ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

フルアーマーガンダムMk-Ⅱ

ふるあーまーがんだむまーくつー

フルアーマーガンダムMk-Ⅱは、雑誌企画『Ζ-MSV』に登場するモビルスーツ(MS)。
目次 [非表示]

機体データ

型式番号FA-178
所属エゥーゴ地球連邦軍
開発アナハイム・エレクトロニクス
生産形態試作機
頭頂高18.5m
本体重量53.2t
全備重量74.3t
出力1,930kW
推力124,500kg
センサー有効半径11,300m
装甲材質チタン合金セラミック複合材(本体)、ガンダリウム合金(増加装甲)
固定武装バルカン・ポッド・システム、ビーム・サーベル×2、グレネード・ランチャー付2連装ビーム・ガン、グレネード・ランチャー、フレキシブル・シールド

概要

雑誌企画『Ζ-MSV』に登場。


型式番号FA-178

ガンダムの強化プランであるフルアーマーガンダムと同様に、ガンダムMk-Ⅱに追加装甲「FXA-03」を装着し火力と装甲を強化するプラン。Mk-Ⅱを鹵獲したエゥーゴに対してアナハイム・エレクトロニクスが提案したもの。

チタン合金セラミック複合材を主な装甲材としていたMk-Ⅱ本体に対し、増加装甲部にはガンダリウム合金が用いられており、防御力を大きく向上させている。また、増加武装として腕部に2連装ビーム・ガンとグレネード・ランチャーを有する他、左肩にはフレキシブル・シールドが増設されている。

反面、スラスター増設による推力向上が重量増加をカバーできる程ではなく、早くから機動性の低下を指摘されていた。

結局、Gディフェンサーによる強化案(スーパーガンダム)が採用されたため実現に至らず、グリプス戦役の時点ではペーパープランに終わっている。


デザインの原型となったのは漫画『プラモ狂四郎』に登場するHCMパーフェクトガンダムだが、こちらでアーマーを纏っていたのはガンダムMk-Ⅱではなくガンダムである。


ゲーム作品での登場の機会にはあまり恵まれていなかったが、『スーパーロボット大戦30』にまさかの登場を果たしている。


バリエーション

フルアーマーガンダムMk-Ⅱ(ヴァースキ機)

漫画『機動戦士ガンダム MSV-R ジョニー・ライデンの帰還』に登場。

宇宙世紀0090年になって、ゴップ連邦議会議長からの依頼を受けたアナハイムによってMk-Ⅱ本体を含めて新造された機体。乗機を失ったヴァースキ・バジャック大尉用の代替機として補充される形で、地球連邦軍ペガサス級強襲揚陸艦「ブランリヴァル」に配備された。

機体はブルーとグリーンカラーで塗装され、海ヘビを追加装備している他、戦闘中にジムⅡと共通のボウワ社製ビーム・ライフルを拾って使っている。ちなみにヴァースキは過去の経験からガンダムに乗る事には複雑な心境だった。


立体物

ガンプラはガレージキットを除けばSDガンダムのみ。アクションフィギュアではGUNDAM FIX FIGURATION(スーパーガンダムと選択式)とROBOT魂で立体化している。


関連タグ

ガンダムMk-Ⅱ

Z-MSV 藤田一己

関連記事

親記事

ガンダムMk-Ⅱ がんだむまーくつー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 836

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました