ピクシブ百科事典

ライノサラス

らいのさらす

ライノサラスとはゲーム作品「機動戦士ガンダム外伝 コロニーの落ちた地で」に登場するジオン公国軍の試作大型機動兵器(モビルアーマー)である。
目次[非表示]

概要

ジオン軍オーストラリア方面軍が城砦攻略及び拠点防衛の為に開発された試作モビルアーマー。性能や開発経緯については不明な点があるが実は現地で手に入れた部品などで作られたと言うザクタンクなどのような現地改修機らしい。
ホバー走行できる巨大な自走砲みたいな姿だがザクⅡのボディが砲塔部分に組み込まれている。
武装は充実しており両腕となっている大口径マシンガン、ミサイルポッドが2門、後部の機関砲2門、大口径キャノン砲1門とかなり装備が充実しており、非常に高い火力を誇り装甲もある程度厚い。性能も申し分ない上に整備性も良いらしい。
だが所詮は寄せ集めの部品で作られた機体であるためか比較的装甲が脆い所もある上に、冷却システムにも問題があり、長時間の稼働が出来ないと言う弱点を持つ。また長距離砲撃力は高い反面、接近戦にはめっぽう弱い為、護衛のMSが必要。
主武装であるキャノンを連邦軍の大型ビーム砲「バストライナー」に換装したB型と言う機体も存在し、この事からもジェネレーターの出力はかなりのものらしい。そしてキャノン砲装備はA型と言う。

開発経緯は不明だがザクの部品を使っている点何気に名前がアプサラスと似ている事から何か関係があるかもしれない・・・

尚、ライノサラスと言う名前は英語で「サイ」と言う意味。

活躍

最終ステージのヒューエンデン要塞HLV打ち上げ場を死守するべくヴィッシュ・ドナヒューの駆る陸戦型ゲルググと共にホワイト・ディンゴ隊に立ちはだかった。
ゲームの進行によってA型かB型かになる。
小説版ではバストライナー装備のB型が登場した。
またたいち庸作の「機動戦士ガンダム外伝 ザ・ブルーディスティニー」にも登場している。
演習中のモルモット隊を襲撃するがユウの駆るブルーディスティニー1号機に翻弄されて撃破された。

関連タグ

ジオン公国
モビルアーマー
ザクⅡ
アプサラスザクの部品を使って作られた上に名前も似ている・・・
コロニーの落ちた地で

コメント