ピクシブ百科事典

王下七武海

おうかしちぶかい

王下七武海とは、漫画『ONEPIECE』及び関連作品に登場する7人の海賊の総称である。
目次[非表示]

海賊の格が違うんだ ブタ野郎

概要

世界政府によって公認された7人の海賊の総称。七武海と称されることも。
大海賊時代において海軍でも手が回らないほど海賊の増加・凶悪化したことを受けて、戦力の増強もかねて設立された様子。

その選定基準の第一は「圧倒的な強さを持つこと」であり、インペルダウンならばレベル6に収監されるほどの猛者ぞろい。
指名手配・懸賞金の解除と共に、政府に対して略奪品の一部を納める代わりに他の海賊や世界政府未加盟国からの略奪行為を認められ、数多の海賊達への抑止力として期待されている。
またそれ以外にも多くの特権を持ち、商船を襲うといった一般人にも及ぶ犯罪に対しても、多少のことなら黙認される。
政府の傘下に入るため海賊達からは「政府の狗」と蔑まれる一方、その強さゆえに海軍と並び彼らにとって恐怖の存在(権力を手にしているので時には憧れの存在)である。
一方で海賊を狩る存在のため、クロコダイルのように民衆の人気を集めることもある。

しかし、名目上は政府の傘下組織の位置付けであるものの、メンバーは全員海賊であるために政府への忠誠心は皆無に等しく、政府の要請や命令にもまず応じる事は無い。
それどころか七武海の権力を隠れ蓑に凶悪な犯罪を企むメンバーも複数在籍しており、ドンキホーテ・ドフラミンゴは政府への脅迫によって加盟したほどである。
そのためスモーカーをはじめ海軍にはほとんど信用されておらず、海軍本部大将イッショウは称号を隠れ蓑にした犯罪が多く起こったことからこの制度の完全撤廃を考えていた。

四皇海軍本部と共に、海賊達の行く手を阻む偉大なる航路三大勢力と称されており、四皇を海軍と王下七武海が抑える形、「四皇vs四皇vs四皇vs四皇vs海軍+王下七武海」という構図で世界の均衡を守っている。

メンバーは常に7人を維持して欠員が出ればその都度補充されるようになっている。
選定のため、海軍本部の元帥と中将、現職の七武海が会議を行うが、現職メンバー達は前述した通りに海賊であるが故に非常に身勝手で、選定会議に参加する事は希。
また、選定には世界政府の最高権力五老星の意見も反映されているようである。

七武海入りを海賊に要請する際には「伝書バット」というコウモリを用いて行われる。

基本的には政府から海賊への要請で行なわれるが、中には海賊の首を手土産に実力を示して加盟を申請する強者や、政府への脅迫で加盟した者もいる。

来歴

時系列は新世界篇基準。

設立時期は不明。約30年前にインペルダウンに収監された海賊バーンディ・ワールド(※アニメオリジナル)は知らなかったため、大海賊時代に設立されたものと思われる。
下記のように判明している分の加盟時期はバラバラで、メンバーに欠員は出やすいようで、いつ形が落ち着いたのか、先代の元七武海の存在は不明。

約20年前に破竹の勢いで名を轟かせたクロコダイルが比較的若い時期に加盟。

約13年前に1度の遠征で8000万ベリーという高額な懸賞金がつけられたボア・ハンコックが、警戒した政府に要請され18歳という若さで加盟。

約11年前にフィッシャー・タイガーを失ってなお進撃を続けていたタイヨウの海賊団2代目船長ジンベエが、逮捕されていた弟分の魚人海賊アーロンの釈放を条件に加盟。

10年前には、世界政府加盟国から天竜人への税金『天上金』を奪ったドンキホーテ・ドフラミンゴが政府を脅迫し、加盟すると共にドレスローザの王位についた。

ポートガス・D・エースも勧誘されたことがあるため、少なくとも過去5~2年間(新世界篇基準)に最低一人の欠員が出ており、バーソロミュー・くまジュラキュール・ミホークゲッコー・モリアの誰かはその時期に加盟したと思われる。

2年前にクロコダイルバロックワークスによるアラバスタ王国転覆未遂事件が発覚し、除名。
この空席を埋めるために多くの海賊が候補に挙げられたが、ポートガス・D・エースの首を手土産に、マーシャル・D・ティーチが加盟。

マリンフォード頂上戦争後、ジンベエマーシャル・D・ティーチはそれぞれ世界政府に敵対したため除名、ゲッコー・モリアは、詳細不明だが政府上層部に力不足と判断され、戦死扱いとして除名された。
そして、元ロジャー海賊団の一員という生ける伝説にしてインペルダウンの脱獄囚の猛者たちを率いるバギーが、その実力を恐れられ、政府からの要請により加盟。

麦わらの一味が修行していた2年の間、トラファルガー・ローは自身の能力で手に入れた100人の海賊の心臓を政府への手土産に、七武海に加盟した。
また、映画『FILM Z』にて、1年前に新たに一人加盟しており、その人物は9年前に元大将ゼファーの右腕を切り落としたこともある実力者にして能力者と判明している。その男がエドワード・ウィーブルなのかは現時点でははっきりと述べられていない。

そして、トラファルガー・ロー麦わらの一味との同盟が明らかになったことで、ドンキホーテ・ドフラミンゴドレスローザでルフィ達に敗北し今までの様々な悪事が露見したため、それぞれ除名された。

メンバー

現職

ジュラキュール・ミホーク


ジュラキュール・ミホーク (鷹の目のミホーク”)

  • 世界最強の剣士。
  • 元懸賞金不明。

旅行するならドコが良い?


バーソロミュー・くま (“暴君”)


蛇姫様(サンクリ49新刊表紙)


ボア・ハンコック (海賊女帝 / 蛇姫)


"千両道化"


バギー (道化のバギー千両道化のバギー”)


エドワード・ウィーブル


エドワード・ウィーブル (自称“白ひげJr.”)

  • 元懸賞金4億8000万ベリー。

現在、欠員2名。


脱退・権利剥奪

Crocodile


クロコダイル (“砂漠の王” / Mr.0 / サー・クロコダイル)


『海峡のジンベエ』


ジンベエ (“海俠のジンベエ”)


ティーチ


マーシャル・D・ティーチ (“黒ひげ”)


ゲッコー・モリア


ゲッコー・モリア


時代は“スマイル”さ


ドンキホーテ・ドフラミンゴ (天夜叉 / “ジョーカー”)

  • ドンキホーテ海賊団船長。元ドレスローザ国王。元天竜人
  • 元懸賞金3億4000万ベリー。
  • イトイトの実(超人系)の能力者。
  • ドレスローザ王国における麦わらの一味&トラファルガー・ローの襲撃をきっかけとしたドンキホーテ王朝崩壊で、旧王家の転覆や一部国民・来訪者(海軍や世界政府関係者も含む)のオモチャ奴隷化、武器や人工悪魔の実「SMILE」などの密売などが露見し、除名。

捧げものロー船長


トラファルガー・ロー (死の外科医)


余談

  • 元懸賞金

七武海に入ると懸賞金が解除されるため、元懸賞金額は人それぞれ。
低い方となると、元8000万ベリー程度や元0ベリーという者もいるが、これはそれほど懸賞金が低い早期に実力を認められたことや、世界政府に対しての危険度が低い(自らの危険性を隠していた)と認識されていたため。

  • 最初は登場予定はなかった
「ONE PIECE 総集編 THE 23RD LOG」では、七武海の登場経緯について明かされている。
ワンピース当初の構想では、偉大なる航路突入後にすぐ四皇達との戦いが始まり、およそ5年・25巻程度で完結させる予定であったが、「政府の部下となった強豪海賊」というコンセプトを思いついてしまい、それが七武海になったとのこと(初登場時のミホークが七武海について言及されていないのはその名残かもしれない)。
「7人」なのはその数字がかっこいいと思ったからとのことだが、連載長期化の一因にもなっており、さすがにちょっと多かったと思うこともあった様子。

関連イラスト

前王下七武海
小さく前ならえ


七武海
王下七武海



イラストの検索方法

単に「七武海」と略されることが多く、pixivでも「七武海」タグで登録されている作品の方が多いためにイラスト検索の際は「七武海」で部分一致検索を行う事を推奨する。

関連タグ

ワンピース ONEPIECE 世界政府 海賊 七武海
ジュラキュール・ミホーク ドンキホーテ・ドフラミンゴ バーソロミュー・くま
ボア・ハンコック トラファルガー・ロー エドワード・ウィーブル
サー・クロコダイル ゲッコー・モリア ジンベエ マーシャル・D・ティーチ
四皇 海軍

私掠船コルセア) - 現実世界における政府公認海賊。最も有名なのがイギリスのフランシス・ドレイク

pixivに投稿された作品 pixivで「王下七武海」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1499226

コメント