2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

おれの海兵としてのモットーは 『ダラけきった正義』だ

お前にゃまだ このステージは早すぎるよ

あらら⋯ ちょっとごめんな兄ちゃん そこ どいてくれるか
友達なんだよ

海軍に所属しなくても実行できる事はある 所属しねェから見えて来るもんもある⋯⋯

概要

かつて海軍本部に所属していた元軍人
物語の前半・超新星編では海軍の最高戦力と称される「三大将」の一角を担い、青雉(あおキジ)”の二つ名で知られていた(ただし「青キジ」と表記されることが多い)。  

本編では一番初めに登場した海軍大将であり、主人公モンキー・D・ルフィたち麦わらの一味とは“偉大なる航路ロングリングロングランドで出会い、その圧倒的な存在感で多くの読者に強いインパクトを与えた。

海軍本部と白ひげ連合軍によるマリンフォード頂上戦争が終結した後は、引退を決意した元帥・センゴクから新元帥に推薦されるが、世界政府上層部は“赤犬”ことサカズキを推薦。
対立を深めた両者は当時無人の荒野と化していたパンクハザードにて一騎討ちをする事になり、互角の死闘が決着を見るまでには10日を要したという(勝者はサカズキ)。
サカズキは流石に情けをかけたとの事だが、現在は海軍を退役し、相棒である超ペンギンのキャメルと共に各地を転々としている。 
なおこの辺りの出来事は現状魚人島編の最終版でジンベエが言及したのみにとどまっており、彼によれば「普段やる気を見せない"青キジ"だがサカズキが元帥になることだけは強く反発した」とのこと。
 
またFILM Zで再登場した際は右半身と右手に大火傷を負い、左足の膝から下が失ってしまっていたことが判明。
そのため能力で氷を生み出して義足にしている。
ルフィには「ちょっと"ヤンチャ"し過ぎちまった」としつつも「世の中には聞かねェ方がいい事もあると覚えておきな」「やれやれ…ホントにデリカシーの無い小僧だよ ノーコメントだ」と返していた。
これらの傷がサカズキに付けられたと明言されてはいないが、サカズキも凍傷によるものらしき大きな傷痕を負っている。

プロフィール

本名クザン
通称青雉(あおキジ)
年齢47歳→49歳
身長298cm
肩書き海軍本部大将
所属海軍本部 → ???(※ネタバレ注意)
悪魔の実ヒエヒエの実自然系
覇気武装色見聞色
出身地南の海
誕生日9月21日(モデル・松田優作の誕生日)
星座おとめ座
血液型F型(現実におけるB型)
好物シェリー酒、酪農牛乳、コーヒー(クザンオリジナルブレンド)
口癖あらら
掲げる正義燃え上がる正義ダラけきった正義
初登場単行本34巻 第318話『閉会』
WT10036位(38127票)
CV子安武人


人物

階級の高いものは年長者が多い海軍にあって20代にして中将の地位にあり、若手ではずば抜けていた。

以前は『燃え上がる正義』を掲げ、現在とは違って割とハキハキした態度で職務を実行していたが、22年前のオハラ壊滅事件により、「海軍での、自分の正義とは何か」と苦悩するようになり、その悩みを経て確固たる信念をもって『ダラけきった正義』をモットーにするようになった。

そのため今では掴み所が無い性格となっている。
普段の性格も結構ダラけており、気の進まないことには頭の回転も働かない様で、質問に対して熟考したと思いきや途中で放棄し、逆に聞き返したりすることがある。
また、恩人であるガープ同様に口が軽く、大事な機密を漏らしてしまうことも。
その口の軽さはG-5の海兵に呆れられるほどに軽い。
だらけっぷりは海賊の真ん前や店の前で居眠りや昼寝しようとするほどであり、ウソップからも「ふてぶてしさはある意味大将」と言われてしまっているが、眠り自体は浅い。
しかし、基本的には冷静沈着であり、海賊や悪党といった一般人を脅かす存在には決して容赦しない。

その一方、

  • 粛清対象である幼少期のロビン攻撃されているオハラから逃がす
  • ルフィを氷漬けにしながらも、クロコダイル討伐の礼と、一騎打ちへの礼儀と約束を守り、誰も捕まえずに放置する
  • 親友の遺志を20年以上守り続けた

など、海軍でなく一人の人間として相手に接する一面も持っている。
これらは一貫して青雉が持つ『ダラけきった正義』の信念に基づいており、海軍の正義を絶対視せず、様々な人の持つ正義を決して否定しない姿勢なのである。

世界レベルの組織の上流階級に与する身でありながら、そのことをあまり鼻にかけず、一民間人の悩みにも聞き入れて協力するなど、飾り気のない優しさもみられる。

20年以上の長い付き合いである上司、中将ガープを尊敬しており、彼の行動理念に強く影響を受けている。
良くも悪くも「海軍」という一つの組織では型破りといえるが、そういった点が彼の魅力であろう。

ルフィに対しては「まだ未熟」と評しているが、その得体の知れない可能性を内心では脅威に感じているようだ。

また先見性が高く初登場時に麦わらの一味に対し「細かく素性を辿れば骨のある一味」との発言も、元々の調査目的のニコ・ロビン以外でも、ルフィの、サンジの血縁関係等多くの事を見抜いていたとも取れる。また骨のある一味も偶然ではあるがの加入により物理的に実現してしまった。

戦闘能力

——やっぱお前ら… 今 死んどくか

元海軍大将 クザン
Kuzan-aquarelle


悪魔の実ヒエヒエの実自然系
能力体を氷に変化させ、周囲の物体を一瞬で凍らせる冷気を操る

全身から凄まじい冷気を放ち、自らの体を氷に変化させる事ができる「氷結人間」

自分の体は勿論、他者や周辺の有形物も一瞬で凍らせることができ、その気になれば凍らせた相手を砕く形で討ち取る事もできるので殺傷力も高い。
ただし、エドワード・ニューゲートドンキホーテ・ドフラミンゴといった四皇本人やその幹部レベルの相手だと流石に拘束する効果は薄い模様(四皇配下ではないドフラミンゴは幹部級程度に相当するというべきだが)。
彼らくらいになると、全身氷漬けにしても平然としているどころか何らかの方法で芯まで凍ることを防ぐか内部から割ることができる能力を流し込むことによってすぐに氷を砕いて脱出することができてしまうのである。
 
しかし真に恐ろしいのは海水もたやすく凍らせるため、悪魔の実のペナルティが無いに等しい事。
海面を凍らせてその上を進むこともでき、船に頼らず海上を移動可能

そしてクザンの力量次第では、能力の範囲は広範囲にわたり、その場所を極寒の地に変えたり、高火力の技を繰り出したり、白ひげの海震によって引き起こされた島が丸ごと沈んでしまう程の大津波を一瞬で防ぐことも可能
劇場版『ONEPIECE FILM Z』では、巨大噴火によって起きた島を呑み込む火砕流を一瞬で凍結させて防いだ程だが、のちにその島は消滅してしまった。

頂上戦争後に元帥の座をかけたサカズキと決闘を行っている。
その激闘は10日間の激闘の末、パンクハザード島の天候を大きく変え、その島半分が極寒の地と化してしまう程であり、その島を真っ二つにする裂け目と中央に爆心地のような穴(現在は塩水湖)が形成されている。
湖にサメが生息しているのもそのためで、反対側の半分は赤犬の能力によって灼熱の地になっている。

戦法は直接相手を凍らせる他にも、「氷で武器を作りだしての白兵戦」「飛び道具としての遠距離攻撃」「海面などを凍らせて足場にする」「巨大な津波を瞬時に凍結して無力化する」と幅広い。

氷の特性ゆえに自然系(ロギア)でありながら攻撃の受け流しはできないが、砕けた身体の破片を結合することで再生が可能。
そのため武装色の覇気による攻撃以外、物理的なダメージは一切通らない。
それどころか、直接攻撃してきた相手に逆に冷気を送り込み、そのまま凍結させて仕留めてしまうこともできる。

基礎戦闘力

大将なだけあって、基礎戦闘力も相当なものであり、非常に高い攻撃力を持つマルコやジョズに不意打ちによる攻撃を見聞色で理解していたようである。
ジョズの不意打ちの突進を食らっても、ダウンする事なく戦闘を続行し彼を退けそのまま頂上戦争を戦い抜いている。

これでも詳細な戦闘描写はあまりないため本当の実力は不明。
少なくともサカズキとの決闘ではマグマと氷という、相性最悪(サカズキからすると最良)の能力であるが、それでも10日間にも及ぶ程の戦いになっていることから、大将に昇進していただけのことはあり相当な実力の持ち主であることが窺える。

六式

今までの戦闘では「剃」を使用している描写があり、頂上戦争編では大津波を止める際に圧倒的な速度で移動して飛び上がっている。
アニメオリジナルにおいても使用しているシーンがある。

元大将であるため六式を修得している可能性もあるが、戦闘描写があまりにも少ないこともあり、現時点では「剃」以外は確認できていない。

覇気

覇気による攻撃についても何らかの対策を講じており、白ひげに覇気を纏った薙刀で串刺しにされても死なないどころか、自身と薙刀を凍らせて連結して動きを封じて反撃に転じる等、超一流の覇気使いでも簡単には青キジへ攻撃を決めることはできない様子。

覇気を無効化した策についてはシャーロット・カタクリがルフィに対して超高度の見聞色(未来視)により全く同じ芸当を用いており、青キジも同様に極めて高度な「見聞色の覇気」によるものと思われるが作中では未だ明言されておらず不明(だが、エピソード・オブ・アラバスタにてクロコダイルが血に濡れたルフィの拳を避けたように覇気をまとった薙刀の先端を避けているのかもしれないが)。
他にも、サカズキ・ボルサリーノと一緒に武装色の上位技術らしきもので白ひげの攻撃によって起きた巨大な「衝撃波」を弾き返している。

  • 氷河時代(アイス・エイジ)

海などに手を浸け、冷気を送り込んで一瞬で凍り付かせる(なお、海水などに身が浸かることによる「力が入らない」「能力の能動的使用不可」といったデメリットは、体の大部分が浸かっていなければ起きない)。
これが発動した後は、水平線の彼方にまで氷の大地が続く、まさしく氷河時代を思わせる光景が広がる。
無論、その範囲内に居れば諸共に氷漬けである。
なお、この氷はおよそ一週間は解ける事がないという。
クザンが劇中初めて使用した技であり、その時は海を海王類諸共凄まじい範囲で凍り付かせた。

  • アイスサーベル
千切った草など「芯になるもの」を氷の吐息で凍り付かせ、氷の剣を作り出す。
氷とはいっても鉄製の刀とぶつけ合える強度はある模様。

  • アイスタイム
触れた部分から直接冷気を送り込み、相手の全身を瞬く間に氷漬けにする。
氷河時代を単独の相手に対して発動させるような技で、巨人族でさえ全身が凍り付くまでに要する時間は僅か数秒
無論、氷漬けにされてしまえば動くことすらできず、そのまま割り砕かれれば即死である。

  • アイス塊(ブロック)
冷気によって氷の塊を作り出す。
氷であるため形状は自由自在であり、矛の形にして相手へと飛ばす”両棘矛(パルチザン)”や、巨大な雉を象り、その嘴で相手を穿つ”暴雉嘴(フェザントベック)”などのバリエーションがある。

  • アイスタイムカプセル
掌から冷気の弾丸を放ち、直撃した相手を一瞬で凍結させる。

  • アイスBALL(ボール)
冷気で相手を包み込み、球状の氷塊を作り出して閉じ込める。
アイスタイムと違って距離を置いた相手にも有効だが、凄まじい基礎戦闘力を誇る者にはあまり効果は発揮されず、内側から割られると脱出を許してしまう。

活躍

時系列は新世界篇準拠。

過去

北の海出身。元々は孤児だったが、幼少期は相当わんぱくだったらしい。
30年前、海軍に入隊する。

無題
Burning Okhara


22年前の中将時代には、オハラに対するバスターコールで出撃。
オハラにはクザンの親友だった元中将のハグワール・D・サウロがいたが、「おめェはこの攻撃に誇りが持てるのか…!?」というサウロに『バスターコール』が 元海兵によって阻止されたんじゃあ格好つかんじゃないの… それが今後の世界の為なら仕方ない 現に学者達は法を破ってんじゃない…!!とサウロを攻撃。
しかしサカズキが「やるのなら徹底的に」という理由で一般人の避難船にまで砲撃を加えたことに驚愕。
これでもまだ胸を張れるのかァ!!!と激昂するサウロにあのバカほど行き過ぎるつもりはねェよ!!!と返し、ロビンを逃がそうとするサウロを氷漬けにして粛清。
しかし「自分の正義を信じたサウロを追討し、一般人まで粛正する」『海軍の正義』に悩んだ彼は、友が命を懸けてまで生かそうとしたニコ・ロビンを敢えて逃がした。

第1部 サバイバルの海 超新星編

ONE PIECE【海軍本部大将“青雉”】


アラバスタの騒乱後に行方を眩ませたニコ・ロビンの消息確認とガープの孫のルフィを一目見る為にロングリングロングランド麦わらの一味の前に赴いた。
最初の一見では特に驚異も感じず、海軍任務でも無いので偵察だけで立ち去る予定だったが、改めて考えた結果、麦わらの一味の前人未到の急成長への危機感、ロビンが今まで関わった組織が全て壊滅していることから彼らを脅威に感じ、麦わらの一味を殲滅するべく交戦。
主戦力であるルフィ、ゾロサンジを圧倒したが、ルフィから「一騎打ち」を申し込まれそれを承諾。
ルフィに圧勝するも、「一騎打ち」を了承した以上、それ以外の面々に手を出せば自分の恥、及び麦わらの一味によるクロコダイル討伐の恩を理由に、ルフィ達を見逃した。

しかしニコ・ロビンは20年もの間多くの裏組織を壊滅させながら逃げ続け、古代兵器復活の可能性も消えていない以上、もう彼女という危険分子を放っておけないと考えたクザンは、CP9長官のスパンダムに国家戦争級の総攻撃であるバスターコールの発動権限を与えて、ロビンの確保を行う。
しかし、麦わらの一味とCP9の戦いの場となった司法の島エニエス・ロビーに姿を現し、バスターコールから麦わらの一味が逃げ切ったことを確認し、「完敗」を宣言。
麦わらの一味が身を寄せていた水の都ウォーターセブンに現れ、長年追い続けていたニコ・ロビンが一味に定着したことを確認し、ロビンに「オハラの遺志」がまだ生きていることを確認し、その場を去った。

マリンフォード頂上戦争では、白ひげ海賊団相手と激闘を繰り広げ、白ひげやマルコの負傷に気を取られた同海賊団3番隊隊長ジョズの隙をついて彼を氷漬けにして片腕を破壊し重傷を負わせた。

頂上戦争後、センゴクが海軍本部元帥を引退することとなり、クザンはセンゴクから後任に押されるものの、世界政府上層部はサカズキを推薦。
絶対的正義を持つサカズキが元帥になることを反対したクザンはサカズキと決裂。
彼と決闘で雌雄を決することとなり、パンクハザードでの10日間に及ぶ決闘の末に敗北。
お互いに現在まで跡の残る重傷を負ったが、さすがのサカズキもクザンに情けをかけ、生き延びたクザンは海軍を脱退した。

第2部 最後の海 新世界編

クザンさんおめでとう!


