ピクシブ百科事典

コロニー落とし

ころにーおとし

ガンダムシリーズに登場する戦術の一つ。巨大な質量物であるスペース・コロニーを地表にぶつけるという、乱暴極まりないが破壊効果の非常に高い戦術。
目次[非表示]

概要

宇宙空間に浮かぶ大規模構造物スペースコロニーを質量兵器として利用し、地球や月面などへ落下させ、落下地点周辺に大打撃を与える。コロニーに住む住民を、疎開または毒ガスで虐殺して無人にした後、核パルスエンジンなどを使い、移動・軌道変更をしながら目標地点へ落下させる。阻止限界点を超えてしまうと目標への直撃は回避できても落下を防ぐのはもはや不可能となる。地球上の人々にとっては、「空が落ちてくる」と表現をされるなどトラウマを与え、畏怖の対象にされている。
なお、類似した戦術として巨大な小惑星、大型宇宙戦艦軌道エレベーターの残骸などを地球に落下させるものもあり、しばしば作品のクライマックスではこれら『落下物』をめぐる攻防が繰り広げられる。

宇宙世紀

機動戦士ガンダム

地球連邦軍総司令部ジャブロー破壊を目的に、ジオン公国が毒ガスで住民を虐殺したサイド2のコロニー「アイランド・イフィッシュ」を地球へ落下させる「ブリティッシュ作戦」を行った。しかし、落下中にコロニーが空中分解を始めたため軌道が大きく外れ、オーストラリア大陸南東部沿岸に落着した。作戦自体は目的を達成できず失敗したが、地球に甚大な被害を与え、オーストラリア南東部は大きく削り取られ、巨大なクレーターに海水が流入し水没する。後に結ばれた南極条約で「大質量兵器の使用禁止」という条項が盛り込まれた。なお、ルウム戦役にてジオン側が再度コロニー落としを試みたとされるが、それを察知した地球連邦側に阻まれ、核パルスエンジン装着の途中で中断を余儀なくされたという。

機動戦士ガンダム_MS_IGLOO

ジオン公国軍第603技術試験隊に所属するオリヴァー・マイ技術中尉が、上記の「ブリティッシュ作戦」に遭遇し、地球へ向けて運ばれるコロニーを目撃。
中尉はモノローグで、自分達スペースノイドの住まいであるスペースコロニーを武器として使用するコロニー落としを「戦の邪道」と評している。

コロニーの落ちた地で

前述の通り、コロニーの落着したオーストラリア大陸を舞台としたゲーム。
もうタイトルからしてそのままである。
ゲーム中では、コロニーの残骸によって荒野と化したステージも存在する。

機動戦士ガンダム0083

エギーユ・デラーズ率いるジオン残党軍のデラーズ・フリートが「星の屑作戦」と称し、移送中のコロニー「アイランド・イーズ」月面都市に落着させると見せかけ、地球に落下させようとした。シーマ・ガラハウとの密約から作戦を知っていたジャミトフ・ハイマン達は地球近くでソーラ・システムを用意して待ち受けたが充分な照射ができず、コロニーは北米大陸穀倉地帯に落下した。連邦政府は後に「コロニー移送中の事故」と発表して真相を隠蔽した。
なお、作品冒頭には前述したブリティッシュ作戦によって消滅し、巨大な湾と化したシドニー(シドニー湾)が登場する。


機動戦士Zガンダム

グリプス戦役の最中、ティターンズの指揮官ジャマイカン・ダニンガンエゥーゴの本拠地である月面都市グラナダに廃棄されていた無人コロニーを落下させ殲滅しようとしたが、作戦を知ったパプテマス・シロッコサラ・ザビアロフをエゥーゴに差し向けて作戦内容を密告した為、作戦は失敗。コロニーはグラナダから180kmほど離れた地点に落着した。

ガンダムセンチネル

ニューディサイズが大型モビルアーマーゾディ・アック(分離したゾアン)を質量兵器として用いている。
サイズこそ小さいものの、その命中精度はコロニーとは比較にならず、連邦議会にピンポイント爆撃を行えるはずだったが、Sガンダムの狙撃により大気圏突入寸前に破壊された。

