ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ソフト&ウェット

そふとあんどうぇっと

ソフト&ウェットとは「ジョジョの奇妙な冒険」第8部に登場するスタンドである。
目次 [非表示]

「『柔らかくてそして濡れている』…… オレの「しゃぼん玉」が触れて割れる時 『そこ』から『何か』を奪う

 今… ここの壁から「音」を奪った

 この壁に何をしても どこにも誰にも聞こえない」

概要

【破壊力 - C / スピード - B / 射程距離 - D / 持続力 - B / 精密動作性 - C / 成長性 - A】


第8部「ジョジョリオン」の主人公・東方定助スタンドである。

体の中央に碇のマークが描かれた人型のスタンド。近距離パワー型とみられる。

星模様の描かれたしゃぼん玉を生み出し、触れた何かを出し入れできる。


当初はしゃぼん玉は一回につき一つずつしか出せず、痣のある肩を塞がれるとしゃぼん玉を出せないといった制約があったが、「アワの使い方」を思い出してからは指先などから複数個飛ばすことができるようになった模様。

しゃぼん玉自体にある程度の強度があり、複数個集まれば人一人持ち上げることもできる。

初期の頃は「摩擦」や「音」、「光」さえも取り込むことができたが、近年ではそういった使い方はされず単純に物理的な何かを出し入れする能力に留まっている。


攻撃面では、パンチ攻撃と同時にしゃぼん玉を対象の皮膚の下に潜り込ませて破裂させ、その衝撃で追加攻撃をすることができる他、ビスやナットといった小さな金属物を封じたしゃぼん玉を対象近くで炸裂・飛散させて攻撃するという簡易的な破片手榴弾のような使い方を見せたこともある。

また本体である定助の半身スタンド能力も一部継承しているようで、田最環戦辺りから明確にしゃぼん玉に爆発能力があるような描写がなされるようになった。


第4部東方仗助と同様に、自分の体に能力を発揮することはできないが、しゃぼん玉で傷を塞ぐといった応急処置ぐらいならば可能。


鉄筋コンクリートの壁を蹴破るレベルのパワーを持っているが、それでも歴代ジョジョの中ではそこまで筋力は高くない方である。ラッシュを打撃にはあまり用いておらず、また岩人間を殴ったりすると拳の方が傷んでしまう。

ラッシュ時は、空条承太郎空条徐倫と同じく「オラオラ」の掛け声を連呼する。

初ラッシュ時はオラの中にアラが混ざっていたが理由は不明。本体がすきっ歯であるため滑舌が悪く、噛んでしまったのかもしれない。


元ネタ

名称の元ネタは荒木飛呂彦氏お気に入りのミュージシャン、プリンスの同名曲から。ちなみに歌詞の内容は要約すると「僕のサトウキビを女の子の柔らかくて濡れている部分に突っ込んだら、砂糖(ではなく)を噴いた」というなかなかキワドイもの。


関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 ジョジョリオン 東方定助 スタンド

ジョジョの奇妙な冒険・スタンド一覧

シーザー・A・ツェペリ:しゃぼん玉を応用した能力を戦闘で扱う大先輩。






ネタバレ

ここからはジョジョリオン終盤の重大なネタバレを含みます!!!
































定助…


…いいか…


一度しか…


言えない










『誰もそれには気付いていない』……


『誰にもそれはスタンドでも見えていない』



「線」だ


「線」が…回転している





























おまえのしゃぼん玉は柔らかい「線」が回転している!



そして物語の終盤、豆銑礼の分析により定助はとある真実に辿り着く。


それは、しゃぼん玉の正体は「超高速回転で球状になったヒモ」であること。

関連項目にてシャボン玉で戦う先達としてシーザーを挙げたが、その本質は彼が生きた時代の最重要人物と同じものであった事がここで明らかとなる。


最終決戦ではそれによって、触れた物体を削り取るしゃぼん玉を披露した。

しかしその真実がもたらす福音はこれだけには留まらず…

























そこにあるのは「回転」!それだけで…


その中に見えない「ヤツ」が……ある

関連記事

親記事

ジョジョの奇妙な冒険・スタンド一覧 じょじょのきみょうなぼうけんすたんどいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 338887

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました