ピクシブ百科事典

モビルアーマー

もびるあーまー

モビルアーマーとは、「機動戦士ガンダム」及びその派生作品に登場する局地戦闘用兵器である。
目次[非表示]

概要

モビルスーツとは異なる概念で開発された局地戦用兵器。
作品によってその運用コンセプトは異なるが、その大半が人型から大きくかけ離れたシルエットを持ち、モビルスーツよりも強力な兵器として位置づけられている。
元々は機動戦士ガンダム放送時にテコ入れで投入された、一話限りで退場する「やられメカ」だったが、やがてそれが市民権を得て現在にまで至る。
ほとんどの場合は敵側の機体であり、登場回には主人公がこれらの兵器に苦戦する様子が描かれるが、まれに味方側としても登場する。

宇宙世紀におけるモビルアーマー

元はジオンが開発した大型機動兵器。
汎用兵器であるモビルスーツ(MS)は特定条件下でその性能を充分に発揮出来ないケースが見られ、それに対する解答として単一コンセプトに特化した局地戦用兵器を開発。これがモビルアーマー(MA)となった。
モビルスーツと違って人型である必要が無いため、ビグ・ザムのような大火力・ビグロのような高速性能などモビルスーツでは達成しがたい性能を発揮したが、汎用性・操縦性・運用コストなどでモビルスーツに一歩劣っており、いずれの機種も少数量産されるに留まった。大きさに関してはMSよりも大型なものがほとんどだが、戦闘機や通常のMSと同程度な小型のものや、反対に戦艦すら凌駕する巨大なものもある。
宇宙世紀の延長線上にあるリギルド・センチュリーを舞台としたGのレコンギスタを始め、機動武闘伝Gガンダム機動新世紀ガンダムX∀ガンダムなどの作品においても宇宙世紀における定義とほぼ等しい意味で使われている。

一年戦争後はモビルスーツの汎用性とモビルアーマーの機動性を兼ね備えるために双方の形態を持つ可変モビルアーマーならびに可変モビルスーツも開発されたが、モビルスーツ形態がやや人型を外れたシルエットになっている機体も多い。
なお、可変モビルアーマーと可変モビルスーツはどちらを運用の主軸とするかで呼び分けられており、可変モビルアーマーであるアッシマーを改設計したアンクシャの分類は可変モビルスーツとなっている。

アフターコロニーにおけるモビルアーマー

新機動戦記ガンダムWにおいてはガンダムエピオンに代表される可変MSの変形後の形態の通称として「モビルアーマー形態」の呼称が使用され、それ以外の非人間型機動兵器(キャンサーなど)はモビルスーツに分類される。

コズミック・イラにおけるモビルアーマー

機動戦士ガンダムSEED及び同DESTINYにおいては、メビウスゼロエグザスのような「従来の宇宙戦闘機の延長線上にある汎用戦闘機」の総称として扱われる。
運動性・戦闘性能に優れるモビルスーツの登場により一度は戦場の主役を奪われるが、後にザムザザーのように機体を大型化し可動肢を取り付ける事で格闘戦や拠点防衛等に特化した機体が開発されている。
一方で、バクゥのように「非人型」でありながらモビルスーツに分類される機体も存在する。

西暦におけるモビルアーマー

機動戦士ガンダム00におけるモビルアーマーには、モビルスーツ登場以前の戦闘機や戦車といった旧型の機動兵器の総称と、アグリッサアルヴァトーレ等のモビルスーツ用大型追加装備という二通りの意味が含まれている。特に後者には「MSが纏う武装」という意味合いが込められている。
その後、GNドライヴの普及に伴い、大型モビルアーマーも開発されており、エンプラスやレグナント等が生み出された。
大型モビルアーマーはその後もパイロットのイノベイター能力を発揮させる為の進化を続けており、ガデラーザは「個人で運用される艦艇及びその艦載機」とも呼べる肥大化を遂げている。

