ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

Treasure

種類超人系
特性手術(手術室を作り、その空間内を支配して操作(手術)できる改造自在能力)
概要
  • 手術室(球/ドーム状の「円(サークル)」)を作り、その中から空間内を操ることができる
  • あらゆる難病・奇病を治療する手術(オペ)を行うことができる
能力
  • 手術室を操り、その中の生物・物体などを自在に改造することができる
    • 対象者を生かしたまま、痛みや出血を伴うことなく、人体を「切断」でき、応用すれば「如何なる処置や能力でも、数分間は“接合”不可能な特殊な切り口」として「切断」させることもできる
    • 「切断」された生物・物体の切断面は、どんな場所にでも「接合」できる
    • 遠隔操作・地面の隆起など、全ての物体を自在に操ることができる
    • 目的な物体を感知し、その所在を「調査」することができる
    • 物体や生物の位置を入れ替えることができる
      • 自身を対象にして位置を入れ替えれば、瞬間移動として扱うこともできる
      • 応用すれば、自身も含めて複数の他人ごと瞬間移動させて扱うことも可能
    • 人体に他の動物の手足などを移植することができる
    • 生物の人格を入れ替える「人格の移植手術」をすることも可能
    • 生物に電気ショックを与えることができる
    • 臓器を抜き取ることができる
    • 人体に外傷を与えることなく、内臓を破壊することができる
    • 応用すれば、障壁(バリア)として扱うこともできる
  • 手術(オペ)をすることで、「珀鉛病」などの難病を治すことができる
覚醒概要自身以外に「手術」の性質を付与し、手術室の外からその空間内を支配して操ることができる
覚醒能力
  • 武器に「手術室」を付与することができる
    • 武器に利用すれば、それを伸ばしたりすることも可能
    • 武器に付与したは、内部から波動を生む事で攻撃に扱うこともできる
  • 対峙した相手を中心に且つ、自身が空間の外にいるように遠隔から「手術室」を展開することができる
    • 応用すれば、相手が発する音を全て消すこともできる
最上位の能力自らの命と引き換えに、永遠の命を与える「不老手術」を施すことができる
利点改造した効果は「手術室」の外に出ても持続可能である
弱点
  • 能力を使いこなすには、医学の知識が必要となる
  • 能力の大きさと扱い方の性質上、他の能力と比較すると、体力の消耗を大きく起こしやすい傾向があり、場合によっては命を削ってしまう恐れがある
  • 展開できる「手術室」は能力者の実力次第で拡大するが、能力者自身が消耗を起こすと、それに比例して、「手術室」を展開できる範囲も狭くなり、消耗の大きさ次第では「手術室」自体発動できなくなってしまう場合がある ※
  • 改造できるものは、能力者自身が展開した「手術室」の内部のみに限定される
ハート形のリンゴのような形状でオレンジくらいの大きさ
備考古来よりも人類の夢さえも叶う「究極の悪魔の実」とも呼ばれている

※「覚醒能力」は通常能力よりも力が強い分、さらに消耗が大きい


超人系の悪魔の実の1つ。食べると「改造自在人間」となり、放出するドーム状のエリア内で移動、切断、接合、電撃など一般的に外科手術で必要なあらゆる行為を自在にできるようになる。



詳細編集

この能力による移動や切断や接合は通常の外科手術とは異なり、瞬間的に入れ替えたり、違う生物同士で身体をくっつけたり、逆にバラバラにした状態でも生かしたりも出来る超常的な改造能力である。

これにより人間の人格を入れ替えることすら可能。

また、医学的知識と技術が伴えば、後述する不老手術さえも施す事もできるという今までの悪魔の実の中でも際立って高性能な実となっているため、〝究極の悪魔の実〟と呼ぶ者も少なくない。このような医療に特化した実であるため、かつてこの実を口にした者の中には世界的な名医になった者もいたという。なお不老手術をしたオペオペの実の能力者は死ぬ。