機動戦士ガンダムZZ

ネオ・ジオン軍のマシュマー・セロ率いる部隊が、アイルランドのダブリンにコロニー落としを行った。地球連邦政府がコロニー落としを否定していた為に避難が遅れ、ラカン・ダカラン率いる部隊が避難民を襲撃した。落下速度が低かったのか、コロニーは落着後もしばらく原形を留めたまま直立していた。

機動戦士ガンダム逆襲のシャア

シャア・アズナブル率いるネオ・ジオン軍が「地球寒冷化作戦」を目論み、当時の地球連邦軍本部があったチベットのラサに小惑星の5thルナを落下させた。更には小惑星アクシズを地球に落下させようとするが、アムロ・レイブライト・ノアロンド・ベル隊の必死の攻撃により阻止された。

アナザーガンダム

新機動戦記ガンダムW

第1話で展開されたオペレーション・メテオだが、ガンダムパイロットやガンダム開発者達の判断により取り下げられたものの実は元々コロニー五基を地球に落としてからガンダムを降下させる作戦だった(真のオペレーション・メテオ)。後述するリーブラ落下・EWのX-18999コロニー落下をそれぞれ唆したカーンズとデキム・バートンは共に真のオペレーション・メテオを企てた人員であり、いずれもこの時の開発者達の命令無視を根に持っていたことから行われた。
劇中終盤、世界国家群とホワイトファングの決戦中に、ホワイトファングの指導者ミリアルド・ピースクラフトが大型宇宙戦艦リーブラを地球へ落下させようとするも、ヒイロ・ユイや5人の開発者達の活躍で阻止された。また、作中では落着時の推定エネルギーが予想され、その解放エネルギーは推定6000メガトンと予測されている。これは人類史上最大の水素爆弾である「AN602通称(ツァーリ・ボンバ)」の120倍の威力に相当する。

新機動戦記ガンダムW Endless Waltz

マリーメイア・クシュリナーダ率いるマリーメイア軍が本来のオペレーション・メテオ(L1~5までの各ラグランジュポイントのコロニーを地球に落下させる)の実行を目論み、L3コロニー群のX-18999コロニーを地球に落下させようとしたが、ヒイロ・ユイデュオ・マックスウェルトロワ・バートンの3人により阻止された。

機動新世紀ガンダムX

第七次宇宙戦争末期、宇宙革命軍が毒ガスで住民を虐殺・ないしは強制退去させたコロニーを用いて、40基近くのコロニーを地球へと落下させた。
これに対抗する形で旧地球連邦軍はサテライトキャノンを搭載したガンダムXビットMSを投入するが、これが革命軍を刺激する事になり、コロニー落しが強行されるという皮肉な結果となっている。
これにより地球は3年間核の冬の状態となり、地球圏の総人口が百億から一億程度にまで激減している。
また、双方に戦力の疲弊をもたらし、実質上の停戦状態へ移行する事となった。

UNDER THE MOONLIGHT

物語終盤でエディンの策略により、発電衛星BATENがスーパーマイクロウェーブ送信後に地上のシルバーホライゾンに向けて落とされた。
しかし、皮肉にも同時に起動するように仕掛けられていたコロニー・クラウド9攻撃用のビッグサテライトキャノンの射線が変更された事で迎撃されている。

∀ガンダム

月に住む人々「ムーンレィス」の祖先達がエネルギー資源の備蓄や食糧の確保を目的として造り上げたアステロイドコロニー“ミスルトゥ”が、ギム・ギンガナムの部隊とホワイトドール(∀ガンダム)の戦闘の影響で割れてしまい、更にその破片が月のフォン・シティに落下しかけた。(ギンガナムはそれを意図した発言をしている)が、ロランがホワイトドールの胸部サイロハッチに隠匿していた核爆弾を発破させる事で破片の軌道を変更し、結果、月面都市は救われている。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY

血のバレンタインの復讐を誓うパトリック・ザラ派のザフト軍脱走兵達が、同事件で破壊されていたユニウスセブンの残骸を地球へと落下させた。シン・アスカイザーク・ジュールらザフト軍が可能な限りの破砕作業を続けたが、多数の破片が燃え尽きず地上へ落下し、世界各地に大きな被害を与えた。この事件は後に「ブレイク・ザ・ワールド」と呼ばれた。

機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン)

