ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

キャモオオオーーーーン! パスパスパース!

イイイーーーーーーーッ ハァアアアーーーーーッ


曖昧さ回避編集

セックスピストルズ

 名前の元ネタになったイギリスパンクロックバンド

SEXPISTOLS

 寿たらこによるBL漫画作品およびこれを原作としたOVA


ここでは『ジョジョの奇妙な冒険』に登場するスタンドのセックス・ピストルズを紹介する。


概要編集

【破壊力 - E /スピード - C /射程距離 - B* /持続力 - A /精密動作性 - A /成長性 - B】

※原作では「弾丸の届く距離」までとなっている。


第5部「黄金の風」に登場するグイード・ミスタの遠隔操作型・群体型のスタンド。

発射された弾丸に取り付き、その軌道をある程度操作する事が可能になる。ミスタ曰く「暗殺向き」。

彼らが操った弾丸はスタンドにもダメージを与える事ができる。

弾丸操作は足技によるものが主となるが、時には腕で弾丸を操作する。


それぞれが独立した意思を持っているので、本体が視認できない場所でも行動可能な上、精密動作性および持続力の評価はAと高く、高速で滑っているスケート靴の刃と地面の間に弾丸を挟み込んで派手に転倒させるといった芸当もこなせるほか、ミスタの頭にブチ込まれた3発もの銃弾を一人で受け止め、彼の命を救ってみせた事もある。

力は強くないが、6人揃っている時でなら拳銃程度の重さのものは運ぶ事ができる。

ミスタが動けなくなった際に他のメンバーのサポートに回る事もあり、作中ではジョルノブチャラティの勝利に貢献している。


弾丸の操作は種類を選ばないが、再装填のサポートもしてくれるため、リボルバーとの相性が非常に良い。(適当に落とした弾丸をピストルズがシリンダーに収めてくれる。作中ミスタはマガジン装填式の拳銃も使っているが、スペアマガジンを持っていなかったためマガジンに一発ずつ込め直さなければならず、ピストルズも四苦八苦していた)

また、非常時にはピストルズの蹴りで雷管を叩き、弾丸を発射することも可能。


メンバー編集

自我のあるスタンドの中でも群を抜いてはっきりとした自意思と自我を持っているのが特徴。自分の意見や考えを話す事も多く、本体のミスタが瀕死でも独立して行動できる。

ミスタが4を忌み嫌う事から、No.4を飛ばしたNo.1~No.7までの6体がおり、それぞれ顔が少しずつ違い、性格もそれぞれ個性的。

No.1冷静なリーダー格。円の先が少し尖った目をしている。一番であるが故にピストルズでは最初に発射される事が多く、発射された先で他のピストルズに指示を出す事もある。
No.2明るいお調子者。目の模様がメガネみたいになっている。順番の都合でよくNo1と行動するが、ピストルズの中でも真っ先に敵スタンドによる被害に遭う事が多い。
No.3暴れん坊ないじめっ子。そのせいか目付きも悪い。No.5をよくいじめているが、No.2が窮地に立たされた時には助けに行く等、仲間思いな一面もある。性格的な部分はミスタに近い。
No.5気弱で泣き虫ないじめられっ子。目の隈があり、何故か彼だけ鼻が付いている。前述のNo.3にサラミを取られたり、敵のスタンド使いに対して『怖い』と呟く等、情けない部分があるが、実はピストルズの中では最も活躍している。ピストルズの中で唯一すべての戦いにおいてダメージを免れている。本来No4という不吉な数になるはずだった彼が最もミスタの命を繋ぎ留めているという構図になっている。
No.6クールながらも熱血漢な二枚目キャラ。No.3同様に目付きが悪いが目の間にV字の模様がある。敵が迫っている事をブチャラティに伝え、バトルをサポートする活躍を見せている。
No.7しっかり者のサブリーダー的存在。事実、No.1がいない時にNo.5とNo.6に指示する場面がある。円形型の目付きで一番シンプルな見た目をしている。

自我が強いために食事や睡眠等を要求する上、それが叶わないとストライキを起こす。

食欲も非常に旺盛で、チームが街中で食事を取っている際、ミスタに断らず勝手に他人の食べ物を盗み食いすることもある。

さらに「匹」で数えられる(ペット扱いする)と怒るのでミスタは「人」と数えている。


群体型のスタンドとしては6人と数が少ない上、防御力は皆無。過半数が一度にやられてしまった場合、本体は甚大なダメージを被ってしまう。

新たに現れた敵に銃弾を撃ち込む⇒反撃でピストルズ数名がやられる⇒ミスタが全身から血を噴いて瀕死になる、という場面は何度もある。

ただし、一人か二人でも生き残っていれば本体が即死する事はなく、やられてしまったピストルズもミスタが回復すれば再生する模様。

逆にミスタ本体が重大なダメージを負ってしまってもピストルズ達には殆どダメージは反映されないのは強みと言える。

上記の通り本体が行動不能の瀕死状態でもピストルズが別の味方メンバーを支援する場面が多々ある。


『JOJO A GOGO』においては荒木先生のお気に入りスタンドの第2位。シンプルな能力ゆえに、バトルではどんな対戦能力とも相性がよいという。


また、外伝小説『恥知らずのパープルヘイズ』において「群体型のスタンド能力者は心に大きな空洞を持っている」という傾向が存在していることが明かされた。

一見、陽気な常識人に見えるミスタだが、仲間内でワイワイふざけ合ってるときと大差の無いノリで敵に引き金を引ける冷酷さを持つ事から、彼もこの傾向に当てはまると言えるかもしれない。

もっとも、恥知らずのパープルヘイズは正史では無く、公式設定と明言された訳ではないので注意。



担当声優編集


因みにテレビアニメ版の声は鳥海氏ご本人とは思えないくらい高めの声質だが、これはボイスチェンジャーで加工されているのではなく鳥海氏が各ピストルズの声を演じ分けている


銃関連スタンド編集

同じ拳銃使いのスタンドとして、第3部で登場したホル・ホースのスタンド「エンペラー」と比較されることが非常に多い(なお、エンペラーのタロット番号は4である)。

詳細はエンペラーの記事を参照。


関連項目編集

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風

グイード・ミスタ

スタンド ジョジョの奇妙な冒険・スタンド一覧 群体型スタンド 拳銃 弾丸

関連記事

親記事

ジョジョの奇妙な冒険・スタンド一覧 じょじょのきみょうなぼうけんすたんどいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2212594

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました