ピクシブ百科事典

アストナージ・メドッソ

あすとなーじめどっそ

アストナージ・メドッソとは、「機動戦士Ζガンダム」「機動戦士ガンダムΖΖ」「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」に登場するキャラクター。ロボットアニメ界にその名を轟かせるメカニックマンの雄である。
目次[非表示]

CV: 広森信吾(現・拡森信吾)

概要

アストナージ・メドッソ(Astonaige Medoz)は、アニメ『機動戦士Ζガンダム』(以下『Ζ』)にて初登場したキャラクター。
エゥーゴの旗艦・アーガマに所属するメカニックマンである。

略歴

一年戦争当時より連邦軍に在籍し、戦艦のクルーとして銃座担当や情報解析、モビルスーツのメンテナンス技術(一部資料ではマグネットコーティング開発にも携わったことになっている)に至るまで、実戦の中で様々なノウハウを吸収していったとされている。
戦後にアナハイム・エレクトロニクス社と関係を持ち、クワトロ・バジーナと出会ったことでメカニックマンとしての才能を開花させていった。

その後エゥーゴに所属し、戦艦・アーガマのメカニックとしてグリプス戦役及び第一次ネオ・ジオン抗争に参加。
『Ζ』ではカミーユ・ビダンのアイデアをアナハイムへ送り、Ζガンダムの完成に携わった。『機動戦士ガンダムΖΖ』ではΖΖガンダムへのビームコーティングや増加装備を施した他、人員不足の際は自らΖガンダムに乗って出撃したこともあり、その活躍は一メカニックの粋を超えている。
技術者としてのプロ意識が高く、ふざけた態度を取るジュドー・アーシタらを叱咤する場面もあったが、シャングリラの少年少女たちの良き兄貴分として慕われており、ジュドーが最後の戦いに赴く際には談笑を交えて見送った。

第一次ネオ・ジオン抗争後はロンド・ベル隊に所属し、ラー・カイラムのメカニックとなる。
その際にパイロットであるケーラ・スゥと恋仲になるも、作戦中にケーラは戦死。
自身も、大破したリ・ガズィで出撃しようとするチェーン・アギを制止しようとした際、ビームの流れ弾で命を落とした。

その他

量産機であるネモリック・ディアスジェガンの他、試作機・ワンオフ機であるガンダムMk-Ⅱ百式、Ζガンダム、ΖΖガンダム、メガライダー、リ・ガズィ、νガンダムなど多彩な機体を整備し、彼のメカニック能力の高さは宇宙世紀ひいてはガンダムシリーズでも指折りとされる。
以降のシリーズでイアン・ヴァスティキッド・サルサミルロウ・ギュールムクレド・マッドーナといった高い技術を持ったメカニック(技術者)が登場するのも、ひとえに彼の存在があってこそであるとも言える。

更に『スーパーロボット大戦』などにおいては、モビルスーツと近似する構造のパーソナルトルーパーメタルアーマーなどに限らず、様々な種類のスーパーロボット、更にはダンバインに代表されるオーラバトラーエヴァンゲリオンなどのような最早機械ですらない生体メカニックの整備までこなし、場合によってはそれらを改造することまである。
特に無限エネルギー神秘のエネルギーなどといった、原作中でブラックボックス的に扱われるものまでいじくり回しているフシがあり、そうであれば彼の技術力は計り知れない。

彼を伝説的な存在にまで押し上げたのは、『スーパーロボット大戦F完結編』における活躍(?)であろう。
ティターンズが壊滅し彼がロンド・ベルに帰還すると、各ロボットの改造段階が大幅に跳ね上がるという仕様になっている。加えて跳ね上がった分の数値はそれ以前の改造段階より高いなど、『F』終盤の鬼畜めいた難易度を戦い抜けるのはひとえに彼の技術の賜物であると言える。

多種多様な機体を整備し続け、シリーズによっては「伝説のメカニック」「メカの天才」などの称号を欲しいままにしており、『スーパーロボット大戦α外伝』ではキッドから「兄貴」と慕われていた。

ゲーム作品での活躍が光る彼であるが、『逆襲のシャア』終盤における彼の死は一見するとわかりづらく、映像を見て気づかなかった者も多い。

関連項目

機動戦士Ζガンダム 機動戦士ガンダムΖΖ 機動戦士ガンダム逆襲のシャア
エゥーゴ アーガマ メカニック

関連記事

親記事

エゥーゴ えぅーご

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アストナージ・メドッソ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12867

コメント