ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

Fate/strangefake

ふぇいとすとれんじふぇいく

『Fate/strange Fake』とは、成田良悟による『Fate/stay night』の二次創作から発展したスピンオフ作品である。
目次 [非表示]

夢の続きか、あるいは果て無き煉獄か

それは、偽りだらけの聖杯戦争──。


概要編集

TYPE-MOON発表の「Fateシリーズ」の1つ。

Fate/stay night』から数年後の「偽りの聖杯戦争」を描いたスピンオフ小説。


小説版の作者は『BACCANO!』や『デュラララ!!』等で有名な成田良悟氏。

小説内の挿絵担当及びコミックス版の作者は、イシュタルトリスタンのキャラクターデザイン担当の森井しづき氏。

既刊は小説版が9巻、コミック版が5巻。


今作が誕生するまで編集

元々は、2008年のエイプリルフールに成田氏が自身のホームページに掲載した「もしも聖杯戦争にギルガメッシュエルキドゥが召喚されていたら」というテーマの二次創作作品『Fake/states night』であった。


だがTYPE-MOON公式がこれを認知し、2009年発売の『TYPE-MOONエース』Vol.2に別冊付録として加筆収録された事で、正式な外伝作品となった。

このプロト版の時点では「架空のゲームのプロローグ」という体裁であったが、読者からの評判も良く、「早く続きが読みたい」「読みたいけど入手が難しい」といった声が多く出た。


そして、2014年7月27日の「Fate project最新発表会」にて、電撃文庫から正式発売されることが発表。この時にタイトルがfを大文字にした『Fate/strange Fake』に変更され、同時にTYPE MOON BOOKSよりコミックス版が刊行されることも決定した。


特徴編集

複数の陣営を同時進行で動かし、一点に集約させる群像劇を得意とする作者なだけに、登場人物数は大量。パワーインフレもすさまじい。


奈須きのこ氏曰く「『stay night』とは同じ条件、同じ結末を迎えていながら、なぜか完全に違う世界」(電撃文庫小説版第1巻の"解説"コーナーより抜粋)。

そして『Fate』シリーズと『月姫』の2つの間にある特殊領域(『ロード・エルメロイⅡ世の事件簿』6巻後書きより)。


本編を始めとする様々な『Fate』のキーワードやキャラクターに触れ、更には『月姫』『空の境界』等の世界観を共通する作品をも取り入れるなど、ディープな型月ファンには堪らないストーリーとなっている。


また「連載15周年突破記念【氷室の天地】公式同人誌」にて語られたところによれば、世界線が完全に一致しているわけではないが、『氷室の天地』ともかなり密接にリンクしていると言われているため、そちらも是非読んでみてほしい。

リアルタイムの歴史的発見や、『Fate/Grand Order』本編やマテリアル等の更新もあわせ設定に取り入れている。


『Fate』シリーズでほぼ共通している”Fate”部分のタイトルロゴが初代をはじめとする関連作品と大きく異なるフォントになっており、代わりに偽典という点を強調する為か”Fake”部分のタイトルロゴが所謂”Fate”ロゴのフォントに近くなっている。


また『FGO』にて成田氏が執筆したエルキドゥ幕間は、7章『絶対魔獣戦線バビロニア』の実質的なエンディングや今後のシナリオへの伏線、本作へのリンクが提示される等、盛り沢山の内容となっており必見である。


上記の通り、シリーズ中最も群像劇要素が強い作品だが、成田氏のインタビューによると主人公はセイバー陣営、偽アーチャー陣営、シグマ陣営と考えて執筆してるという。


世界観編集

上記の通り、本作はタイトルに"Fate"を冠しているものの、『Fate』と『月姫』の2つの間にある特殊領域である。

そのため、「英霊がサーヴァントとして使役できる」Fate世界と死徒二十七祖を結成できるほどの力を持つ」月姫世界の2つの要素が両立するどっちもアリの世界である。

ちなみに、『FGO』はFake世界とは似て非なるどっちとも言えない世界とのこと。


成田氏のX(旧Twitter)によるとFake世界は「個々の歴史の事件の過程が正史とズレているのに結果はほぼ同じ」という世界線であり、その積み重ねがFake世界を生んだとのこと。

これは敢えて基本的な伝承以前の記述から来る仮説や与太(監修の段階で「通説や正史とは違いますけど大丈夫ですか」と御指摘いただいているもの)に沿っていたり、新しく発掘されたものをライブ感で取り入れたりしているため。故に実際の歴史や『SN』、『FGO』の歴史とズレがあったり、『SN』や『FGO』の描写と異なる部分があるという。


