ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

キラークイーン

きらーくいーん

イギリスのロックバンド「QUEEN」が発表した楽曲。また、それを元ネタにした「ジョジョの奇妙な冒険」に登場する吉良吉影のスタンド。
目次 [非表示]

曖昧さ回避

  1. イギリスロックバンドQUEENが1974年に発表した楽曲。
  2. 荒木飛呂彦の漫画『ジョジョの奇妙な冒険』第4部「ダイヤモンドは砕けない」の登場人物、吉良吉影が持つスタンド(超能力が形を成したもの)。名称は1.に由来する。
  3. FLATの同人ゲーム及び派生作品。『シークレットゲーム』を参照。
  4. むこうぶち』に登場する女雀士・巫藍子(かんなぎあいこ)の異名。
  5. Ayaseが投稿した初音ミクオリジナル曲


QUEENのキラークイーン

Killer Queen

アルバム『シアー・ハート・アタック』に収録されている。


日本では2004年、ホンダの自動車『モビリオ』のCMソングに起用されていたり、空耳アワータモリ倶楽部)以前から『gunpowder gelatine→がんばれ田淵』の空耳が紹介されているので知られる。


ジョジョのキラークイーン







キラークイーンはすでに この概要にさわっているッ!!














4部「ダイヤモンドは砕けない」では

キラークイーンいい押しの日

【破壊力 - A / スピード - B / 射程距離 - D / 持続力 - B / 精密動作性 - B / 成長性 - A】


容姿

随所にドクロのデザインをあしらった、型の筋肉質な獣人のような姿。

右手人差し指の先端には起爆スイッチが付いている。

腹筋部はシャッターのように動かすことができ、猫草を入れられる程度の空間がある


能力

近距離パワー型のスタンド。パンチで人体を貫通させられる程のパワーを持つ。

エコーズACT3のラッシュを余裕のパフォーマンスで防ぎ裏拳のカウンターをお見舞いするなど、吉良もかなりパワーに自信を持っていたようだが、真の一線級と比べるとスピード・パワー共に一歩劣っており、作中で行われた純粋な殴り合いでは、スタープラチナクレイジー・ダイヤモンドにほぼ一方的に叩きのめされている(靴のムカデ屋で交戦時の承太郎はかなりの重傷を負っていたが、空気弾によって負傷する前の仗助と戦った時点ですでに劣勢だった)。


吉良自身も(他者の迷惑を省みない形で)平穏無事そのものの生活を送っていたため、実戦経験と自己研鑽の両方を怠った事実もあり、拳を交えた仗助には「ハングリー精神に欠け、動きがすっトロイ」「一対一の戦いに向いていない」と評されてしまっている。


しかし、このスタンドの真価はパワーではない。手で触れた物を「爆弾」にする能力である。


  • 第一の爆弾

”バイツァ・ダスト”【負けて死ね】

キラークイーンが触れたものを爆弾に変える。


爆弾は2種類×2種類の合計4種類の性質を使い分けができる。


まず「何が爆発するか」について、

  1. 「爆弾自体が爆発する」
  2. 「爆弾に変えた物体に触った者を内側から爆発させる」

の2種類の性質のどちらかを設定し持たせられる。

後者の場合、爆弾になった物体そのものは爆発後も無傷で残っている。


次に「どうしたら起爆するか」について、

  1. 「キラークイーン右手のスイッチを押すことによってのみ爆発する」(重ちーと交戦した際には左手でスイッチを押していた)
  2. 「他の物体に接触すると即座に爆発する」

の2種類の起爆方法を選択できる。

前者の場合は言い換えればキラークイーンが起爆スイッチを押さない限り、対象は何をしても爆発しないが、望まない対象を巻き込まないように爆破タイミングを意図的に調節ができる。

後者の場合は誰かが触ると勝手に爆発してしまうため、意図しないタイミングで爆発してしまうリスクがあるが、スイッチどころかキラークイーンを出していなくても、吉良本人が視認できない所でも爆発が可能。