アロウズがアフリカ・軌道エレベーターにて発生したクーデターを鎮圧する為、「メメントモリ2号機」の使用を強行し、ダブルオーライザーがそれを阻止しようとするが、エンプレスからの妨害を受け、その際に放たれたレーザーにより施設の一部を破壊し、大量の残骸(小型でも相当な質量)が地上に降り注ぎ、被害をもたらした。この惨劇は後に「ブレイクピラー事件」と呼ばれ、アロウズの権限拡大に利用される事になる。(実はこれらの惨劇は、予めリボンズによって計画された物であった)

機動戦士ガンダムAGE

第2部・アセム編の最終局面で、ヴェイガンの移動要塞ダウネスが地球連邦の攻撃で制御不能となり、意図せず地球へ落下しそうになったが、アセム・アスノゼハート・ガレットの共闘によって爆破・阻止された。

その他作品

ゲームアニメ等の様々な作品で模倣がされている。

スプリガンMark.2

火星軍によるリ・テラフォームプロジェクトの一環で月の軌道変更により地球へと落とすという行為を防ぐべく、地球軍により月面に設置された空間駆動エンジンに向けて無人のコロニーが落とされている。
また、月軌道が変更されてしまったことでラグランジュ点がずれ、多くのコロニーの軌道が外れ、一部が地球へと落下している。

機甲戦記ドラグナー

月面国家・ギガノス帝国マスドライバーを利用し、地球のあらゆる場所へ小惑星による爆撃を仕掛けていた。また、最終話冒頭においては、敗色濃厚のギガノス艦隊がコロニーを落としている。

重装機兵ヴァルケン

小惑星をくり抜いて建造された欧州アジア連邦の移動岩盤要塞アーク・ノバが、同要塞の司令官を務めるゲルツ将軍の独断によって地球へと落下させられる。
ゲルツ将軍が駆るグランビアの妨害を避けつつ、制限時間までにエンジンを全て破壊すれば地球への落着を阻止出来るが、阻止に失敗するとバッドエンドフラグが立ってしまう。

ソニックアドベンチャー2

Dr.エッグマンが彼の祖父であるジェラルド・ロボトニックの建造したコロニー「アーク」に搭載されている光学兵器エクリプスキャノンを利用して世界征服を成し遂げようとするが、その裏に隠されたプログラムにより、アークは塵一つ残さないほどのエネルギーを持った爆弾と化し、全人類への復讐を望むジェラルドの意思により大気圏突入寸前まで進む。しかし、スーパー化したソニックシャドウカオスコントロールにより通常軌道へと戻された。

宇宙戦艦ヤマト2199

アベルト・デスラーガミラスイスカンダルの大統合を実現させるため、帝都バレラスへ向かって宇宙に建造していた第二バレラスの633工区を落下させようとする。更にデスラー砲でヤマトごと行政府を焼き払おうとした。
しかしヤマト波動砲によって633工区は破壊され、デスラー砲もノラン・オシェット森雪の活躍によって発射は阻止された。

ロックマンX5

シグマが、ダイナモと組んで引き起こした一大事件。
手始めにシグマ自身が、大量のシグマウイルスを内包した巨大な頭部をわざとエックス及びゼロに倒させ、地球中に途方もない量のシグマウイルスを散布。これでイレギュラーハンターやメカニロイドの大多数が感染してイレギュラー化してしまい、有事に対応可能な手札が極端に低下。
そこへ追い打ちをかけるようにスペースコロニー「ユーラシア」が地球への落下軌道を取り始め、何の対策も取れなければ16時間後に地球と衝突・最悪の場合何もかもが滅亡するという事態となった。
続編のX6ではコロニーの破壊自体には成功したものの、消し去れなかった大小様々な破片が地球に降り注ぎ大打撃を受けたという設定が定められ、ロックマンゼロシリーズをはじめとしたX5以後の作品背景に多大な影響を与えた。

関連イラスト

コロニー落とし
コロニー落とし



関連タグ

ガンダム 機動戦士ガンダム コロニーの落ちた地で 宇宙世紀 アナザーガンダム
ソーラレイ ソーラ・システム コロニーレーザー アクシズ 隕石 兵器 トラウマ ジェノサイド

pixivに投稿された作品 pixivで「コロニー落とし」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 105132

コメント