上記の様な能力の強力さから、かつて相場の50倍である50億ベリーもの高額で取引されたこともあった。ただし、医療知識がある人物でないと能力を万全に発揮することはできず、能力の大きさと扱い方の性質上、能力を使用する度に体力を著しく奪われるというデメリットも存在する。


能力者編集

K・ROOM

現在、この実の能力者は元・王下七武海の海賊トラファルガー・ロー(能力を利用した技については当該項目へ)。

なお、能力の絶大さは、彼の医学の知識は然り、凄まじい実力と熟練度の高さ故であるに過ぎない。それは、「覚醒」していることからも窺える。


経緯編集

かつてドフラミンゴがその在りかと取引の情報を入手した際に、自分の目的(後述)と、目をかけていたローの病気を治すために、ローを連れ出して医者に見せ(ては差別的対応を取った病院を怒りに任せて破壊し)て回っていた弟のコラソンにこの情報を伝えたことがある。

ドフラミンゴはコラソンが食べてローの病気を治すことを想定していたが、コラソンは海軍スパイでありその情報を利用してオペオペの実を持っていた海賊からドフラミンゴに先んじて盗み出した。本人も能力者であったために食すことは出来ず、そのままオペオペの実はローのものとなった。

これがコラソンがドフラミンゴ達によって殺害され、ローが最大の恩人の仇を討つべくドフラミンゴから離反するという因縁を生みだす事になった経緯である。


その重要性編集

実はドフラミンゴが最も欲していた悪魔の実であった。詳細な方法は不明だが、曰くマリージョア天竜人が握る「国宝」の情報と合わせれば世界の実権が握れていたという。


また、当時のローが患っていた「珀鉛病」を治療できる数少ない手段でもある(無論食べれば治るわけではなく、能力で治すことが出来るという意味)。しかし具体的な処置は誰も知らず、小説『novelLAW』では引っこ抜いた自分の肝臓を直接メスで切り刻んで蓄積されたを摘出するという荒療治で無事に完治させた。

なおその後ローはパンクハザードで、薬漬けにされた巨大児たちを治療した際も同じようなエゲつない方法をとったため、チョッパーから人でなし呼ばわりされた。



関連項目編集

ONEPIECE 悪魔の実 トラファルガー・ロー 手術









































































以下、2023年6月12日本誌掲載分、第1068話”五老星”及びその付近の掲載話のネタバレを含みます。アニメ派の方はご注意ください。














































































































第1086話では、この世界における本来存在する筈がない、してはならない世界の王の正体について、革命軍サボモンキー・D・ドラゴンエンポリオ・イワンコフらが考察をするという形によって掘り下げが為された部分があった。その中には、


  • かつて世界政府を樹立した最初の20人の中にネロナ家イム聖という王がいたこと
  • そのような立場の人物でなければ、世界最高権力者(表向きだが)である五老星が跪くはずもないこと

ということがイワンコフによって語られた。

…つまり、もしこの「イム聖」なる人物と「世界の王であるイム」が同一人物であるとしたら、先述した「不老手術」を使用し、マリージョアの庇護下で暗躍をしている可能性が高いことが判明している。裏を返せば、もしそれが本当ならば、800年以上前にオペオペの実の能力者が存在しており、彼に対して不老手術を行って命を落とした人物がいることになる。

またオペオペの実の能力で不老手術の能力が確認されていることから、イワンコフは「誰かが世界の何処かで死なずに生きている奴がいるから証明されている」との仮説をサボとドラゴンに説明している。

また、ここ最近の掲載話で示唆されていることであるが、イム自身には何かを行おうとする動機に少し幼い部分が見られている。シャーロット・フランペのように、体の年齢に対して精神面が幼めな人物であるという可能性もあるのかもしれないが、イム自身が不老手術を受けたという仮説を踏まえると、彼自身が子どものときに不老手術を受けた結果、800年前から子どものまま、心身共に成長をしないままになってしまったのかもしれない。どちらかと言えばこっちに近い境遇であろうか…。

関連記事

親記事

超人系 ぱらみしあけい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1222819

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました