ピクシブ百科事典

TOKYOMX

とうきょうえむえっくす

TOKYO MXは東京都を放送対象地域とする独立局。東京メトロポリタンテレビジョンが正式名称である。
目次[非表示]

概要

東京都域の独立局として設立。
正式社名は「東京メトロポリタンテレビジョン」。
1995年開局当初の呼称は「MXTV」だったが、その後、「東京都のテレビ局」をアピールするために「東京MXテレビ」に改称。2006年から現在の「TOKYO MX」になっている。
局のキャラクターである「ゆめらいおん」はアーティスト村上隆氏が考案したもので、オープニング・クロージングやCMで見ることができる。
テレ玉テレビ神奈川などの他の関東の独立局やキー局のテレビ東京と同様、深夜アニメに恵まれている。最近ではTOKYOMXで放送されるアニメが多くなっている為か、テレビ東京とTOKYOMXが映ればかなりの作品をフォロー出来る程。
また深夜枠に限らず、4大民放ではほとんど放送されなくなったプライムタイム枠(主に19時~20時と、22時~23時)でのアニメの放送(再放送枠を含む)が充実しているのも特色のひとつである。一方で放送終了したのにも関わらず、数ヵ月後には何事もなかった様に別時間枠で放送開始もする作品が多かれ少なかれ存在する。
(中には、放送終了後の翌週から別時間帯で再放送したケースも存在するだけでなく、他局で放送終了→その数週間後にTOKYOMXで放送と言う作品も存在)

ちなみに、同局は民放局の中で唯一東京都が出資しているテレビ局でもある。

コールサイン・チャンネル

コールサインJOMX-DTV
チャンネル20ch(東京デジタル)
リモコン番号9

主な制作番組

  • TOKYO MX NEWS
  • 5時に夢中!/5時に夢中サタデー!(後者は2014年3月末で放送終了)
  • ゴールデンアワー
  • TOKYO BOY
  • 東京の窓から(都知事(当時)の石原慎太郎が司会を務めた)
  • 東京レイヴンズ(土曜には再放送もあったのだが、その時間帯は午後6時30分に)
  • 怪盗ジョーカー(プレスリリースでも番組をアピールする等の力の入れ方が違う)
  • BanG_Dream!(本放送中に一挙放送特番、ニチアサ枠での再放送、それを含めても放送枠が優遇されている)


諸々話

技術的な話

  • アナログ時代東京タワー親局が使用していた物理チャンネル14chはかつてNHKが東京と大阪でUHFテレビジョンの実験局を開設していた時に使用していたものだった。
  • コールサインJOMXNHKラジオ第2放送延岡中継局に割り当てられていた。更に遡ると株式会社福島テレビ(現在の福島テレビ株式会社とは別)が取得していた。
  • 関東の独立局の中でデジタル出力3kwは大きい部類に入る。これは多摩中継局と東京タワーの電波が混信することが懸念されたため、多摩中継局をデジタルで置局しない事が決定されたため。
  • 送信所がスカイツリーに移転後、スカイツリーを中心に直径100kmのエリアを受信の目安としている。
  • 2014年4月より24時間マルチ編成を開始した。メインチャンネルの091チャンネルは通常の番組をハイビジョンで、サブチャンネルの092チャンネルではドラマやスポーツ中継の延長戦、大井競馬中継(TCK)などを放送している。普通マルチ編成を行うとハイビジョンでの送出が出来なくなるが、MX曰く「圧縮技術の向上によりハイビジョンとSDの編成を可能にした」とのこと。
    • しかしマルチ編成のしわ寄せが来ているようで、例えばtvkなどでも放送されている映像と比較するとその差は歴然としている。
  • 小笠原諸島や伊豆諸島は東京都であるから当然視聴できる。小笠原諸島までの中継は八丈島にある八丈中継局の電波を八丈島島内で受信し、海底ケーブルで小笠原諸島まで伝送される。八丈アナログ中継局が開局した時は特番を組み、青島幸男都知事(当時)が番組内で挨拶をした。この時「(中継局の映像は)ウチのテレビより映りがいい」と持ち上げた。(青島幸男の自宅は都心にあったため、ゴースト障害が出ていた。)