海軍を退役した後、超ペンギンのキャメルと旅をしている。

パンクハザード

元部下の海軍G-5支部中将スモーカー王下七武海ドンキホーテ・ドフラミンゴにより殺害されかけたところに突如現れ、スモーカーを助けた。
この際、スモーカーやドフラミンゴに「新世界の闇」に繋がっている事を示唆された。

ドレスローザ

ドレスローザのメラメラの実を賭けた大会に出場したジーザス・バージェスマーシャル・D・ティーチと電伝虫で会話していた際に、クザンが黒ひげ海賊団と何らかの関係を持つようになったことが判明した。また終盤では五老星がマリージョアに訪れたサカズキにクザンが黒ひげに加担していることについて言及していた。

扉絵連載では何処かの島にてキャメルが焼いたバーベキューを食べながらドレスローザでのルフィの活躍が載った世界経済新聞を読んでいた。

劇場版での活躍

FILM Z

原作に先立ち海軍を去った後の姿が初披露され、そこで赤犬との戦いで右半身に大火傷を負い、左足を欠損していることが判明。
作中では、かつての恩師ゼファー率いるNEO海軍麦わらの一味の戦いの動向を見届け、一味にゼファーの情報を教える役割として、作中でも重要な役割を果たした。

余談

  • モデル

松田優作
探偵物語:工藤俊作(松田優作)


彼のモデルとなった人物は、俳優の松田優作である。
髪型・アイマスク・ファッションなど、代表作「探偵物語」の主人公工藤俊作が、主にモチーフになっている。
プロフィールの好物はすべて工藤俊作と同じ。

現在詳細は不明なものの、黒ひげ海賊団の動向を根拠として、クザンが革命軍なのでは?という考察もある。

  • 映画での先行登場
新世界編では、原作の前に映画『ONEPIECE FILM Z』で先行登場を果たした。
これについて作者尾田栄一郎は「原作で登場させれば驚かさせられただろうに、原作の読者にやんわり伝わってしまったことが残念だった」とのことで、映画『ONEPIECE FILM GOLD』公開前に、原作でロブ・ルッチらを登場させたとのこと。

関連イラスト

幼少

Ask Aokiji (RUS) - 2
仔クザンくんと若おつるさん


中将

【同人誌蔵出】クザンとサウロの話
クザン中将


二年前

ヒエヒエ
クザン


二年後

元大将『青雉』クザン
青雉


関連タグ

ONEPIECE 海軍 黒ひげ海賊団
青雉 青キジ
三大将 
黄猿(ボルサリーノ) 赤犬(サカズキ)
 
モンキー・D・ガープ センゴク ゼファー
ハグワール・D・サウロ スモーカー
ニコ・ロビン モンキー・D・ルフィ




















以下、単行本未掲載分の情報あり
















黒ひげ海賊団の一員であることが正式に判明
ジェルマ66がビッグ・マムの本拠地であるホールケーキアイランドから再び脱出を図っていた頃、縄張りの入口に位置するカカオ島ショコラタウンにヴァン・オーガーとともに侵入。
住民も含めて島ごと氷漬けにし、更にシャーロット・プリンを攫った。
※彼女は三つ目族のハーフで、三つ目が真の開眼をすると歴史の本文の解読が可能とされているためと思われる。

それが扉絵となった回以前の本編にて、オーガーはハートの海賊団と交戦中、プリンは黒ひげ海賊団の船中にいるため、ワノ国編後のエッグヘッド編現在、クザン自身の動向は不明。

関連記事

親記事

海軍脱退組 かいぐんだったいぐみ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8644370

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました