ピクシブ百科事典

ブレックス・フォーラ

ぶれっくすふぉーら

ブレックス・フォーラとは機動戦士Ζガンダムの登場人物。

CV:藤堂貴也/石井康嗣(劇場版)

概要

カミーユやブライトなど主人公サイドが所属するエゥーゴの創立者。58歳。
地球連邦軍の准将でありながら、連邦軍内の一派閥として反地球連邦組織を結成した。
描写こそはないものの一年戦争では家族全員を失ってしまったようである。
ジャミトフ・ハイマンバスク・オムとは何かしら因縁があったようであるが、本編では明かされていない。

ティターンズによる30パンチ事件をきっかけにエゥーゴとして軍事行動を起こすようになるが、それまでもあらかじめティターンズに対抗できるよう改革派の軍人などへ地道な根回しをしており、謎の男クワトロ・バジーナと手を組むなどして準備を進めていた。
また、この時クワトロ大尉の正体がシャアであることはわかっていたようである。

グリプス紛争が勃発した際はアーガマの艦長を務め、グリーンノアからガンダムMk-Ⅱを強奪したカミーユをアムロの再来と評し、ニュータイプであることを期待していた。
地球へ到着した際に地球連邦議会で地球の危機を訴え、政治家達の宇宙移民の演説を行おうとした矢先にティターンズの刺客によって暗殺され、死の間際にクワトロ大尉にエゥーゴを託した。
劇場版では暗殺を指示したのはジャミトフではなくバスクだったことを示唆している。

見た目は温厚そうであるがカミーユのが人質になった際バスクの要求を即座に拒むなど信念を優先する固い一面がある。
ただし、創設者という立場ながらも自ら前線に立つなどからクルー達からの人望は厚かった。
第1次ネオ・ジオン戦争でのエゥーゴの官僚と比べたら一目瞭然である。
一年戦争にも参加していたようで小説版でバスクのことを「軍人ではなく政治家。一年戦争を経験していないものが宇宙移民の気持ちがわかるものか」と揶揄している。

関連ダグ

機動戦士Ζガンダム エゥーゴ クワトロ・バジーナ カミーユ・ビダン ブライト・ノア ヘンケン・ベッケナー アーガマ

関連記事

親記事

エゥーゴ えぅーご

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ブレックス・フォーラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2196

コメント