2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

七つの大罪の一つで、他の6つが欲に対してこちらは放棄を表す大罪である。
その為か具体的に形容詞することが一番難しい。

怠惰・なまけというと理解に難しいが、これを無関心・無感動と変換すると、少し掴める処がある。
何事にも興味を持たず、また何に対しても心を開かず動かさない。それは一種の「拒絶」であり、自己を研鑽せず、また他者との繋がりも疎み、凝り固まった価値観の中で引きこもって朽ちていく死に様といえる。

そんな生き方が不健全であるとするのは、昔も今も通じる価値観だろう。
引きこもりが問題とされるのは、材や労を生み出さず蓄えだけをすり減らし、またそうした様子が自身に身近な人々の評価を凋落させていく一面を持つからである。
一見、無害のように見えるが、面倒事や課題を他人に押し付けて楽をしようとする様からいじめにおいてはパシリがこれに該当すると思われる。

このが「勤勉」のみならず、希望」と「勇気もあることは示唆的といえる。
自身の身に潜む「何にも関わらずただ静かに生きていたい」という凍った心を奮い立たせ、怖れずに自分の外の世界と向き合うことを、我々は日々試されているのかもしれない。

該当する悪魔ベルフェゴール、象徴する幻獣フェニックス動物驢馬ナマケモノカタツムリ
幻獣ではフェニックスは一生の終わりに一度、炎の中で転生を繰り返す為とされる。
動物ではロバとカタツムリは動作が鈍い事、牛は寝転がる事が多い事、ナマケモノは一日中ほとんど動かない事、熊は一年の半分を寝て過ごす(冬眠)為とされる。ただし生態においての特性であり、人間の基準で怠けていると勝手に決めつけるのはまさに風評被害である。というかこれを言い出すと変温動物の殆どが該当する。

現実逃避が入るのかどうかはユーザー次第で寧ろ偏った考えなどから性質的には傲慢の方が近い。

一方で、怠惰はプログラマ美徳ともされる。これは、怠けるために作業を出来るだけコンピュータに自動化させるプログラマは有能である、と考えるため。怠惰を美徳とする考え方は仏教道教などの東洋思想の考え方とも親和性がよく、漫画などの創作物でも「楽するために努力をする」「楽するために効率重視のアイデアが思いつく」「やたらと要領自体はいい」といった展開はしばしば見られる。

関連キャラクター

「怠慢」「不真面目」要素を持つキャラクターはごまんといる為(というかこれらを加味すると素行不良の代名詞とされるヤンキーの殆どが該当することになる)。乱立防止のため『怠惰そのもの』をモチーフまたは象徴としたキャラクターのみを記載する。

基本的に「のん気でマイペース昼行燈」というキャラ付けをされる事が殆ど(その癖、思い通りにならないとやたらとあわてる)で、他の大罪よりもこの例に外れたキャラクターは出にくい傾向にある。
その性質から、総じて可能な限り働く事を嫌がってサボろうとし、努力する事や何かと向き合う事を徹底的に拒否している者ばかりとなっている。だが、気力にムラがある場合が多いのか人によっては興味のあることに対しては急に慌て始めることもしばしば見られる。

能力としては「全く働かないが動きさえすれば最強クラスの実力者」か、「自身の怠惰に相手を引きずり込む堕落型」のどちらかに分類される事が殆ど。


関連タグ

七つの大罪 ベルフェゴール 怠ける なまける ニート 面倒くさい

眠らせ姫からの贈り物
Märchen 生と死を別つ境界の古井戸

街ingメーカー4クソゲーの業界における怠惰の象徴。詳細はクソゲーオブザイヤーへ。

関連記事

親記事

七つの大罪 ななつのたいざい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「怠惰」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「怠惰」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 664136

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました