ピクシブ百科事典

Gジェネレーション

じーじぇねれーしょん

バンダイ・ナムコゲームズから発売されている、ガンダムの面クリアタイプシミュレーションゲーム。 略称はGジェネ。なお略称のほうがHit数は格段に多い。
目次[非表示]

概要

SDガンダムの戦略SLG

ガンダムシリーズ各作品のストーリーを追体験しつつ、自分の部隊を強化したり、『MS図鑑』を揃えたりするF系列と『スーパーロボット大戦』のように各作品間のクロスオーバーや原作にはないIF展開を楽しむギャザービート系列の大きく2つに分かれている。
F系列でも作品によっては一年戦争の経験がある『0083』の登場人物であるアナベル・ガトーや『センチネル』のキャラクターが『機動戦士ガンダム』のステージに登場したりと、設定としてありえる範囲でのクロスオーバーは行われている。
「Gジェネレーション ウォーズ」以降ではそういった垣根は取り払われ、作品のストーリーを追体験を行いつつ任意でのクロスオーバーが行える仕様となっている。

またプレイステーション時代のGジェネのディスク(『初代』『ZERO』『F』)は当時のバンダイビジュアル製ゲームのお約束として音声トラックが収録されており、CDプレイヤーで再生すると、「このディスクをCDプレイヤーに入れてはいけない」という旨の警告メッセージが再生される。それも、数々の名場面・名台詞をオリジナルキャストでパロディしたドラマ仕立てとなっている。
ちなみにトラックは「2」、ゲームデータである「1」を再生するとスピーカーやヘッドホンが破損するためやってはいけない。

作品一覧

前史

SDガンダムの戦略SLGは実に1987年まで遡る長い歴史を持ち、ファミリーコンピュータの『SDガンダムワールド ガチャポン戦士』シリーズ、スーパーファミコンの『X』『GX』『GNEXT』を経て、プラットフォームをプレイステーションに移した1997年の『GCENTURY』に次いで発売されたのが、『GGENERATION』(1998年)である。

ただし『GGENERATION』のゲームシステムは『GCENTURY』を継承したものではなく、1996年に発売されたスーファミターボ用ソフト『SDガンダムジェネレーション』シリーズのものがベースになっている。

トムクリエイト版

Gジェネのメインストリーム。F系列とも。
開発は『SDガンダムジェネレーション』シリーズを手がけたトムクリエイト。

  • SDガンダム GGENERATION(1998年、PS)
  • SDガンダム GGENERATION-ZERO(1999年、PS)
  • SDガンダム GGENERATION-F(2000年、PS)
  • SDガンダム GGENERATION-F.I.F(2001年、PS)
  • SDガンダム GGENERATION NEO(2002年PS2)
  • SDガンダム GGENERATION SEED(2004年、PS2)
  • SDガンダム GGENERATION PORTABLE(2006年PSP)
  • SDガンダム GGENERATION SPIRITS(2007年、PS2)
  • SDガンダム GGENERATION WARS(2009年、PS2)
  • SDガンダム GGENERATION WORLD(2011年、PSP)
  • SDガンダム GGENERATION 3D(2011年、3DS)
  • SDガンダム GGENERATION OVER WORLD(2012年、PSP)
  • SDガンダム GGENERATION GENESIS(2016年PS4 / PSV / Switch)(但し参戦作品は初代UCまで、のちにDLCで閃光のハサウェイが追加)
  • SDガンダム GGENERATION CROSSRAYS(2019年、PS4/Switch)(宇宙世紀オンリーだった前作とは一転、W・SEED・OO・鉄血の4つの世界観に絞られる。なおEW・アストレイ・種死・SG・劇場版OOも収録されている。)

またGジェネの名を冠してはいないが、『SDガンダムエモーショナルジャム』(1999年、WS)もトムクリエイトによるもので、一部では実質的にGジェネの系譜に属する作品とされている。

ヴァンガード版(ギャザビ)

上述の『エモーショナルジャム』のシステムを受け継いだ携帯ゲーム機のGジェネ。
開発は『GNEXT』『GCENTURY』を手がけたヴァンガード。

  • SDガンダム GGENERATION ギャザービート(2000年、WS)
  • SDガンダム GGENERATION ギャザービート2(2001年、WSC)
  • SDガンダム GGENERATION モノアイガンダムズ(2002年、WSC)
  • SDガンダム GGENERATION ADVANCE(2003年GBA)
  • SDガンダム GGENERATION DS(2005年NDS)
  • SDガンダム GGENERATION CROSS DRIVE(2007年、NDS)
なおギャザビ系列は(クロスドライブの出来があまりにも悪すぎたためか)2007年以降新作が出ていない
かつての『GCENTURY』も、ゲームシステム・機体性能等のバランス・グラフィック・原作設定の再現度など、多くの点で酷評されていた。

オリジナルキャラクター

F系列の作品は各作品を追体験するという構成上、ステージには既に『ゲスト』として原作キャラクターが存在するため、自分の育成する部隊にはGジェネのオリジナルキャラクターが配属されることとなる。
立ち絵や細かい設定が存在しないため、想像(妄想)の余地が大きいのが特徴。
代表例としてエリス・クロードマリア・オーエンスクレア・ヒースローなど。
ギャザービート系列の作品はストーリーにおける重要人物としてF系列の作品のものより個性がはっきりしたオリキャラが登場する。個性がはっきりしている分、想像(妄想)の余地は小さく、性質としては「スーパーロボット大戦OG」のキャラクターに近い。
代表例としてシグ・ウェドナーディー・トリエルニケアなど。

外伝の宣伝効果

クロスボーンガンダム閃光のハサウェイなど、Gジェネに出演したことで知名度を大きく上げた外伝作品も少なくない。
事実、「閃光」の主役機Ξガンダムの立体化やクロスボーンガンダムのプラモ化は、Gジェネでの登場の後のことであった。
クロスボーンに至ってはスーパーロボット大戦に参戦するという快挙を成し遂げ、閃光のハサウェイ後年の作品に参戦を実現させた。

名物

  1. 回避不能・ズサのMAP兵器乱射地獄
  2. 核爆発寸前のジャブローからのギリギリ脱出
  3. ガウの空爆地獄
  4. 頭の悪い護衛対象NPC
  5. 必ず背後を突く形で出現する敵増援……というより伏兵
  6. 大量の敵のせいでいつまでたっても終わらない敵ターン
  7. 登場キャラクターの殆どがはっちゃける、フィンガー祭

エトセトラエトセトラ……

オリジナルキャラクター

詳細はGジェネレーションオリジナルキャラクター一覧

オリジナルMS一覧

詳細はGジェネレーションオリジナルMS一覧

関連イラスト

Gジェネガールズ
Gジェネオリキャラ


俺ジェネ的ウォーズブレイク4


Gジェネ真&偽お嬢様タッグ
「Gジェネレーションウォーズ」のネタ&妄想。



関連タグ

機動戦士ガンダム SDガンダム Gジェネ

pixivに投稿された作品 pixivで「Gジェネレーション」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 228306

コメント