ピクシブ百科事典

桜井良の編集履歴

2012-06-16 01:25:15 バージョン

桜井良

さくらいりょう

桜井良とは、漫画・アニメ『黒子のバスケ』の登場人物。

桐皇学園高校1年 身長175cm 背番号9 ポジションはシューティングガード(SG)
CV:島崎信長

青峰のクラスメイトにしてチームメイト。
大人しくかなり自虐的な性格で、よくおどおどしては青峰にいびられ、半泣きになっている。
女の子が食べるような可愛い弁当を作ったり、試合にレモン漬けを持参したりするので、桐皇バスケ部ではマスコット的なポジションに位置している。
何かあるたび「スイマセン!」とすぐ謝るのが癖。自分が悪くなくても謝り、自虐的な台詞まで連発。その度に周囲にはやや引かれている。
シュート時にもなぜか謝るため、それが気に食わなかった日向には「謝りキノコ」と呼ばれてしまった。

素早い動きで放つ、ブロックされにくいクイックリリースが得意なため、桐皇にとっての先制攻撃で多く起用される。
実はシューターとしては非常に負けず嫌いで、対抗心が沸くほど強くなるという本性を持っている。
WCではその性分を見せ、日向の闘争心(?)を煽っていた。

関連タグ

黒子のバスケ 桐皇