ピクシブ百科事典

SBR

すてぃーるぼーるらん

荒木飛呂彦による漫画「ジョジョの奇妙な冒険」の第7部「スティール・ボール・ラン」の略称である。
目次[非表示]

この『物語』はぼくが歩き出す物語だ。
肉体が…という意味ではなく、青春から大人という意味で…。

概要

荒木飛呂彦による漫画「ジョジョの奇妙な冒険」の第7部の副題であるスティール・ボール・ランの略称である。
集英社の青年向け漫画雑誌『ウルトラジャンプ』に2005年から2011年4月号まで連載された(当初は『週刊少年ジャンプ』で2004年からの連載)。

ただし、舞台は第1部~第6部の世界のパラレルワールドとなっている。
この点について作者の荒木飛呂彦は、2004年2月26日に発売された「青マルジャンプ」にて、
「SBRは、第6部のメイドインヘブンによって一巡した世界が舞台」である旨を語っている。

また、第8部「ジョジョリオン」はこの第7部と世界観を共有しており、本作の登場人物の子孫が登場しているほか、一部の重要な設定が引き継がれている。

6部までで複雑化してきたスタンドが、7部でいったんシンプルになる。スタンドは「立ち向かうもの」と再定義された。西部劇なのでが強く、スタンドは武装の一つとして扱われ、ヴィジョンをもたないスタンドも多い。ジャイロはあくまで鉄球の技術で戦うし、ジョニィは立つことができないので近距離パワー型のラッシュも(最終盤まで)無い。スタンドパラメータも廃止された。

あらすじ

1890年、アメリカで人類史上最大の大陸横断レース・スティールボールランが開催。
このレースの優勝賞金と名声を求め、世界各地から大勢の参加者が集う。
その参加者の中に2人の男がいた・・・ジョニィ・ジョースターとジャイロ・ツェペリ・・・。
彼らは其々の目的を果たすため、共に力を合わせ困難を乗り越える。
だが、このレースの裏には陰謀が隠されていた…。

関連タグ

主要な登場人物

ジョニィ・ジョースター / タスク
主人公の一人。19歳の元一流騎手。ケンタッキー州生まれで、幼い頃にイギリスに住んでいたことがある。ジョニィは競馬界で有名になっていくうちに高慢な性格になっていったが、その性格のせいでトラブルを起こし銃撃を受け、下半身不随となる。その後は後悔と失意に満ちた人生を送っていたが、「スティール・ボール・ラン(SBR)」レースでジャイロ・ツェペリと出会ってから生きる希望を見出しレースに参加する。

ジャイロ・ツェペリ
主人公の一人。24歳の鉄球使い。前歯に"GO!GO! ZEPPELI"と彫られた金歯を挿しており、「ニョホ」と笑う癖がある。法治国家ネアポリス王国の法務官で、父グレゴリオの後継ぎとして処刑人となる。しかし彼の最初の任務が、密会の現場に勤めていただけで「国家叛逆罪」として裁かれた靴磨きの少年マルコの処刑であった。その事にどうしても納得がいかず日々不満を募らせていたところ、スティール・ボール・ランとそれによる「国王の恩赦」を知り、マルコを救う為にレース参加を決意する。

スティーブン・スティール
「スティール・ボール・ラン」レースの主催者。ニューヨーク生まれ。ルーシー・スティールを幼妻として娶っている。

ルーシー・スティール
スティーブンの妻。年齢は14歳で夫とはただの親娘以上に年の差が離れている。旧姓はPart1ヒロインのエリナと同じペンドルトン。

マウンテン・ティム / オー!ロンサム・ミー
ワイオミング州のカウボーイ。31歳。毎年3千頭の牛を連れて4千kmの旅をしている通称「伝説のカウボーイ」。優勝候補の紹介で「ルックスはイケメン」と紹介されていた。

サンドマン / イン・ア・サイレント・ウェイ
インディアン(ネイティブ・アメリカン)。通称「大地の俊足」。思い込んだら他人と協調しない性格。自分の部族の考え方は白人には通用しないことを悟り、白人の知識を習得するなど柔軟な頭脳を持っているが、仲間のインディアンからは受け入れられなかった。白人移住者たちに奪い取られた土地を買い戻すために、レースに参加したが・・・

ホット・パンツ / クリーム・スターター
第1、第2ステージ共に上位にランクインし、第3ステージで後続に1時間の差をつけてトップ通過した人物。年齢・略歴も不明で、名前も偽名であるが、実は女性(それに気づいているのはジョニィとノリスケ・ヒガシカタだけ)。

ディエゴ・ブランドー / スケアリー・モンスターズ
ジャイロとジョニィのライバル的位置に存在する天才騎手。 もとは下層階級の出身だが、イギリス競馬界の貴公子になるほどの実力を持った天才で、優勝候補の1人。それぞれの馬が持つ「走るクセ」を見抜く才能があるが、目的のためには手段を選ばない最低な男との噂もある。

ファニー・ヴァレンタイン大統領 / いともたやすく行われるえげつない行為(D4C)
第23代アメリカ合衆国大統領。1847年9月20日生まれ。アメリカ各地に散らばっている「遺体」を集めるためにSBRレースを利用し、その遺体をマンハッタン島のシェルターに埋葬・保管する事によりアメリカを『世界の全ての中心』にしようとしている。そのためには手段を選ばず、遺体を手に入れたジャイロたちに抹殺を目的とした刺客を送り込んだ。

大統領の刺客達

ポーク・パイ・ハット小僧 / ワイアード
大統領の送り込んだスタンド使いの刺客。機械音が口癖。

フェルディナンド博士 / スケアリー・モンスターズ
大統領の送り込んだスタンド使いの刺客。地質学・古代生物学者。大地を尊敬しており、大地を汚すものには怒りを示す。

リンゴォ・ロードアゲイン / マンダム
大統領の送り込んだ刺客のガンマン。奇妙な果樹園でジャイロ達を待ち受ける。対等な決闘による修行を目的としている為、殺し合いにおいても礼節を重んじ、「漆黒の意思による公正な果たし合い」に勝利することでの、精神の成長を旨とする独自の美学「男の世界」を説く。彼の信念は、後のジャイロの考え方に大きく影響を与えた。

ブラックモア / キャッチ・ザ・レインボー
大統領の部下のスタンド使い。「スイませェん」が口癖。作中では洞察力に優れ、わずかな手がかりから“遺体の在り処を記すメモ”を盗み取った侵入者を追跡する。

11人の男たち / TATTO YOU!(タトゥーユー!)
大統領が放った11人組のチーム。軍隊以上に統率の取れた行動でジャイロ達を追跡する。11人の中にリーダーが存在するが、それを知るのは彼らのみである。

マイク・O / チューブラー・ベルズ
大統領護衛警備のスタンド使い。語尾、語中に「-の世界」を付ける口癖がある。大統領と夫人に対する忠誠は強い。大統領の裏切り者探しを中心に行動する。

ウェカピポ
ネアポリス王国の元王族護衛官で鉄球使い。妹がおり、その妹に対して暴行を働いていた夫を「決闘」で倒すが、その夫の父親が国家の重要人物であったために国外追放の身となる。アメリカでの「市民権」や重要職の「地位」を得るために、マジェント・マジェントと共にジャイロ達の抹殺を図る。

マジェント・マジェント / 20th Century BOY(トゥエンティース センチュリー・ボーイ)
コートにシルクハットという姿の刺客。ウェカピポ曰く「下っ端のクズ」。ウェカピポとタッグを組んでおり、ウェカピポに対してくだらない冗談を言ったりするが、毎回相手にされていない。

アクセル・RO / シビル・ウォー
兵士のような格好をした刺客。戦時中、敵の通過を自軍に知らせる任務に就いていたが、殺されたくないという理由で知らせず、多くの人を死に追いやった過去を持つ。

ディ・ス・コ / チョコレート・ディスコ
無精髭を生やした端正な顔立ちの男性。堂々とした歩き方をしつつ、刺客らしくスタンド名以外明かすことなく必要最低限の情報のみをジャイロに与える。。スタンド能力を用いてジャイロの鉄球はおろか、釘、硫酸を使う事でジャイロを追い詰めるが・・・

その他のジョッキー・登場人物

ポコロコ / ヘイ・ヤー
ジョージア州に住む黒人青年の農民。21歳。通称「黒い彗星」。彼の両親は必死になって働いたために、奴隷から解放され自由の身となるが、息子の彼はサボり好きでだらしがなく、呑気な性格。ジプシーの占い師によりレースが開催される2ヶ月は50億人にひとりの「幸運」がポコロコに訪れると聞き、レースに参加する。

シュガー・マウンテン
ミシガン湖畔で遺体を守る大木のスタンドにより番人をさせられている少女。過去に自分と両親がこの大木によって木の実にされ、何十年も待ち続ける羽目になった。年齢は推定66歳

ウルムド・アブドゥル
エジプトの流浪民で、優勝候補の一角だった。年に三度もラクダでサハラ砂漠を横断し、レースにもラクダで参加するが・・・

ノリスケ・ヒガシカタ
レース序盤は上位にランクインし第4ステージをトップ通過した騎手。ヘソが2つある。仙台藩出身で68歳。
理那という娘がおり、レース終了後に一瞬だけ登場している。

関連画像

STEEL BALL RUN
スティールボールラン



関連用語

ジョジョの奇妙な冒険 ジョジョ JOJO 7部 
スタンド スタンド使い ジョジョの奇妙な冒険・スタンド一覧
レース  アメリカ 聖人 大統領 鉄球 黄金比

他の部

ジョジョの奇妙な冒険
第6部「ストーンオーシャン第7部「スティール・ボール・ラン」第8部「ジョジョリオン


他の記事言語

SBR

pixivに投稿された作品 pixivで「SBR」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13431846

コメント