番組編成的な話

  • 深夜アニメは東京の周辺地域でもここさえ映れば問題ないと断言できるまでになってしまった。関西地方はMBSで関東地方はTBSではなくTOKYOMXで放送される作品も増えている為、アニメ放送ではテレ玉テレビ神奈川チバテレビよりも後発なのだが…ほぼアニメ専門チャンネルと言われる位にはアニメの比重が増えているのは事実だろう。ただし、開局当初はアニメは皆無という状態であり、再放送を含めてアニメが増え始めたのは2006年辺りに入ってからである。
  • MXでは民放で初となる24時間マルチ編成実施局だが、アニメのスポットCMの中には091チャンネルでの放送と記載されていない物が多い。その為に092チャンネルで流れた際は「092チャンネルでは別番組ではないか?」という現象が存在する。(2014年秋アニメでは091での放送と明記している作品も有るが、明記していない作品もあるために当面は「092を回したら別番組だった」現象は続くと思われたのだが、2015年冬アニメでは一定数以上がTOKYOMX092での放送時CMにはTOKYOMX1での放送である事が明記された)
  • 092チャンネルで放送されていた番組が、091チャンネルへ昇格するという事も稀に存在する。(例:eスポーツMAXなど)
  • 逆に091チャンネルで放送されていた番組が092チャンネルへ移動するケースもある。理由は色々とあるかもしれないが…。
  • 大晦日は普通に特番やバラエティー枠の番組がメインだったのだが、物語シリーズソードアート・オンラインの特別番組を組む辺りから、クリスマス~元日までの枠にアニメ特番やアニメ一挙放送等が入るようになった。
  • 2016年7月10日、参議院選挙の選挙特番が放送されたのだが、その時間帯は民放が放送を続けている中、午後9時30分で終了(プレスリリースで延長なしが言及済)となった。その後の不機嫌なモノノケ庵あまんちゅ!までのアニメ枠全てが通常放送と言うテレ東伝説のお株を奪う様なプログラムには衝撃を受けた視聴者も多いだろう。かつては選挙特番で深夜アニメをゴールデン枠に移動する事もあったのだが、この時期に限っては出来なかった事情があると思われる。なお、5分のミニ番組を挟んで選挙特別編成のニュースを放送する頃にはテレ東も選挙特番が終わっているが……。
  • 後述の項目でも触れているが、劇場版公開や続編公開等に連動してのアニメ再放送が比較的に多く、劇場版作品もマクロスΔに連動する形で放送されたイツワリノウタヒメサヨナラノツバサ、劇場版公開と連動した蒼き鋼のアルペジオDC、『聲の形』公開を記念して放送されたたまこラブストーリーの様な例もある。OVA作品を公開した例としてはガールズ&パンツァーも含まれる。

その他

  • かつては同局にもアナウンサーはいたが、全員女性で男性は1人も起用されず、2012年9月までに全てのアナウンサーが他の部署に異動または退社し、社員のアナウンサーが不在となっている。そのためニュースなどはフリーアナウンサーが担当する。
  • 本社は開局時は江東区青海のテレコムセンター低層階に入居し、2つのスタジオを持っていた。開局9年目の2006年に千代田区麹町(実質的には半蔵門辺り)に移転した。でもこの本社、自前の建物ではなく元々この地にあった「東條会館」という結婚式場のビルにテナントとして入居したものであり、在京キー局と比べるととても小さい。スタジオはテレコムセンター時代と同じく2つ用意されたが、一方は報道専用の小さいスタジオ、もう一方も喫茶店のあったスペースを改装したお世辞にも広いとはいえないスタジオである。事務スペースや出演者控室などもかなり強引に配置したらしく、「出演者控室の隣に社長室がある」という伊集院光の証言が出るぐらい難がある構造だとか。サテライトスタジオもあるが運用されていない模様。
  • アニメを多く放送してくれる局ではあるが、地方局故の悲しさか、地デジ対応字幕がつかない為アニメ好きの聴覚障害者からは不満の声が上がっている。字幕関係の要望や問い合わせをしても、返答は自動返信すら無いスルー状態である。


過去に再放送されたアニメ

劇場版公開に連動した再放送、特番での一挙放送等も存在するが、それ以外にも本放送の翌週にすぐ再放送が入るケースも多い。ここでは、2000年代以降の作品で再放送された一例を公開。見れば分かる通りMBS系列のアニメが非常に多い傾向にあり、日5枠に関してはほぼ網羅している。
(東京レイヴンズ怪盗ジョーカーSHOWBYROCK!!のようにリアルタイム放送+再放送が展開される作品もある)


2000年代以前の作品

エムキャス

TOKYOMXの番組をスマホで視聴する事が出来るアプリ。視聴可能番組に関しては初期では数が少ないのだが、随時対応するとの事。現在は実証実験を行っている。エムキャスの対応エリアは日本全国(ただし、対象外の場所もある)とかなり広い。CMには飯田里穂Pileなどが出演した。

2015年夏アニメでは洲崎西ワカコ酒ヴィーナスプロジェクトナルどマてーきゅう(5期)、うーさーのその日暮らし 夢幻編ビキニ・ウォリアーズキュートランスフォーマー(トランスフォーマーアドベンチャーも含む)がエムキャスに対応している。
(アニメ以外では東京乙女レストランやeスポーツMAXなどが対応)

10月からは視聴作品が増え始め、アニメでもSHOWBYROCK!!えとたまの再放送がエムキャス対応に関して公式でも告知を行っている。

2016年1月6日からはブラウザ版がスタート。ただし、こちらはアプリ版と配信番組が一部で異なると言う仕様がある。

関連リンク

公式サイト
エムキャス 公式サイト

pixivに投稿された作品 pixivで「TOKYOMX」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18976

コメント