アドバンスド・ジェネレーションにおけるモビルアーマー

機動戦士ガンダムAGEにおいてはモビルアーマーという概念は存在しない。グルドリンシドのような非人型・超大型の機動兵器であっても全てモビルスーツに分類される。

ガンプラバトルにおけるモビルアーマー

作品の性質上、本質的な扱いはそれぞれの原作に準拠する。
一作目のガンダムビルドファイターズでは特に大会規定など無く原作においてモビルアーマーとされるものをそのままモビルアーマーとして扱っていたが、ガンダムビルドファイターズトライにおいて行われたガンプラバトル全国大会では「一定サイズ以上のガンプラは形状によらず一律モビルアーマーとして扱い、操縦はチーム3人で1機を担う」というレギュレーションが採用されている。
このため「トライ」8話に登場した大スケールのザメル、16話に登場したヴェイガンギア・Kなどは本来モビルスーツと設定されているものの、ルール上はモビルアーマー扱いでの参戦となっており、逆にトライオンの分離形態などはモビルスーツ扱いとなっている。

ポスト・ディザスターにおけるモビルアーマー

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズの世界観においては約300年前に勃発した「厄祭戦」の発端となった無人兵器として位置づけられている。
量産はされていたようだがガンダム・フレーム同様に一機ごとに違う名前が付けられており、作中で発掘され再起動した機体は「ハシュマル」という個体名だった。
ビーム兵装が一般的でない「鉄血」世界で数少ないビーム兵装を搭載した兵器であり、無人オプション「プルーマ」を随伴させる事で物量戦にも対応するなど、モビルスーツ以上の超兵器としての側面が強調されている。
モビルアーマーに対抗する為に数多くのモビルスーツが開発・生産されており、これが厄祭戦の戦乱拡大の一因となった。
尚、MA討伐者には七星勲章が与えられ、その獲得数が後の統治組織ギャラルホルンを管理運営する七家、セブンスターズの席次を決めているという。

主なモビルアーマー

映像化作品

機動戦士ガンダム
アッザム ザクレロ ビグロ ビグ・ザム グラブロ ブラウ・ブロ エルメス
機動戦士ガンダム MS IGLOO
ビグ・ラング
機動戦士ガンダム 第08MS小隊
アプサラス アプサラスⅡ アプサラスⅢ
機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY
ノイエ・ジール ヴァル・ヴァロ
機動戦士Ζガンダム
アッシマー ギャプラン メッサーラ バウンド・ドック サイコガンダム サイコガンダムMk-Ⅱ
機動戦士ガンダムΖΖ
ジャムル・フィン
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
α・アジール
機動戦士ガンダムUC
アンクシャ シャンブロ ネオ・ジオング
機動戦士ガンダムNT
Ⅱネオ・ジオング
機動戦士ガンダムF91
ラフレシア
機動戦士Vガンダム
リカール ビルケナウ ドッゴーラ
機動武闘伝Gガンダム
ファントマ
機動新世紀ガンダムX
ガンダムアシュタロン/ガンダムアシュタロンハーミットクラブ ガディール エスペランサ グランディーネ フェブラル パトゥーリア
∀ガンダム
ウォドム(MAではないという説もある)
機動戦士ガンダムSEED
メビウス メビウス・ゼロ ミストラル
機動戦士ガンダムSEED DESTINY
エグザス ザムザザー ゲルズゲー ユークリッド
機動戦士ガンダム00
シュウェザァイ アグリッサ アルヴァトーレ トリロバイト エンプラス レグナント ジャーチョー シャオショウ フェイモウツー
劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-
ガデラーザ
ガンダム Gのレコンギスタ
アーマーザガン ジロッド コンキュデベヌス ジーラッハ ユグドラシル ダーマ
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
ハシュマル プルーマ


非映像化作品

ガンダム・センチネル
ゾディ・アック
ADVANCE OF Z
ガンダムTR-6[インレ] ハティ ラクシャサ ビグ・ザムール ヘリオス
機動戦士ガンダム エコール・デュ・シエル 天空の学校
ダーグウェ
ガンダムMSグラフィカ
レイウルス
機動戦士ガンダムF91 フォーミュラー戦記0122
グラン・ザム
機動戦士クロスボーン・ガンダムシリーズ
カングリジョ エレファンテ エレゴレラ ノーティラス ディビニダド エルコプテ カオスレル


ゲーム作品

SDガンダム Gジェネレーションシリーズ
ザク50 量産型ビグ・ザム グロムリン ノイエ・ジールⅡ ゾディ・アック量産型 エビル・ドーガ テラ・スオーノ


関連項目

ガンダム
モビルスーツ
ルナタンク宇宙世紀における最初のモビルアーマー、アッザムのさらに元型となった月面戦車。

関連記事

親記事

ガンダム がんだむ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「モビルアーマー」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「モビルアーマー」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 606667

コメント