ピクシブ百科事典

スイカ割りの編集履歴

2010-05-12 08:57:49 バージョン

スイカ割り

日本に古来より伝わる儀式。


概要

浜辺にて供物として置いたスイカを
目隠しした参列者が、棍棒、バット、木刀等の鈍器で割る儀式。
海の神にスイカを捧げることで海運と漁業、遊泳の安全を願う。

作法

この儀式は複数の参列者で執り行う。

一、まず参列者の間で順番を決め、その順番にスイカを割る打者となる。
二、打者は鈍器を軸に数回から数十回ほど回転して、方向感覚や場合によっては平衡感覚を失わせる。
  これによって打者はトランス状態になり、シャーマンとしての能力を開花させ
  より海神との対話を深めると考えられている。
三、打者は他の参列者の指示に従い十歩程の距離に置かれたスイカの所まで歩き、
  神の目を通してスイカの正確な位置を把握した後、手に持った鈍器でスイカを粉砕する
  鈍器を振り下ろすも、スイカを粉砕できなかった場合は、次の打者に順番が回り、
  二、三をスイカが割れるまで繰り返す。
四、粉砕に成功したスイカは海神への供物として捧げた後、皆で頂く。