ピクシブ百科事典

ナツキ・スバル

なつきすばる

菜月昴(ナツキ・スバル)は、鼠色猫原作の「小説家になろう」で連載の長編小説『Re:ゼロから始める異世界生活』の主人公である。
目次[非表示]

CV:小林裕介

「俺が必ず――お前を救ってみせる!」

プロフィール

年齢17歳
身長173cm(web版)172cm(書籍版)
体重70Kg(web版)66Kg(書籍版)
趣味生活の役に立たない技能の取得
特技裁縫、刺繍、弾き語り、似顔絵、ベッドメイク、粘土細工、習字、日曜大工、手品、折り紙、あやとり、オセロ、パズル、IQテスト、etc
誕生日4月1日

人物

深夜、コンビニで夜食を買って帰る途中に、突如として異世界に召喚された。
訳の分からない状況に翻弄されるも、物怖じしない性質と持ち前の図々しさで、逆境に弱音を吐きつつも過酷な運命に立ち向かう。

能力は自身が死亡した際に運命を変えることができるセーブポイントまで巻き戻る「死に戻り」の力。なお、この能力は他人に話すことができず、伝えようとすると心臓を潰されるような激痛を味わう。

中学生の頃は剣道部に入っていたため、そこそこ体は鍛えており、握力は70㎏を超えるが、それでも異世界の中で生きる上ではかなり力不足。っというより開始時点では異世界の基準で見れば雑魚同然であった。
召喚される前は、高校生3年生ではあったが、とある事情により引きこもりをしていた。

性格

無知無能にして無力無謀で図々しい……有り体に言えば、バカ空気読めない気が短い身の程は弁えない度量狭い諦めが悪いふざけた態度で人の神経を逆撫でする機嫌が悪いとすぐに八つ当たりする進退窮まる状況に立たされると泣いて許しを請う事も辞さない等、他者を怒らせたり、呆れさせる様な要素ばかりを詰め込んだ物語の主人公としてはかなり難ありな性格であり、さらに身も蓋もなく言えば社会不適合者にしてウザキャラである(作者自身も認めている)。

そんな性格故に、初対面の人間に対しても容赦なく突っかかって行ったり、親しい人間に対して軽いノリのつもりで余計な一言を言う等して、対立したり流血沙汰(専ら流血するのはスバル)に発展するなどのトラブルの種になることも珍しくなく、引きこもりになったきっかけのひとつには、上述の性格により周囲の人間から反感を買い、疎外された事も一因である。

だが、根は情に厚く、大事な人を守るためなら茨の道を自ら選んででも突き進もうとする芯のある一面や義理堅い一面もあり、一度そうした良い部分を含め人となりを認めた者達からの信頼は厚い。

ループの中で自身や仲間の死を繰り返し味わい、死に戻りによる過度のストレスや孤独もあって、精神的に様々な歪みが生じていくが、周囲の支えも得て、戦力的、そして人間的にも成長していく。

重度のマヨラーにしてモフリスト。そしてなによりエミリアたんLOVE。

人間関係

異世界に召喚されたばかりの孤独の中で自身を助けてくれたエミリアに対して恋心を持ち、彼女を助けることを最優先の目的とする。一方で愛情を向けてくれるレムのことを大切に思い、心の支えにしている。(自分の性格が原因で)人に愛されたり、慕われたりする事が殆どなかった事から人を好きになりやすい性分であり、仲間が増えるに従い、守りたい対象は広がっている。

成長するにつれて人望を集めていくが、なぜか幼女人外に好かれやすい。作者解答の好感度トップ10(※Web版4章時点・順不同)は、エミリアレムペトラガーフィールオットーラインハルトヴィルヘルムユリウスクルシュパトラッシュ、(+ベアトリス)となっている。全方向タラシである。

余談

毎年エイプリルフールに原作者によってセルフ二次創作ともいうべきIFルートが投稿されているが、色々な意味で元来強い存在ではないため、IFルートでは精神的に歪みまくって闇落ちする展開が多い。








ネタバレ(4章までのネタバレが含まれます)

4章のガーフィール戦で何故かペテルギウスの持っていた権能、見えざる手が使えるようになる。後にこの見えざる手はスバルによって『不可視なる神の意志』インビジブル・プロヴィデンスと名付けられる。同じく4章にてベアトリスと契約し精霊術師となる。

関連項目

Re:ゼロから始める異世界生活

内巻すばる……中の人ネタ名前繋がり

前原圭一…彼と同様、ループ世界の救世主。新しい風。

関連記事

親記事

Re:ゼロから始める異世界生活 りぜろからはじめるいせかいせいかつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ナツキ・スバル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18353112

コメント