ストーリー編集

第五次聖杯戦争から数年後、アメリカ西部ネバダ州に位置する地"スノーフィールド"にて聖杯発現の予兆が見られた。


魔術協会の調査の結果、これは何者かがオリジナルの聖杯戦争の技術を模倣した「偽の聖杯戦争」であるらしいことが判明。不完全な模倣ゆえにシステムには欠陥が存在し、在るはずのクラスが欠け選ばれるはずのないサーヴァントが呼び出される。


そしてアメリカのとある国家機関の思惑により、都市の外からも多くの魔術師達が流れ込む。


登場人物編集

サーヴァントとマスター編集

偽アーチャーティーネ・チェルク
CV:関智一CV:諸星すみれ
ギルガメッシュティーネ
冬木の聖杯戦争にも現れた、かの英雄王。エルキドゥの存在を感じ取り、珍しく慢心せずに本気となる。スノーフィールド先住民の長を務める魔術師。聖杯戦争を潰して外部からの魔術師を追い出し、先祖の土地を奪還するために参戦する。
偽ランサー銀狼
CV:小林ゆう
春僕のマスター
神に作られた人形。英雄王の唯一無二の存在。遥かな時を超えた現代で、ギルガメッシュと再び出逢えて歓喜の歌を唄う。本来はエジプトの「」を喚ぶための召喚触媒として製造された合成獣(キメラ)。そのため厳密にはではないし、固有の名前もない。
偽バーサーカーフラット・エスカルドス
CV:堀内賢雄CV:松岡禎丞
偽狂陣営バーサーカー陣営
普段は声だけで姿が見えない。性格はバーサーカーとは思えぬほど常識人。ロード・エルメロイⅡ世の最古参にあたる弟子で、色々と残念な天才。だが、どこか不穏な言動も……?
偽キャスターオーランド・リーヴ
CV:森久保祥太郎CV:羽多野渉
無題署長
“伝説を上回る伝説を作り出す”能力を買われて、英雄王に対抗するための贋作宝具を造らされている。スノーフィールド市の警察署長。この「偽りの聖杯戦争」を仕組んだ側の1人。
偽アサシンジェスター・カルトゥーレ
CV:LynnCV:橘龍丸
【Fate/strangefake】アサシンMr.&Mr. セルバンテス
黒いローブを纏った狂信の暗殺者。「聖杯戦争そのもの」を破壊するために行動する。世の中に退屈する死徒
偽ライダー繰丘椿
CV:古賀葵
ネタバレ注意 Fake偽ライダーひとりぼっち
およそ英霊とは思えない異様な存在。人々を苦しめるとしてマスターの夢と現実で暗躍する。病院で昏睡状態のまま眠り続ける10歳の少女。

偽/真サーヴァントとマスター編集

セイバー
CV:小野友樹
Cœur de Lion
主催者側にとって聖杯戦争を偽りから真実へと逆転させる橋渡しのために、本来空席であったセイバーのクラスとして用意された英霊。偶然魔力のパスが繋がったアヤカを保護すべく行動するが、その過程で破天荒な行動を繰り返している。

アヤカ・サジョウ
CV:花澤香菜
no title
日本からスノーフィールド市へやってきた旅行者。主人公のひとり。年齢は10代後半ほどで、髪を金色に染めた眼鏡をかけた人物。右手・右肩・背中・左肩・左手に令呪のようなタトゥーを持つ。『Fate/hollow ataraxia』の冒頭で語られた「蝉菜マンションの赤頭巾」に登場するA氏と見られる描写があるが正体は不明。偶然パスの繋がったセイバーと共に聖杯戦争に巻き込まれる。

真サーヴァントとマスター編集

真アサシンファルデウス・ディオランド
CV:榎木淳弥
幽弋のハサンファルデウスとハサンのお話
ファルデウスに「人殺しをしてでも自らの信念を貫く覚悟はあるか」と問いかける。EXランクの気配遮断と影に同化するスキルを持つ文字通り闇に溶け込む暗殺者。繰丘夫妻やオーランドらと共に偽りの聖杯戦争で暗躍する魔術師。ランガルの弟子として時計塔に入り込んだ「組織」の人間。外見は20代半ば。合衆国に属する公務員。魔術協会を挑発し、偽りの聖杯戦争の開始を宣伝した。
真アーチャー/アヴェンジャーバズディロット・コーデリオン
真弓作品募集中
2mを超える痩身の体に頭頂部から前後を布で隠している男。神気を漂わせる布の形状をした宝具を持つ。によりその魂を歪められ、アヴェンジャーとしての側面も持つ。マフィア組織「スクラディオ・ファミリー」の幹部を務める魔術師。表向きは産廃処理会社の社長。ピアノが弾ける。
真ライダードリス・ルセンドラ
真ライダー作品募集中
健康的な色の肌、後頭部に結い上げた髪の若い女性。真アーチャーを「外道」と呼び憎悪の念を向ける。女性魔術師。ファルデウス達には非協力的。ライダーを「ポルテちゃん」と呼び、仲は良好な様子。
真キャスターフランチェスカ
CV:内田真礼
Francois Prelatiセンシティブな作品
少年のサーヴァント。召喚者と同一人物であり、その悪辣な趣味嗜好も同一である。偽りの聖杯戦争を開催した側に立つ1人で、見た目は10代半ば程の少女。ジャンヌ・ダルクと同じ時代に生きたかのような口調で話し、オーランドからは「老害」と警戒されている。セイバーとして「アルトちゃん」とあだ名で呼ぶサーヴァントを呼び出そうと目論んでいたのだが…。
ウォッチャーシグマ
Fate Log 9Fakeシグマろぐ
エクストラクラスのサーヴァント。真ランサーの代わりの立場。数多の影法師が代わる代わる現れる謎の存在。ウォッチャー本人が姿を表すことはない。フランチェスカに雇われた若き魔術使いの傭兵。今回の聖杯戦争におけるイレギュラーとして戦いに飲み込まれていく。
真バーサーカーハルリ・ボルザーク
作品募集中ハルリ・ボルザーク
四本足の蜘蛛と化した獅子の姿をした機械人形の姿をしたサーヴァント。自身を贄とする黒魔術専門の魔術師。聖杯への願いは「魔術社会」への復讐。『Fate/zero』に登場したオッド・ボルザークの孫娘。

スノーフィールド内編集

二十八人の怪物(クラン・カラティン)

ケルト神話においてクー・フーリンと相まみえた戦士の名を冠する、魔術師でもあるスノーフィールド警察の警官達によって構成される組織。総勢30名程度。彼らは警官の制服と装備に加え、偽キャスターが作成したと思われる宝具を持っている。


ジョン・ウィンガード

クラン・カラティンの一員を務める青年。戦闘により右腕を失うが偽キャスターの宝具により強化される。


ヴェラ・レヴィット(CV:東城日沙子

クラン・カラティンの一員の女性。オーランドの秘書の役目も勤めている。


繰丘夕鶴(CV:細川祥央)とその妻(CV:藤田曜子

本来の「聖杯戦争」から技術を掠め取った者たちの一画を担う魔術師の夫婦。

娘の椿をとある”蟲使い”の魔術体系に独自の改変を施し、一族が南米で採取したものを改良した「細菌」の最初の献体として魔術回路を増幅させたが、細菌の一部が暴走したために椿は意識を失ってしまう。しかし2人が心配したのは魔術師の母体としての安否のみだった。偽りの聖杯戦争においては始皇帝を召喚しようとするが、その直前に偽ライダーによって椿の望んでいた生活をトレースするだけの生き人形にされた。

その後実は生き人形にされていた間の記憶も持っていたと判明。その上でぶれることがない彼等の言動と行動がシグマの目的を決定づける一助となった。


アメリア・レヴィット(CV:北原沙弥香

椿の主治医。ヴェラ・レヴィットの姉。魔術の才能は無かったようで医術の道に進んだ。操丘夫妻の言動を精神的な疲労かと推測しつつ、医者として椿のことを見捨てないと誓うなど真っ当な人物で、妹との仲も良好。


アルドラ

ファルデウスの部下の女性。コールズマン特殊矯正センターの地下にあるオフィスで、他の同僚たちとともにスノーフィールドの監視を行っている。


魔術協会編集

ロード・エルメロイⅡ世(CV:浪川大輔

落書きまとめ

時計塔の名物講師であり、フラット・エスカルドスの師。

彼の引き起こす天災的なトラブルで日毎胃にダメージを受けている。本来ならば放り出して構わないフラットを「中途半端で放り出せるか」と律儀に受け持ち続けている。偽りの聖杯戦争に出場したいと望むフラットを諫めようとするが、偽りの聖杯戦争に「偽アーチャー」が召喚されているとの写真を見て大きな衝撃を受ける。

フラットのバックアップとして持ち前の推理力で「偽りの聖杯戦争」へ介入していく。


グレイ

グレイ

エルメロイⅡ世の内弟子。二十代程に成長した姿で登場。漫画版には登場しないが、アニメ版では登場した(ただし、外見は幻術用の礼装であるブローチによって『事件簿』のまま)。


ランガル(CV:咲野俊介

時計塔に所属する老魔術師。協会の間諜で有名な人形師でもある。

聖杯がアメリカ合衆国という若い国に顕現することを不快に思っている。


ロッコ・ベルフェバン

時計塔に存在するロードの1人だが、時計塔を空けているユリフィス学部長の代理に過ぎないため、ロードたちの中では肩身の狭い思いをしている。そういった境遇が似ている事があり、エルメロイⅡ世とは親交がある。いわゆる保守派の魔術師であり、現代文明についての知識はほとんど持たない。


聖堂教会編集

ハンザ・セルバンテス

ハンザさん

偽りの聖杯戦争の監督役としてスノーフィールドへ赴く。聖堂教会・第八秘蹟会に所属する代行者で、30代半ばほどのスパニッシュ系男性。右目には派手な設えの眼帯をつけている。カジノへ入り浸るなど普段の素行はあまりよくない。20年前にディーロ神父に保護され、後にデルミオ・セルバンテスの養子となった。山育ち。

「カルテット」と呼ばれる4人の若い修道女を引き連れている。


デルミオ・セルバンテス

ハンザ・セルバンテスの養父。ディーロの紹介で孤児だったハンザを引き取り、自身の武術をハンザに伝えた。


ディーロ

20年前に孤児であったハンザを引き取った老神父。心優しい穏やかな人物で、出自から迫害されがちだったハンザに親身に接した。

『hollow ataraxia』にも名前だけが登場していた。


スクラディオ・ファミリー編集

ガルヴァロッソ・スクラディオ

裏社会で名を馳せるスクラディオ・ファミリーの当主。本人は何の魔術知識、素養を持たないが国内外の事情のある魔術師を保護し最善の環境を与えることで彼らの自発的な協力を得て、裏社会で皇帝ともいえる権力を手に入れた。ガルヴァロッソというのは偽名であり、神聖ローマ帝国皇帝フリードリヒ一世の渾名、バルバロッサと本名をかけているのではないかといわれる。そんな名前を名乗っているためか神聖ローマ帝国をアメリカに再現するなどと公言している。


???編集

フィリア

フィリア(■■■■■)

アヤカが冬の城で出会い、そこで令呪を押し付けられたことで、この聖杯戦争に巻き込まれる羽目になった原因の人物であり、どこかあの2人を彷彿させる容姿の白い髪と白い肌の女性。「第5次聖杯戦争の結末を改変するため」、偽りの聖杯を奪おうと画策しているようだが…?英霊以上の「何か」に乗っ取られる特級のイレギュラーと化す。


その他編集

キシュア・ゼルレッチ・シュバインオーグ(CV:沢木郁也

カレイドスコープ

現存する魔法使いの1人であり、第二魔法の使い手。また死徒二十七祖第三位でもある。魔術協会にも通じており、大きな影響力を持つ。「偽りの聖杯戦争」をよりよい到達点に導く為に、観測(介入)を行う。


コーバック・アルカトラス(CV:岸尾だいすけ

死徒二十七祖第二十七位。珍しい「ケータイさん」名義ではない真面目な出番。古めいたダイヤル式の電話越しに登場。ゼルレッチと共に「偽りの聖杯戦争」に観測(介入)を行う。


ヴァン=フェム

死徒二十七祖第十四位であり、財界の魔王とも称される大魔術師。エスカルドス家とは古い付き合いがある。


藤村大河

冬木市の穂群原学園の教師かつ弓道部顧問。怪談話が苦手であり弓道部で「蝉菜マンションの赤ずきん」の怪談をしていた部員を叱りつける。


シャルル・ノディエ

偽キャスターが生前に知り合ったフランスの小説家。死徒の目撃体験を持っており、吸血鬼というものに並々ならぬ拘りを持っていた。


沙条綾香

時計塔で一時期エルメロイ教室に所属していた生徒。今現在はルーマニアにいる模様。アヤカとの関係性は不明。


サンジェルマン

フランチェスカをギャフンと言わせたことがあるという人物。魔術世界において只者ではない者達の1人として数え上げられ、セイバーの過去に関わる貴族であり詐欺師を自称する男。