これらをそれぞれ組み合わせ、爆弾化する時に性質を決定する。

ただし性質は対象を爆弾に変える時にしか決められず、一度爆弾に変えてしまったら後から性質の再設定は出来ない。また、一度何かを爆弾に変えると、その爆弾が爆発し終わるまでは新たに爆弾を作れない。更に、自由な距離で爆発させられるとしても、自分を巻き込む位置での爆発はできない。これは接触型の爆弾であっても同様。

平穏を目指して犠牲者を爆破し証拠を隠滅する用途で発現した能力であるためか、仗助が自分自身を直せないように吉良自身を爆弾に変える事も出来ない模様(猫草戦において自身の血管を爆破しているのは体内に侵入した空気の塊を爆弾に変えたもの)。

自身を爆弾本体は無傷な爆弾に変えられれば、敵に殴られた瞬間相手が即死して自身は無傷になるはずだが、そういった事は不可能なようである。


ほぼあり得ないシチュエーションではあるが、周囲に空気が存在しないと起爆できず不発に終わる弱点も存在する。そのため空気を操作するスタンドである猫草=ストレイ・キャットには爆弾攻撃を封じられ苦戦を強いられた。


爆弾にするものは幅広く選べるようで、最終決戦では猫草の能力によって触れるようになった圧縮空気弾(つまり空気)を爆弾にしていた。能力によって『爆弾』にされているので、空気弾を叩こうが潰そうが切り裂こうがしぼみはない。

とりあえず「接触が可能かつ実体のあるもの」ならば何でも良い扱いなのだろう。

能力と呼べるかは微妙であるがキラークイーンは腹部をシャッターのように開閉が可能であり、そこに猫草を収納して空気弾を射出する『武器』として利用している。軌道も自在に変えられるようである。


爆破の精密性もなかなか高く、「美那子と彼氏」のケースでは、彼氏の方はイヤリングと耳だけを残し、美那子は右手以外を消滅させるなど、爆破の規模や対象のどこを残してどこを消滅させるかも、吉良が自在に指定ができる。爆破の規模も調節可能であり、殺傷能力を十分に持つ爆破にもできれば、自分を巻き込まず無音で蒸発するように爆破もできる。

しかし基本的には被害者は跡形もなく消しており、欠片一つ残さない。この性質により、吉良は長年にわたり証拠を残さず殺人を続けていた。


一度に一発しか爆弾化できないという制約はあるが、汎用性が極めて高いのが第一の爆弾の強みであり、作中でも戦闘に証拠隠滅にと大活躍している。触れたものを爆弾に変えるのは、言い換えると「触れられたら負け」と呼べる能力であり、戦う相手はキラークイーンの掌に細心の注意を払わねばならない。


後述する第二・第三の爆弾は強力無比である代わりに制約も多く、使いどころが限定的になりがちなクセの強い能力であるため、最終決戦の戦闘でも主に使われたのは第一の爆弾だった。


康一との戦闘の際には、吉良はこのスタンドを「この指先はどんな『物質』だろうと『爆弾』に変えられる...そして、それに触れたものは『爆破』される」と説明している。

ちなみに、爆弾自体が爆発する爆弾と接触型の爆弾は、実のところ彼が川尻浩作になるまで1度も使用していない(辻彩を爆殺した時も、よくコマを見ると服のボタンからカチリという音がしている)。


しゃべらない君は実にカワイイよ

【破壊力 - A / スピード - C / 射程距離 - A / 持続力 - A / 精密動作性 - E / 成長性 - A】


- カシワクラツトムオールスターバトル) / 森川智之(TVアニメ)

キラークイーンの左手に装着されている、骸骨の顔がついた手榴弾に戦車のキャタピラがついたようなデザインのスタンド。 「熱」に反応して対象を自動的に追尾し、爆発攻撃する性質を持つ。遠隔自動操縦型。


名前の由来は上述の、「キラークイーン」が収録されているアルバム「Sheer Heart Attack(シアー•ハート•アタック)」のアルバム名。


Killer Queen Bites The Dust

【破壊力 - B / スピード - B / 射程距離 - A / 持続力 - A / 精密動作性 - D / 成長性 - A】


物語の終盤、追い詰められた吉良吉影にスタンドの矢が刺さって発現した新たなる能力。対象を爆弾に変え、自分を調べようとする人間を爆破させると同時に、自分の周りの時間を1時間ほど巻き戻す無敵の性質を持つ。


名前の元ネタはクイーンの楽曲「Another One Bite The Dust」。

oneは「誰か不特定の人物」、biteは「噛む」、the dustは「ちり、ほこり」などの意味で、直訳すると「また誰かが地面に這いつくばる(命を落とす)」。「負けて死ね」は意訳である。

詳しくは下記余談にて。


なお、劇中で吉良がバイツァ・ダストを発動させたシーンは一度も描かれていない。アイズオブヘヴンなどゲーム作品でこの技を使う際は、原作ラストバトルで行われたある演出がバイツァ・ダストの発動シーンとして使われている。


8部「ジョジョリオン」では

8部

8部に登場する吉良吉影も、同姓同名の別人ではあるがスタンド「キラークイーン」を有している。大まかなスタンドデザインは4部と変わらず、爆弾に関する能力も変わらず持っている。

ただし、こちらは「爆発性のあるシャボン玉を飛ばす」能力であり、人体やバイクのタイヤなどに仕込ませて内側から破裂させる。また手から「シアーハートアタック」を複数飛ばす芸当ができる。こちらは4部のものと比べると精密性に優れており、ミクロサイズにまで小さくして血栓を破壊して、幼少時の仗世文を救っている。


キラークイーン(ジョジョリオン)


その他

2006年ユニクロとのコラボ企画で「キラーダンシングクイーン」「キラータイガークイーン」などの別デザインが公開された。

センシティブな作品


余談

能力の由来は、元ネタの楽曲のサビ「She's a Killer Queen Gunpowder, gelatine Dynamite with a laser beam(彼女はキラークイーン、ゼラチンか火薬か、それともレーザービーム付きのダイナマイトか)」だと思われる。

この後に「Guaranteed to blow your mind Anytime(お前の思考を木っ端みじんにできる、いつでも)」と続く。

原曲ではこのように男の心(性欲)を知り尽くしており理性を吹っ飛ばして金づるにするのが上手い悪女を歌っているのだが、これを微妙にずらして女性の身体を(物理的に)吹っ飛ばして性的な玩具に変えてしまう男性の殺人鬼のスタンド名にする辺り、流石の荒木流アレンジ術といえよう。


シアーハートアタックとバイツァ・ダストの由来である「Sheer Heart Attack」は【心臓を一突き】、「Another One Bites the Dust」は先述の通り【また誰かが命を落とす】との意味で、こちらも見敵必殺のシアーハートアタック、誰にも知られず邪魔者を葬り去るバイツァ・ダストの能力を見事に体現した良いネーミングである。

ちなみに「Bite The Dust」は「決定的な破滅」「手の施しようのない崩壊」、また日本語でも「地を舐める」と訳するように「勝負に負けて地面に這いつくばる」事態を表す英語圏の慣用句。クイーンの造語ではない。


仗助のスタンドクレイジー・ダイヤモンドとは「壊れた物体を直す能力」を持つことから、作中でもある意味「壊す能力」を持つキラークイーンとは正反対の性質を持つとして度々対比されており、仲間と共に身を挺してでも人々を守る仗助と、自分の平穏を保つためなら他人も平気で傷つける吉良の各々の性格を象徴している。


関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない スタンド ジョジョの奇妙な冒険・スタンド一覧

吉良吉影(4部)(8部)


ボクのリズムを聴いてくれスティール・ボール・ランで登場したスタンドで、キラークイーンと同じ触れた物体を爆弾に作り変える能力を持つ。















  平穏な暮らしを求める「殺人鬼」は自身の正体を知るものを消し、「時間」を巻き戻し、「運命」を繰り返す

関連記事

親記事

ジョジョの奇妙な冒険・スタンド一覧 じょじょのきみょうなぼうけんすたんどいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11940966

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました