ピクシブ百科事典

エキドナ(リゼロ)

りぜろのえきどな

「Re:ゼロから始める異世界生活」に登場する『強欲の魔女』。
目次[非表示]

「ボクの名前はエキドナ。『強欲の魔女』と名乗った方が通りがいいかな?」

プロフィール

年齢享年十九歳
誕生日1月24日


人物

尽きぬ知識欲を持つ『強欲の魔女』。白髪に喪服のような服を纏った女性。四百年以上前にサテラによって滅ぼされた魔女の一人であり、現在は魂のみの存在として墓所にとどまっている。第四章にて墓所の試練に挑むスバルの前に現れる。

自身のことを「ボク」と呼ぶが、本来の一人称は「ワタシ」。スバルの能力を知り、友好的に接してくるが、その人格や価値観は常人とはかけ離れている。自らの知的好奇心を満たすためならば何であろうと利用する悪辣さを持ち、嘘や情報操作も厭わない。

パックベアトリスの出生に深く関わっている存在。
他の魔女たちと違い、嫉妬の魔女に対して憎悪を抱いており、エミリアに対しても嫌悪を顕にする。

当初、スバルは彼女を「軽々しくて受け入れやすい、付き合いやすい奴」と感じていたが、その本性を見て考えを改め、「他人の感情が理解できない奴」であると評された。

感情表現が怒りにしても喜びにしても「薄っぺらい」らしい。

経歴

あまり有名ではない。が、最も歴史に干渉した魔女と他の魔女からは評される。その際限なき知識欲は、ある意味愛情でもある?のかもしれない。

「アヤマツ」ルートではナツキ・スバルと契約(ここ重要)し、これによって「アヤマツ」のスバルは大切な人たちの「命」以外をないがしろにするようになってしまう(生きてさえいればいつかどんな傷でもよくなるという考えから)。

400年前は目的(詳細不明。世界救済?)を一人で果たせないと自覚し、扇動者(フリューゲル?)と同盟を結び、天剣(初代剣聖レイド)に戦場(エキドナを狙う者たち?)を与え、龍(おそらく龍神ではない?)と取引を行っていたらしい。


 ――女、一人の女がいた。


 女は全てを憂えていた。人を、争いを、世界を、あらゆる全てを憂えていた。
 女には全てが小さく見えた。何もかもが、誰もが、守るべき幼子に思えた。

 腕を振るえば千々に散る、そんな人々や世界を支配することは容易い。
 しかし、女は自らの腕を支配ではなく、庇護のために用いようと、そう決めた。

 女の孤軍奮闘が始まった。それからの試行錯誤は、女にとっても易くなかった。
 人を導くのも、人を結び付けるのも、人を手助けするのも、人に助言するのも。
 いずれも、女一人だけでは及ばない。手が届かない。為すべきことに、至れない。

 女は初めて、自分の力不足を呪うこととなった。
 危難が見えても、手が足りない。窮地に陥っても、救えない。その、力不足を。
 目の前は届いても、届かぬ距離は埋められない。何もかもが見通せても、すでに起きた出来事は変えられない。はるか先の災厄に、対処するための命がない。

 力はあると、信じていた。それは願いには大きく届かなかった。
 知恵はあると、驕っていた。それは望みを辿るための道を示さなかった。

 故に女は絶望する。己の力不足への呪いを、ひたすらにひたすらに練り上げる。
 ありとあらゆる悔悟に打たれ、他者の嘆きに無限に引き裂かれながら。

 やがて女は理解する。不可能だ。無理だ。できないのだと。
 これは女一人の手に余る、願うことすら不相応でしかない、大願であったのだと。

 それを知った。理解があった。不可能を思い知った。――だが、諦めはしない。

 一人で足りぬのならば、数を増やせばいい。
 単独でなければ、同じ願いを持つものを集めれば、届かぬ願いへ手が届く。

 頭が冴え渡る。見えなかったものが見えるようになる。
 届かぬ嘆きを、救えぬ悲劇を、繰り返される残酷を、この願いで摘み取ろう。

 扇動者と手を組み、天剣に戦場を与え、龍と取引きして、大願へと突き進む。

 いずれ至るだろう、悲願の結論。
 やがて訪れるはずの、誓願の顛末。
 いずれ、やがて、必ず来る、大願の成就――。

「救う。救ってみせる。救う道が見える。――救う道を、識っている」

 その過程でどれほど傷付こうと、失おうと、諦めることだけは放棄する。
 扇動者が消え去り、天剣が笑みを忘れ、龍が遠き空へと飛び去っても、諦めない。
 最初の賛同者をなくしても、足取りは途絶えない。女はもう、一人ではない。

「あるはずなんだ。あったのを識っているんだ。――識りたいんだ」

 無数の躯に舗装された道を歩く。数多の命を犠牲にした、大願の成就を目指す。
 いずれ、全ての涙に手が届くはずなのだ。そうしたとき、わかる世界がある。

 そうなって初めて、原初の願いに届くことができる。
 だから、それを求めて、必死に、女は耐え難い痛みに耐えて、もがき続ける。

 ――『強欲の魔女』は届かぬ願いに身を焦がし、自身の強欲に血を流し続ける。

(Re:ゼロから始める異世界生活 第六章30 『二層攻略反省会』より)

関連タグ

Re:ゼロから始める異世界生活 サテラ(リゼロ)

pixivに投稿された作品 pixivで「エキドナ(リゼロ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 432704

コメント