ピクシブ百科事典

世界貴族

せかいきぞく

世界貴族とは、漫画『ONE PIECE』に登場する貴族である。
目次[非表示]

概要

ONE PIECE界で最も誇り高く気高き血族として、世界の頂点に君臨する者たち。
作中では“天竜人”と呼ばれることが多い。これは家紋が“天駆ける龍”であることが由来すると思われる。
800年前に世界政府を創設し、聖地マリージョアに移り住んだ20人の王たち(正確にはアラバスタのネフェリタリ家のみ移住を拒否したので19人の王たち)の末裔の一族。

名前の表記や語尾が特徴的で、男性ならば名前の末尾に“聖”という敬称と「〜え」という語尾が付き、女性なら名前の末尾に“宮”という敬称と「〜アマス」という語尾が付く。マリージョア以外の土地では「下々民と同じ空気を吸いたくない」という思考のためにシャボンのマスクを付け、さながら宇宙服みたいな恰好をしている。

その存在は絶対的で、その権力は絶大。中でも天竜人の最高位である五老星は世界政府最高権力者である。
世界貴族が道を通る時には、一般人はムリヤリ顔を引きつらせながら、土下座してでもやり過ごさなくてはいけない。更に世界各国から自分達の為の「天上金」を徴収させ、酷い場合は加盟国を飢餓で滅ぼしている。
彼らの強権の前には世界政府加盟国の王族や指導層ですら人権は無きに等しく、「奴隷にされてしまった元王族」というのも扱いの上では希少ではあるが、決して珍しいケースではない。

当初20人の王達は“世界政府トップの王位を独裁的に使用しない”よう、そして“各国の王達は皆平等であるべき”であるという理念から、円卓の騎士のようにマリージョアのパンゲア城中心に誰も王位につかないことを意味する虚の玉座を設けて遺し自戒するほど強いノブレス・オブリージュがあったようだ。だが、長年のうちに伝承・根拠が歪んで権力が暴走し、人を人とも思わないような「教育」により、世界中の全ての地域において殺傷行為や奴隷所有等の傍若無人の限りを尽くす極悪非道を当たり前のように行う外道となっていった。

ある意味ではホーディ・ジョーンズと類似した存在であり、自分達が至高の集団であると唱えられ続けた環境が生み出した怪物といえる存在。
庶民を殺すことは、彼らにとっては朝に顔を洗うように当たり前なことであり、人間を家畜として見るのは当然のことと認識するようになってしまっている。
被害者となった民衆たちの弁によれば「子供を至近距離から銃撃され即死した」「奴隷にされた娘が帰って来たら自害した」「両目を抉られた」「妻を焼殺させられた」など、彼らの所業は凄惨を極めている。

彼らの所有する「奴隷」の扱いは奴隷を所有する文化が残っているシャボンディ諸島の奴隷所有者と比べても酷いものがあり、フィッシャー・タイガーボア・ハンコックコアラ(パラレルワールドも含めると劇場版のギルド・テゾーロ)など多くの者達の人生を狂わせている。
しかし彼らはこれといって悪いことをしているという自覚が皆無であり、とある世界貴族が元奴隷達から命を狙われた際に「わちきは偉いのに…!?」と発言するなど事態を飲み込めていないなど、その精神性の実態は世間知らずのまま甘やかされて育てられた子供である。

これは世界貴族に限らず世界政府中枢附近全体の風習であるが奴隷は当たり前で、魚人族・人魚族に至っては人類ではなく魚類であると、中枢附近では常識扱いされている。
リュウグウ王国の世界政府加盟などにより現代ではこの説は世界政府によって公式に改められているものの、中枢附近ではそうした風習がたいして是正されることなく今日にいたっており、奴隷は世界政府非加盟国の住民や犯罪者に限るといった条件が設けられている程度である(もっとも、この条件も建前に過ぎず、加盟国の人間だろうと容赦なく奴隷にされることも多い)。
しかも、そもそも人類であると見なしていない魚人族・人魚族にかぎっては、民間人であろうとも捕獲してそのまま奴隷やペットにしてかまわないという認識が中枢では何の疑問も抱かれずにまかり通っている。
こういった悪しき風習が無くなった中枢以外の世間一般でどのように認識されているのかは不明だが、ジャルマック聖が奴隷をともなってゴア王国を訪問しており、そしてタイガーが奴隷解放の英雄として評されていることから推測すると、少なくとも世界貴族が奴隷を持っているというのは世界の常識ではあるようだ。

彼らの傲慢さは究極的には「下々民も人間であることを理解していない」教育に起因したものということができ、そのため世界貴族同士であれば一般感覚とはかなりズレたものであっても、他者を思いやるということもできる者が多い。
反例として、また幼少時に父親のせいで世界貴族の権利を失った結果、(利己的で多少歪んだ形であるとはいえ)仲間想いかつ思慮のある性格となったドンキホーテ・ドフラミンゴや、世界貴族と正面から向き合ったオトヒメ王妃のおかげで魚人・人魚への差別意識を改めたドンキホーテ・ミョスガルド聖など、『世界貴族の世界観ではない、市井の人々の世界観』を見たおかげで人間に対して優しく接することができるようになったものもいる。

このように横暴な振る舞いをしていても被害者から報復されないのは海軍が関係しており、彼らが特権を行使すれば海軍本部大将率いる軍艦10隻が即座に派遣されてくるためであり、彼らに手を出せば国レベルの危機に陥るためである。

彼らには証明チップという身分証があり、それを世界政府に渡す事によって世界貴族の地位を放棄して一般人として生活できるようになるのだが、後述の例外を除けば権力を自ら放棄する者はほとんどいない。当然世界貴族であることを放棄すれば政府や海軍の庇護もなくなるので、素性がバレると「殺しても海軍は動かない」という理屈から天竜人への憎悪を抱いても泣き寝入りするしかなかった者達の報復対象になってしまう。

なぜこれほどの権力を有しているのかは不明だが、ドフラミンゴは「天竜人が秘密裏に持つ、存在自体が世界をひっくり返せるほどの国宝がある」と語っている。
有害でしかなくなっている彼らを野放しにしている世界政府にも事情はあるようだ。

また、上記の非道な所業に比べると地味だが、悪魔の実や一部の科学兵器などといった、下手に扱えば事故や反逆のきっかけになり得る代物を、親から買い与えられた玩具のようにぞんざいに扱う、無警戒な振る舞いも見られる。その無警戒な扱いも少々(?)厄介でハンコックのように、反撃するのが難しい能力と、心の傷のこじれから能力の乱発することへの抵抗感の乏しさを抱えてしまった者も稀に見られる。

主な世界貴族

五老星

天竜人の最高位。『世界最高権力』とも評され、合議制で意志決定を下す。
現在は五人の老人達(全員男性)が務める。

ロズワードの一家

ロズワード聖

CV掛川裕彦
天竜人・ロズワード一家の家長。海賊の船長を奴隷としてコレクションする趣味がある。誕生日は6月28日。
奴隷となった海賊の船長をコレクションしている。シャボンディ諸島のオークション会場で息子がルフィに殴られ大将を呼び寄せるよう叫んだが、その直後に偶然頭上から降ってきたウソップに押しつぶされ気絶し重傷を負う。
髪型と衣装を除けば見た目は普通の老人であり、現在登場している天竜人(男性)の中では一番整った容姿をしている(というより他の容姿がひどすぎる)。
下記の子供たちに比べれば、ルフィに息子チャルロスが暴行を受けた際に大将を呼ぶ前に猶予を与えるなどまだ理性的だが、天竜人としての傲慢な性質は変わらない。

2年後の世界会議編では後述の理由で大怪我した息子を迎えに再登場。
その時に乗ってきたのは「叩いても、刺しても悲鳴を出さない最高の奴隷」と称される無敵奴隷だった。

チャルロス聖

天竜人・チャルロス聖


CV:茶風林
ロズワード聖の息子。シャルリア宮の兄。誕生日は6月1日。
醜悪な容姿とそれに勝るとも劣らない下劣な性格をしている。
重症な患者を搬送の為に横切ろうとした医師らの頼みを無視し、患者を蹴飛ばす
気に入った女性を見たら無理やり妻にして聖地マリージョアに連れ去り、飽きたら捨てる
連れ去ろうとした女性の彼氏が止めにはいるも容赦なく撃ち重傷を負わせる
奴隷を乗り物扱いして酷使し、八つ当たりで蹴りなどの虐待を加える
など、様々な外道っぷりを披露している。
シャボンディ諸島のオークション会場でルフィの友人ハチを撃ったため、ルフィに思いっきり殴り飛ばされ気絶し重傷を負った。
そして2年後の世界会議編でまさかの再登場。
CP-0を盾に巨人族の奴隷を使って人魚のしらほしを無理やり奪おうとし、娘を助けようとするネプチューン王らの殺害をCP-0に命じるなど、相変わらずの外道っぷりを見せつけた。
しかし、そこに現れた同じ天竜人である、某人物に棍棒でぶっ飛ばされ、2年前と同様の粛清を受けた。
作中に登場している天竜人の中でも特に常識がなく知能も低い節があり、父親に無駄遣いの多さや「(魚人ではなく非力な)人間の奴隷を馬代わりにして移動するのか」と呆れられている。

シャルリア宮

天竜人 シャルリア宮


CV:笠原留美
ロズワード聖の娘で、チャルロス聖の妹。誕生日は3月29日。
サウルという名前の犬をペットにしている。
外見は兄と全く似ておらず容姿端麗だが、逃亡した奴隷に対して平然と銃を放つなどの傲慢で非道な性格は兄と同じ。父親曰く「奴隷のしつけがなっていない」ので奴隷に逃げられるらしい。
シャボンディ諸島のオークション会場で麦わらの一味に父と兄に重傷を負わされたことに激昂し、ルフィの友人ケイミーを撃ち殺そうとしたところレイリーの覇王色の覇気で気絶させられる。
その後は麦わらの一味を取り逃がした海軍に八つ当たり気味に叱責し、見つけ出して必ず生き地獄を味わわせてやると激しい憎しみをあらわにした。

ドンキホーテ家

かつてドレスローザを統治していた王家の末裔。このうち、ホーミング聖とその一家は33年前に世界貴族としての地位を放棄し、マリージョアを去った。

マリージョアへ移住する前は、ドレスローザにて小人族奴隷として働かせ、苦しめていた。

ドンキホーテ・ミョスガルド

CV:後藤哲夫
10年前、奴隷にしていた魚人をジンベエ王下七武海加盟により解放され、それを取り戻そうと魚人島に押しかけた。
当時は典型的な天竜人そのものであったが、オトヒメ王妃との出会いをきっかけに価値観が一変し、現在は思慮深く常識的な思考を持った真人間となっている(本人曰く「オトヒメ王妃に人間にしてもらった」)。

奴隷を一人も持たない異端の天竜人」とされ、他の世界貴族から奇人扱いされている。

ドンキホーテ・ミョスガルド聖の父

CV:岸野一彦
本名は不明。息子にジンベエ王下七武海に加盟したことで元奴隷が恩赦を受け魚人島に帰ったことを伝えた。

ドンキホーテ・ホーミング

CV:村治学
ドフラミンゴとロシナンテ兄弟の父親。「人間らしい暮らしをしたい」と考えていた天竜人の異端。マリージョアにいた頃は変人扱いされつつも他の天竜人からは同胞扱いされていたようで、彼が人間に成り下がるという暴挙を止めてあげようと多くの者達が説得しに来たが、ホーミングは「元から人間ですよ」と返したことが天竜人全体への侮辱と受け取られ見放された。
妻と共に「家族で人間として静かに平和に暮らせればそれでいい」と、良くも悪くも「欲がない」考えを持っており、下界の人々から天竜人がどれほど憎まれているかを知らなかったことが、後述の悲劇を招くことになる。

33年前に天竜人の位を放棄し、北の果てにある世界政府の非加盟国に家族を連れて移住したが、その出自がバレたことで天竜人に憎悪を抱く人々から報復を兼ねた迫害を受け、他の天竜人からも裏切り者として見捨てられた。極貧と暴力の嵐の中で、妻を病気で失い、民衆から一家総出で拷問を受けた。最期はドフラミンゴに「自分を惨めな境遇に追い落とした元凶」と見なされ殺害される。最後まで家族を守れない自分のふがいなさを責めることはあっても、人々を恨んだりはしなかった。

ドンキホーテ・ドフラミンゴ

“天夜叉”ドンキホーテ・ドフラミンゴ


CV:田中秀幸半場友恵(幼少期)
ホーミング聖の長男。「人間らしい生活」を望んだ父に連れられ33年前に母や弟と共にマリージョアを出たが、選民意識を捨てきれず、天竜人に恨みを持つ民衆達に一家共々地獄のような迫害を受け続け、母も失いゴミをあさって生き延びた凄惨な過去を持つ。
そのような事態の原因となった父を憎み10歳の時に殺害。父の首を聖地マリージョアに持ち帰り世界貴族に復帰しようとしたが、天竜人からは拒絶され、聖地マリージョアへの復帰は叶わなかった。
以来、ドフラミンゴは世界貴族どころか今の世界全てを見限り、それらを破壊してしまおうと凶悪な海賊(ドンキホーテ海賊団船長)となり、やがて王下七武海に名を連ねるまでになった。
その破滅的な性格の一方、苦楽を共にした仲間を家族同然に思う二面性を持つ。

ドンキホーテ・ロシナンテ

CORAZON


CV:山寺宏一広橋涼(幼少期)
ホーミング聖の二男。兄ドフラミンゴと同様の凄惨な過去を持つが、兄とは異なり父を憎むことはなかった。
父ホーミングの死後はセンゴク(当時の階級は中将)に保護され、彼のもとで成長した。海軍本部においてもセンゴクの直属の部下(階級は中佐)となり、兄ドフラミンゴの暴走を食い止めるべく、身分を偽りドフラミンゴ率いる海賊団に最高幹部コラソンとして潜入する。しかし、とある出来事が原因で10年以上前に死亡している。
極悪非道な兄と異なり、心優しい父と母の性格を受け継いでいる。

ホーミングの妻

CV:浦和めぐみ
その名の通り、ホーミングの妻であり、ドフラミンゴとロシナンテの母。
夫と同じく心優しい性格で天竜人の地位の放棄にも賛同していた。
一家共々民衆から迫害を受けた後、不衛生な廃屋での生活が原因で病に冒されて死亡した。

ジャルマック聖

CV:増谷康紀
12年前に主人公ルフィの故郷ゴア王国を視察した世界貴族。誕生日は11月9日。
「目の前を横切った」というだけで、ルフィの義兄の1人サボの乗る船を攻撃し撃沈した。

ちなみに、攻撃理由として「海賊旗を掲げた者は何者であろうとも海賊」とある意味正しいことを言ってはいるものの、「下々民が自分の前を横切った」ことの方が彼にとっては赦されないことであったらしい。

カマエル聖

CV:三村マサカズさまぁ〜ず

映画『ONE PIECE FILM GOLD』に登場した世界貴族。
丸眼鏡と顎鬚が特徴で、顔を小刻みに左右に動かす癖がある。

ギルド・テゾーロから天上金を受け取りにやって来たが、ナミ達がテゾーロらを欺くために利用できると衣服を盗まれた。
終盤のルフィとテゾーロの決戦で救助要請をルッチに電伝虫をかけるも、途中で切られた(救出自体はちゃんとされた模様)。

居住地「聖地マリージョア」

「赤い土の大陸」の頂に位置する世界貴族が住む町兼世界政府の中枢となっている。
未だに全貌は明らかになってないが、一際大きい城がある。
4年に1度、政府加盟国の王たちがマリージョアに集結して世界会議を開催しており、2年後にあたる新世界編では丁度その世界会議が開催される年。

ちなみにマリージョアのほぼ真下に魚人島がある。
偉大なる航路前半から新世界に行くにはマリージョアを通過するルート、海底の魚人島に通過するルートがある。
前者は手続きが必要、向こうで船を乗り換えと時間とお金はかかるが安全。
後者は、海中の航路は危険だが海賊行為自体が犯罪なので海賊たちは、この魚人島経由の手段しかない。

関連項目

ONEPIECE 世界政府 五老星

天竜人

ドンキホーテ・ホーミング ホーミングの妻 ドンキホーテ・ドフラミンゴ ドンキホーテ・ロシナンテ
ドンキホーテ・ミョスガルド
シャルリア宮

奴隷とされた者

フィッシャー・タイガー ジャンバール ボア・ハンコック ボア・サンダーソニア ボア・マリーゴールド コアラ アラディン ギルド・テゾーロ バーソロミュー・くま

関連記事

親記事

世界政府 せかいせいふ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「世界貴族」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 111907

コメント