ピクシブ百科事典

ハイエロファントグリーン

はいえろふぁんとぐりーん

「法皇の緑(ハイエロファントグリーン)」とは『ジョジョの奇妙な冒険』第3部に登場するスタンドである。
目次[非表示]

わたしの「法皇の緑」は・・・
ひきちぎると、くるい もだえるのだ、喜びでな!

概要

【破壊力:C / スピード:B / 射程距離:A / 持続力:B / 精密動作性:C / 成長性:D】

第3部「スターダストクルセイダース」に登場する花京院典明スタンド
ボディを帯状に変化ことが出来る人型の遠距離操作型である。人型といってもスタープラチナのような近距離パワー型とは違い、パワーは劣るものの射程距離は最大100m以上とかなり長い。
空条承太郎曰く「緑色でスジがあって、まるで光ったメロン」とのこと。

エメラルドスプラッシュ

体液を固めて超高速で飛ばす必殺技。初めて使った時は(不意討ちかつ承太郎がスタンドにまだ慣れていなかったこともあり)スタープラチナごと承太郎を吹き飛ばす威力を見せたが、DIOには一点集中で放ったにもかかわらず全て指で弾き飛ばされてしまった。
もっとも、威力に尖っていない点は、第四部のラットのように物体を貫通せずに反射させ、相手を誘導・翻弄できる長所になることもあり、序盤ではスタンドが小さいことをいいことに旅客機内で好き勝手を働いたスタンド使いを油断させ、勝利に導いてみせている。その他、敢えて味方に撃ち、敵の凶器から遠ざけて救出する緊急手段にも用いられた。
(ただし、他のスタンドやDIOが桁違いなだけで自動車のドアや天井を軽々とふっ飛ばしている事から現実の拳銃やショットガンと言った携行火器と比べれば威力は相当高い。)

他にも、スタンドを糸状にし周囲に張り巡らせることで結界を張り、それをセンサーとして相手が認識していない場所からの不意討ちもできる。結界は網目状に広く法皇を張り巡らせるため、その状態で一部分を切断されても元に戻した時はなんてことはなく、結果的に花京院本体へのダメージはほとんど無い。
総合的にはわかりやすく派手な強さはないものの、まさに頭脳派である花京院を表したトリッキーなスタンドである。

余談

名前の由来はタロットカードの絵柄の1つ「教皇のカード (別名:法皇/ハイエロファント)」と「緑」を繋げたもの。
「ハイエロファントグリーン」が正式名称だが、時折「ハイエロファントエメラルド」と呼ばれる事もある。これは誤解でも誤字でもない立派な原作ネタ。
花京院が一番最初に登場したシーンで、『法皇の緑』のルビが「ハイエロファントエメラルド」となっていた事から来ている。語呂が悪かったのか、DIOによる支配を抜けたあたりから「ハイエロファントグリーン」のルビになった。文庫版やアニメなどでは最初から「ハイエロファントグリーン」で統一されている。
ファンの間では、DIOに操られている状態のみをハイエロファントエメラルドを呼ぶなど、原作を知っている人だけに通じるネタの1つとなっている。

関連画像

エメラルドスプラッシュ!
法皇の結界


貴方を守りたかった
躊躇はしない



関連項目

ジョジョの奇妙な冒険 スタンド ジョジョの奇妙な冒険・スタンド一覧
スターダストクルセイダース 花京院典明 メロン

関連記事

親記事

スタンド すたんど

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ハイエロファントグリーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1754096

コメント