ピクシブ百科事典

目次[非表示]

裁くのは俺のスタンドだ!!

概要

【破壊力 - A / スピード - A / 射程距離 - C / 持続力 - A / 精密動作性 - A / 成長性 - A→E(完成)】

第3部「スターダストクルセイダース」の主人公、空条承太郎スタンド
タロットカードの17番目「」の暗示を持つスタンドで、古代ローマの拳闘士にも例えられる屈強な戦士を模した像(ヴィジョン)が特徴。

テレビアニメ版でスタンドを出す際は、宇宙や星空を思わせるオーラから徐々に登場する。

能力

スタンドの基礎能力である「物体に干渉する力」「スピード」「精密動作性」がずば抜けて高い。

鉄格子をひん曲げ、アクセル全開の自動車(型スタンド)を押し返すばかりか投げ飛ばし、殴り飛ばした敵ごと後方の壁や物体をぶち壊すなど、清々しいまでの剛腕ぶり。
精密動作もお手の物で、動体視力はハイスピードカメラ並。こめかみから数センチの距離で撃たれた拳銃の弾をつまみ取り、暗闇で撮られた写真の背景から蠅を見つけ、超高速で放たれる敵スタンドの攻撃を捉えて迎撃、超動体視力で捉えた敵スタンドを精密にスケッチに起こすなど、パワー面と合わせて「シンプル・イズ・ベスト」を突き詰めた応用性の高さが最大の特長といえる。
また、これだけの強さを持っているにも関わらず、成長性もAというとんでもないポテンシャルを秘めている。

近距離での格闘戦には滅法強い一方で、その射程距離は2mと非常に短く、スタープラチナ自身は基本的に承太郎の隣でしか行動できない。
また、剣を自在に操ったり霊視ができたり体を細長く引き伸ばしたり炎を自在に操ったり砂を自在に操ったりする仲間のスタンドと違って、「特殊能力」と呼べるような力を持っていない。そのため、承太郎は飛び道具を警戒して防御策を講じたり、スタープラチナに石などを投擲させることで遠くの目標を攻撃したりと工夫している。

忘れている人も多いが、自意識を持っているスタンドでもある。3部初期では設定が固まっていなかった影響もあるが(「スタンド能力に目覚めたばかりで制御ができず、半ば暴走状態であったため」と解釈されることもある)、後に定められた2mの射程距離を遥かに超える遠距離から物を運んできたり、承太郎が「悪霊」と呼んだのも納得の邪悪な笑顔で登場したり、自分の意思で言葉を話すシーンも見受けられた(アニメ版では承太郎のセリフということになっている)。
そのうち、承太郎がスタンドを完璧にコントロールできるようになってからは、表情も変えず「オラオラ」ぐらいしかしゃべらなくなったが、ダービー兄との戦いではいつの間にかジュースを持ってくるなど射程を超えて動いている。

しかし、そんなスタープラチナも敗北と無縁というわけでは決してない。
本体である承太郎は、短命であることを運命づけられたジョースター家の血を引く者。仲間や肉親の危機とあらば、危険を度外視して、身を挺して救わんとする正義漢だからだ。


作者によると、『JOJO A-GO!GO!』では「パワーとスピードは少年漫画の主人公の王道」、『JOJOVELLER』では「守護神のイメージ」「渦巻の模様は無限や波紋の表現」とのこと。

もしかしてオラオラですかーッ!?

スタープラチナと言えばやはりオラオラである。
「オラオラオラオラ……オラァ!!」の掛け声と共に、無数の拳の連打を相手に浴びせるのである。
作中でこれを食らった敵はほとんど再起不能に陥っており、必殺技としての説得力は抜群。

他にも、パワーを集中させた指を伸ばし、相手を切ったり、ボタンを弾丸のように飛ばしたりする流星指刺(スターフィンガー)という技もあり、スタープラチナが決して力任せなだけではないことを物語っている。原作では序盤のダークブルームーン戦とストレングス戦、番外小説のサタニック・カプラー戦で計3回使用されたのみだったが、TVアニメ版ではポルナレフに憑依したアヌビス神との戦いでも使用している。

スタープラチナ・ザ・ワールド

「おれが時を止めた…… 9秒の時点でな」

第3部終盤、DIOとの決戦の最中に覚醒させた「時を止める能力」
花京院がザ・ワールドの時間停止能力を見抜き、ジョセフを経て承太郎に伝わったことで、同じタイプのスタンドであるスタープラチナも止まった時の中に「入門」できるようになった。
最初はあくまで入門しただけだったため止まった時の中を動くだけで精一杯であり、それも2秒ほどが限界だったが、ロードローラーの下敷きになりそうなタイミングでこの能力に覚醒。DIOを逆に時止めで動けなくさせ、立場を逆転させることに成功した。
なお、第3部時点ではまだ殆ど使っていない。この能力を本格的に使い始めたのは第4部からである。

ちなみに、時間停止時の効果音は「ドーン」。

シリーズによって止めることができる時間は変化する。また、一度、時を止めた後はしばらく(数十秒~数分程度)経たないと再度時を止めることはできないようである。停止時間は以下の表の通り。

覚醒時5秒
第4部仗助戦0.5秒
第4部音石戦以降2秒
第6部ジョンガリA戦2秒
第6部プッチ神父戦5秒

時を止める原理として、ザ・ワールドは「自分こそが世界を支配する」という一念に由来する概念的能力、言わばスタンドに備わった特殊能力であるのに対し、こちらは「スタープラチナのスピードが光速に達する」ことで時を止める、つまり特殊相対性理論を用いたものである。それを考慮するとやはり特殊能力ではなく物理的な能力なのかもしれない……?
ちなみにスタープラチナの他にも、スピードが極度に速くなったために「時の止まった世界」に「入門」したかのような描写をされているスタンドがいる(メイド・イン・ヘブン)。

スタープラチナ・オーバーヘブン

ゲーム『アイズオブヘブン』では、ラスボスとの戦闘が切っ掛けでより強大な能力を身につけることになる。
それがこの「オーバーヘブン」。スタンドか承太郎が拳で殴ったものに承太郎の望む真実を上書きする、すなわち現実改変能力である。
なお、このゲームの話の時系列は第3部の頃であり、この能力を会得したのも第3部の承太郎である。
このゲームの世界における第4部以降の承太郎が使えるかどうかは描写が全くないため不明。

余談

  • 中川翔子に「最高のスタンドであるスタープラチナに勝つことができるスタンドはありますか?」と質問された作者・荒木飛呂彦は「存在しない。強いて言うなら、承太郎の子孫が使うスタンドだけでしょう」と答えている。
  • ゲーム「ポケットモンスター プラチナ」の区切る場所をいじると…
ポケットモンスタープラチナ


ポケットモン・スタープラチナ

  • Pixivで「スタープラチナ」で検索すると、アイドルマスタープラチナスターズ]]に引っかかることがある。よって、検索する時は完全一致、もしくは「ジョジョ」「スタンド」「承太郎」などの語句を加えて絞り込み検索を行うことが望ましい。

関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 空条承太郎
スタンド ジョジョの奇妙な冒険・スタンド一覧
ザ・ワールド オラオラ
特殊相対性理論(外部リンク)

関連記事

親記事

スタンド すたんど

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「スタープラチナ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「スタープラチナ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9236133

コメント