校に在籍していることが判明している。

アニメ・CDドラマ等でのCVは塩沢兼人氏。原作者のゆうきまさみ氏は、『塩沢氏が亡くなったので「あ~る」を再アニメ化する気はない』と後に語っている。

関連タグ

究極超人あ~る あ~る(通称) R-28(二十八号だから) アンドロイド(ロボットではないらしい) 成原成行(作った人。) アール・デコ()
大戸島さんご 鳥坂先輩
塩沢兼人 ゆうきまさみ

pixivに投稿された作品 pixivで「R・田中一郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 678086

コメント