ピクシブ百科事典

フランクリン・ビダン

ふらんくりんびだん

「機動戦士Zガンダム」の登場キャラクター。
目次[非表示]

CV:石森達幸(TV版) 沢木郁也(劇場版)

人物像

主人公カミーユ・ビダンの父親。
地球連邦軍の技術士官で、階級は大尉ガンダムMK-Ⅱの開発者でもある。
家庭を顧みない仕事の虫に加えて家の外に愛人を作っており、同じ連邦軍の技術者で妻のヒルダ・ビダンもフランクリン同様の仕事人間で、夫に愛人が居る事を知っていたが、「仕事の邪魔をされないから」という理由で黙認していたらしく、家庭は事実上崩壊してしまっていた。
また、軍属でありながら守秘義務や機密保持を疎かにしていたらしく、カミーユは彼のコンピュータのデータを盗み見てガンダムMk-Ⅱの操縦方法を把握していたようである。

やめないか!

カミーユがガンダムMK-Ⅱを盗んだことによりティターンズに協力を強制され、妻のヒルダが人質として扱われたあげくに死亡した際にはそれなりに狼狽えていたが、カミーユに皮肉を言われて激高してしまう。

「これで若い恋人と上手くいくね。マルガリータとかってさ…!」
「やめないか!」
「本当のことだろ!」

この後、原因を作ったバスク・オムに詰め寄るが、カミーユとの会話を聞かれていたせいで「愛人にとっては都合がよかったのではないのかね?」と言われて何も言い返せず、周囲からも白い目で見られていた。

TV版と劇場版で多少経緯は異なるが、息子のカミーユが関わった事によってガンダムMk-Ⅱがエゥーゴの手に渡った後、エマ・シーンと共にアーガマを訪れるのだが、そこで見たエゥーゴの新型機リック・ディアスクワトロ機)に興味を惹かれ、連邦に持ち帰ろうと盗み出してアーガマから逃亡した。
しかし、その途中で乱戦に巻き込まれ、カミーユの目の前で乗機が被弾し、脱出するも爆発に巻き込まれて死亡した。
この時、妻が死んだ事に殆ど関心を示さなかったどころか逃亡中に愛人の姿を思い浮かべたり、自分にビームライフルの銃口を向けたカミーユに対して「親に銃を向けるのか!?」と激昂して発砲したり(カミーユは一度も発砲していない)と、家族を顧みない自己中心的な人物として描かれていた。

TV版・劇場版ではまるでいいところのない人物だが、小説版では彼の内心の葛藤についてもフォローされている。

関連イラスト

「 Zガンダム 」 の、産みの親たち・・・
テム・レイのサボテン【withフランクリン】



関連タグ

機動戦士Ζガンダム ヒルダ・ビダン カミーユ・ビダン ガンダムMk-Ⅱ 大尉

pixivに投稿された作品 pixivで「フランクリン・ビダン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1375

コメント