ピクシブ百科事典

ジャマイカン・ダニンガン

じゃまいかんだにんがん

ジャマイカン・ダニンガンは『機動戦士Zガンダム』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

CV:キートン山田

概要

ティターンズ少佐。バスクの腹心で副官にあたる。艦隊指揮から作戦立案までこなし、シロッコの危険性を察知したりするなど人物評価や指揮能力はなかなかだが、バスクなど上官には恐れながら、部下に対して尊大な態度を取ることが多かったため、部下からは敬遠される存在だった。また、独断でコロニーの毒ガス攻撃を行ったり、自分と作戦方針を巡り対立していたライラわざと見殺しにした挙句に、彼女に加勢しようとしたジェリドの出撃を認めなかったりしていたのでジェリドやヤザンからは目の敵にされていた。ガンダム界において無能な腐敗軍人の代表格としても知られる。
最期は軽蔑していたヤザンを巻き込む攻撃を承知で行ったため、ヤザンの怒りを買い、彼の謀略によりスーパーガンダムのロングライフルがアレキサンドリアのブリッジに直撃という自業自得な形で戦死した。戦死後はガディからジャマイカンのせいでアレキサンドリアが戦功を立てられなかったと言われる始末である。劇場版では戦死シーンが無くいつの間にか姿を消している。サラアーガマに侵入した時ジャマイカンのやり方に耐えられないから脱走したとカミーユに言い訳していた。(劇場版を元にした漫画版では、シロッコの口からコロニー落下時の隕石がぶつかって潰されたと語られている)
ニュータイプに関しては、「ビデオ屋の創作物」と否定的である。
劇場版では登場場面が大幅に減らされており、先述の通り途中からフェードアウトしてしまう。はっきり言って影も頭髪も薄い中間管理職といった扱いである。

人物関係

ブライト・ノア…バスクのやり方に苦情を言いに来た彼を慰める・・・ふりをして彼の弱みを握ろうと目論んでいた。
パプテマス・シロッコ…意見が最も合わなく、彼にほぼ論破される。
ヤザン・ゲーブル…命辛々帰還した彼に対し、「あれだけ大口言っていながら、逃げ帰ってきたのか」とほざいていた。上司に対し不快感を露骨に出すヤザンと部下の態度に激怒するジャマイカンとは相性が最も最悪であった。


関連タグ

機動戦士Zガンダム
バスク・オム
ジャミトフ・ハイマン
ジェリド・メサ
パプテマス・シロッコ
無能

pixivに投稿された作品 pixivで「ジャマイカン・ダニンガン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2773

コメント