ツークツワンク

ユグドミレニア一族傘下の魔術集団。東欧のエインスカヤ家が生み出した戦闘部隊であり、「王」と呼ばれるリーダーの魔術刻印を分割し、部下である「兵士」の体に埋め込むことで「王」と同じ位階まで能力を引き上げる特殊な魔術を使用する。


ハルリの後継人

カラスを携えた幼い少女の姿をした魔術師。老成した喋り方から見た目通りの年齢ではないと思われる。フランチェスカについて少なからず知ってるらしい。

アニメ版『事件簿』に登場した魔眼列車の乗客に彼女らしき人物がいるが詳細は不明。「八咫烏」の異名を持つらしい。


エイプリルフール版のキャラクター編集

「プレイヤー」

架空のゲームの主人公。欠けている「剣士のサーヴァント」を補完する存在。年齢は10代後半から20代半ば。性別は男かもしれないし、女かもしれない。魔術師でも超能力者でもない。

サーヴァントとしてペルセウスイアソンスカアハヒュドラスキュレー董白…等十数種の中から5体を選択、令呪1つ当たり30分の持ち時間で「1体6分ずつ5回」や「5体まとめて6分」等のフレキシブルな運用が可能。

なお、ヒュドラは『FGO』で大型エネミーとして登場しているが、上記のヒュドラはそれらのヒュドラの原典に当たるギリシャ神話のヒュドラの事を指しているものと思われる。


アニメ編集

年末特番『Fate Project大晦日TVスペシャル2019』において放送された。アニメーション制作はA-1 Pictures。テーマ曲はSawanoHiroyuki[nZk]:Yosh(澤野弘之)の「BELONG」。

本編のアニメ化ではなく作品紹介CMであり、『Fate/Prototype』に近い。



その後、2022年にTVスペシャルアニメーション『Fate/strange Fake -Whispers of Dawn-』の制作が発表。スタッフはCMからの続投で、英語吹替版も同時公開される。

当初は同年大晦日の年末特番での放送を予定していたが、制作上の都合により延期となり、当日公開された一部映像と共に2023年夏の放送予定が発表された。

7月2日にTOKYO MXとちぎテレビBS11群馬テレビで放送。ABEMAニコニコ生放送では最速放送局と同時配信。なお、直後には『藤丸立香はわからない』のセレクション放送も行われる。

さらに放送直前にTVシリーズ化する事が発表された。



また、このTVスペシャルアニメーションの記念すべきファーストビジュアルが、セイバーが警察に逮捕されるシーンであったため、原作未読者からは気づかれなかったが、原作既読者からは「キービジュそれでいいの!?」と物議を呼んだ。タイ━━━━||Φ|(|゚|∀|゚|)|Φ||━━━━ホ!!!


公式PV編集


余談編集

『Fate』シリーズの中でも戦いの規模が大きい(サーヴァントのみならずマスターも含め)。全部ガス会社のせい


成田氏は1巻あとがきにて「全5巻を予定している」としていたが、プロットを読んだ菌糸類は「たった5巻で終わると思っているのか?」と発言するように長編ストーリーが予想されていた。実際に4巻あとがきにて「全5巻と言ったなアレは嘘だ!」と5巻以上の発刊が宣言される。知ってた

Fate/Apocrypha』の東出祐一郎氏も自身のツイートで「10巻でも完結は無理なのでは無いか」と懸念を示している。


なお、作品がまだ未完である為か、現時点では『Fate/Grand Order』に登場しているサーヴァントは、ギルガメッシュエルキドゥ(+彼女)のみであり、コラボイベントも難しいと目されており、作者の成田氏も完結するまでコラボの予定はないと示している(この発言は「完結しない限りFGOサイドとしてもコラボは難しいだろう」という意味合いであり、完結まで『Fake』のサーヴァントが『FGO』に絶対に登場しないという意味ではない)。

ただし、出典の完結を考慮しなくても構わない『ちびちゅき!』には本作品のキャラクターが多数出演している。


『strange Fake』は、『Fate/Zero』のエイプリルフール作品『戦車男』と同じエイプリルフール出身の作品であるからなのか、『戦車男』に作者である成田氏がエルキドゥの相棒の白い犬として登場し描かれていたり、ギルガメッシュとエルキドゥの喧嘩をアメリカ聖杯戦争と呼称されていたりする。


関連タグ編集

TYPE-MOON Fateシリーズ スピンオフ 小説 コミカライズ

聖杯戦争 アメリカ合衆国 偽典


外部リンク編集

関連記事

親記事

Fateシリーズ ふぇいとしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11264553

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました