ピクシブ百科事典

グリプス戦役

ぐりぷすせんえき

グリプス戦役とは、TVアニメ「機動戦士Ζガンダム」作中に於いて描かれた戦争。構図的には地球連邦内部の内紛と言える。

概要

宇宙世紀0087年3月3日から翌年2月22日までにかけてティターンズエゥーゴ、そしてアクシズの三勢力の間で行われた戦争。

事の発端は地球連邦軍特殊部隊ティターンズが拠点とするスペースコロニー「グリプス」から、エゥーゴが最新鋭モビルスーツガンダムMk-Ⅱを強奪した事から始まる。

元々エゥーゴはスペースノイドに対して強権的な姿勢を採るティターンズに異を唱えるべく結成された組織であり、ティターンズに対する不満は組織が結成される以前から存在していた。
当初は宇宙の片隅で起きた反体制勢力とそれを鎮圧する特殊部隊との小競り合い程度でしか無かったが、エゥーゴは地球連邦軍本部ジャブローへ地球軌道上からの直接侵攻を計画。部隊のジャブロー降下こそ成功するものの、この情報を事前に掴んでいたティターンズはエゥーゴがジャブローに侵攻する前に基地施設を秘密裏に移転。ジャブロー地下に設置されていた自爆用核弾頭を使用し、基地諸共エゥーゴの主力部隊の壊滅を図った。
このジャブローの自爆によって戦火は地上にも飛び火する事になり、更にティターンズの情報操作によってエゥーゴ側の物と報道された事から世論はエゥーゴに反発。一方でエゥーゴは地球を活動拠点とする反連邦ネットワークカラバと接触し、協力体制を得る事になる。

その後、ヒッコリー基地やホンコン・シティ、ニューギニア基地での攻防を経て主戦場は月に推移し、ティターンズはフォン・ブラウン市の制圧を狙ったアポロ作戦を決行。一度は市街を制圧するも、発電施設をエゥーゴ側が奪還し、撤退を余儀なくされた。
しかし、時を同じくして連邦議会出席の為に地球へ訪れていたエゥーゴの指導者ブレックス・フォーラ准将がティターンズにより暗殺され、死に際にクワトロ・バジーナことシャア・アズナブルが指名された事で組織に変化が生まれていく。
一方で宇宙での戦闘はグラナダへのコロニー落とし、サイド2・25バンチへの毒ガス攻撃など、エゥーゴに協力的な姿勢を取る宇宙都市への虐殺を厭わないようになるが、これらは何れもエゥーゴによって阻止される。

10月12日、ジオン公国軍残党最大の勢力を誇るアクシズが地球圏に帰還。エゥーゴは彼らの強力を仰ぐべく接触を図るが、エゥーゴを纏めるシャアと、アクシズの実質的指導者であるハマーン・カーンの抱える個人的確執から交渉は決裂。一方で同じくアクシズと接触を図ったティターンズは彼らと手を組む事に成功するが、この時点で「ジオン残党部隊の討伐」というティターンズの大義名分は失われる事になる。
しかし、アクシズと同盟を結んだティターンズであったが、地球最大の要衝であるキリマンジャロ基地を陥落させられ、更にダカールに於いてエゥーゴ側が議会を占拠。ジオン・ズム・ダイクンの遺児と旧ジオンのエースパイロットという二つの肩書から来るカリスマを持つシャアの演説によってこれまで隠されていたティターンズの行いが世に知られる事となり、世論はこれまでテロリストとされて来たエゥーゴ側に一気に傾く。
それに業を煮やしたように、ティターンズはコロニーレーザーに改造したグリプス2を実戦に投入。サイド2・18バンチに向けて発射。立て続けに再度の毒ガス攻撃によりサイド2・21バンチを壊滅させるなど、その行動はより一層過激なものとなっていった。

その後、アクシズはエゥーゴ、ティターンズ間で暗躍するかのように行動。ティターンズの宇宙での拠点であるゼダンの門をアクシズによって破壊し、更にグリプス2を手中に収める事に成功。
一方のティターンズは内乱により組織は混乱。パプテマス・シロッコが実権を握った事で一丸となるも、エゥーゴはメールシュトローム作戦を発動させグリプス2を占拠。最終決戦に於いてシロッコ率いるティターンズ艦隊はこれの砲撃を受けて壊滅。シロッコもエゥーゴのΖガンダムとの戦闘で戦死し、ティターンズは壊滅した。

しかし、この戦闘に於いてティターンズ・エゥーゴ双方は疲弊。特にエゥーゴ側は優秀なパイロットを多く失っており、戦後の主導権は戦力を温存していたアクシズに奪われ、戦いはネオ・ジオンと名を変えたアクシズと、疲弊したエゥーゴとの戦闘を主軸とした第一次ネオ・ジオン抗争へ移行していく事になる。

関連項目

機動戦士Ζガンダム アドバンス・オブ・Z
エゥーゴ ティターンズ アクシズ カラバ
アナハイム・エレクトロニクス

pixivに投稿された作品 pixivで「グリプス戦役」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7322

コメント