ピクシブ百科事典

Jリーグ

じぇいりーぐ

Jリーグとは1993年に開幕した日本のプロサッカーリーグのことである。 正式名称は「日本プロサッカーリーグ」。
目次[非表示]

概要

主催は公益社団法人日本プロサッカーリーグ(以下:Jリーグまたは公益社団法人Jリーグ)、公益財団法人日本サッカー協会(以下:JFA)。

1993年に10クラブで開幕。
その後リーグの拡大路線によるクラブ数の増加に伴い、1999年からディビジョン(部門)制を導入し、J1(Jリーグ ディビジョン1)とJ2(Jリーグ ディビジョン2)の2部制に移行。
2014年よりディビジョン制から分割リーグ制に移行し(2016年で廃止)、J2の下位となる「J3リーグ」を創設。J1リーグ(トップ【上位】リーグ:日本の第1種区分全体においてのトップリーグでもある)・J2リーグ(ミディアム【中位】リーグ)・J3リーグ(ロー【下位】リーグ)の3リーグ制となった。

観客動員数では日本プロ野球を上回り、特にアジアでの人気も高い。

DAZNが2100億円という巨額の放送権によって、2017年からリーグ改革を実施。2030年に世界最高峰のサッカーリーグになることを目標としている。

特徴

J1は2回戦総当り(34試合。2021のみ38試合)、J2は2回戦総当たり(42試合)。J3は2016年から2回戦総当たりに変更(34試合。クラブ数によって毎年変動。)。

各クラブ間の実力が拮抗している為、優勝・残留・昇格争いのいずれかが最終節まで縺れ込むことが多い。最終節で逆転優勝という「どんでん返しの伝統」のもJリーグでは珍しくない。チャンピオンシップを廃止した2017年では川崎フロンターレが逆転優勝し、伝統も復活した。2020・2021年は、その川崎が両年とも4試合残して優勝。黄金時代を築いている。

特にJ1優勝候補だったクラブがまさかのJ2降格という場面が数多くある。

現在の入れ替え制度

J1の17~18位が自動降格、J2の1位・2位が自動昇格。
J2の3位~6位の間でJ1参入プレーオフを行い、勝者がJ1の16位と決勝戦を行い、勝利チームにJ1参戦。
J2の21位・22位が自動降格、J3の1位・2位(但しU-23チームは除外され、下位クラブが繰り上がる)が自動昇格。
いずれの場合も、上位リーグに参加するためのクラブライセンスを持たないクラブが自動昇格順位に入った場合は下位クラブの繰り上がりはなく、下位リーグへの降格対象クラブも減る。また、J1参入プレーオフについては参加資格が与えられない。実際に、2017年のJ3で優勝したブラウブリッツ秋田がJ2ライセンスを持たなかったために昇格を見送られ、同年のJ2で21位に終わったロアッソ熊本が降格を免れてJ2に残留している。

2020シーズン、通常通り2月に開幕したもののCOVID-19の影響を受け3月に中断、再開も5月以降にずれ込むことに。また3月24日には理事会で『全カテゴリーに於いて降格無し』の特例ルールの適用を決定した。2021年シーズンのみJ1が20クラブになり、降格については11月17日、J1・J2共に4チーム降格(変動あり)とすることにした。(⇒文献)
2022シーズンは昇降格は従来通りの規定で行われるが、J1昇格プレーオフ決定戦のレギュレーションについては当初は延長戦・PK戦ありとされていたが、その後従来通り引き分けた際はJ1 16位のチームが残留するというレギュレーションだったはずと原副理事長が話た為混乱が起きた。
どうやら2年間プレーオフが止まって議論も途中でストップしたため内部でも曖昧な状態になってしまった模様。改めて1月の理事会で決定することになった。

将来的なJFLとの入れ替え制度導入

2021年のリーグ公式ニュースリリースなどで明らかになったが、J3のチーム在籍数上限である20チームに達した時点で導入される。なお、入れ替えの方式については、従来を踏襲する形になるのか(※"JFL4位以内且つ百年構想クラブの中で上位2チームまで"というJ3昇格条件を踏まえて最大で2チーム自動入れ替えというのが考えられる)、はたまた、別の形を採用するのかは決定しておらず、続報待ちとなる。

将来的なJ4リーグの創設について

リーグ公式YouTubeチャンネルの番組『JリーグTV』にて、Jリーグ(J3)・JFL入れ替え制度の導入が完全に明るみになった後のファンからの質問で「J4は出来るのか?」という質問に対し、当時の副チェアマンである原博実が「今のところは」と回答直後にフォローしつつも「イヤ、出来ないね」と即答している。詳細は以下の動画を参照のこと。(※19分30秒辺りからその回答を確認できる)



ちなみに上記のリンク先のニュースリリースにも書かれているが、原博実副チェアマンの発言とは別に、当時のチェアマンである村井満は「無尽蔵にクラブ数を増やしていくことは現実的にはできない」と言及している。

振り返ると、かつては2代目のチェアマンである鈴木昌は就任当時「100クラブまで作りたい」と夢として語ったことがある(ソース)。また、他のJリーグ関係者からは「47都道府県全てにJリーグチームを最低1チームずつ置きたい」という理想が語られたりしたことがあり、且つ、その実現に向けて冠スポンサーである明治安田生命が「全都道府県でJリーグ在籍クラブが誕生してほしいという目標達成に向けてJリーグをサポートしていく」と考えているとも報道されている(ソース)。

しかし、やはり現実は非情であり、限度はあった。

ただし、総枠が60枠なので、理論上は「全47都道府県にJリーグクラブを誕生させる」可能性は今後も残されている。

クラブ名称の方針

Jリーグのクラブ名称は必ず「地域名+クラブ愛称」とするよう方針が定められており、親会社の名前を入れてはならないとされている(企業がチームの宣伝を行うことはこの限りではない)。
これは企業活動ではなく地域活動の一環としてのサッカーチームという考え方に基づいており、企業の名前を売り込む目的でチームを買収するケースもあったプロ野球とは対照的である。
なお、発足当初読売グループはこれに反対しており、新聞紙上でも独断で読売の名前を使用していたが、最終的に従った

また、地域名は地方自治体名のみ認められるが、市町村合併前に結成されたチームが合併後に名称を変更するかどうかは任意となっている(例:浦和レッズ、大宮アルディージャ、清水エスパルス)。

現在リーグに加盟しているクラブ(2022年シーズン)

カテゴリクラブ名略称ホームスタジアム加盟年
J1北海道コンサドーレ札幌札幌札幌ドーム1998
J3ヴァンラーレ八戸八戸プライフーズスタジアム2019
J2いわてグルージャ盛岡岩手いわぎんスタジアム2014
J2ベガルタ仙台仙台ユアテックスタジアム仙台1999
J2ブラウブリッツ秋田秋田ソユースタジアム2014
J2モンテディオ山形山形NDソフトスタジアム山形1999
J3福島ユナイテッドFC福島とうほう・みんなのスタジアム2014
J3いわきFCいわきJヴィレッジスタジアム2022
J1鹿島アントラーズ鹿島茨城県立カシマサッカースタジアム1993
J2水戸ホーリーホック水戸ケーズデンキスタジアム水戸2000
J2栃木SC栃木栃木県グリーンスタジアム2009
J2ザスパクサツ群馬群馬正田醤油スタジアム群馬2005
J1浦和レッズ浦和埼玉スタジアム20021993
J2大宮アルディージャ大宮NACK5スタジアム大宮1999
J2ジェフユナイテッド千葉千葉フクダ電子アリーナ1993
J1柏レイソル三協フロンテア柏スタジアム1995
J1FC東京F東京味の素スタジアム1999
J2東京ヴェルディ東京V味の素スタジアム1993
J2FC町田ゼルビア町田町田GIONスタジアム2012,2014
J1川崎フロンターレ川崎F等々力陸上競技場1999
J1横浜F・マリノス横浜FM日産スタジアム1993
J2横浜FC横浜FCニッパツ三ツ沢球技場2001
J3Y.S.C.C.横浜YS横浜ニッパツ三ツ沢球技場2014
J1湘南ベルマーレ湘南レモンガススタジアム平塚1994
J3SC相模原相模原相模原ギオンスタジアム2014
J2ヴァンフォーレ甲府甲府JIT リサイクルインク スタジアム1999
J3松本山雅FC松本サンプロ アルウィン2012
J3AC長野パルセイロ長野長野Uスタジアム2014
J2アルビレックス新潟新潟デンカビッグスワンスタジアム1999
J3カターレ富山富山富山県総合運動公園陸上競技場2009
J2ツエーゲン金沢金沢石川県西部緑地公園陸上競技場2014
J1清水エスパルス清水IAIスタジアム日本平1993
J1ジュビロ磐田磐田ヤマハスタジアム1994
J3藤枝MYFC藤枝藤枝総合運動公園サッカー場2014
J3アスルクラロ沼津沼津愛鷹広域公園多目的競技場2017
J1名古屋グランパス名古屋豊田スタジアム1993
J3FC岐阜岐阜岐阜メモリアルセンター長良川競技場2008
J1京都サンガF.C.京都サンガスタジアム by KYOCERA1996
J1ガンバ大阪G大阪パナソニックスタジアム吹田1993
J1セレッソ大阪C大阪ヨドコウ桜スタジアム1995
J1ヴィッセル神戸神戸ノエビアスタジアム神戸1997
J3ガイナーレ鳥取鳥取Axisバードスタジアム2011
J2ファジアーノ岡山岡山シティライトスタジアム2009
J1サンフレッチェ広島広島エディオンスタジアム広島1993
J2レノファ山口山口維新みらいふスタジアム2015
J3カマタマーレ讃岐讃岐Pikaraスタジアム2014
J2徳島ヴォルティス徳島ポカリスエットスタジアム2005
J3愛媛FC愛媛ニンジニアスタジアム2006
J3FC今治今治ありがとうサービス. 夢スタジアム2016
J1アビスパ福岡福岡ベスト電器スタジアム1996
J3ギラヴァンツ北九州北九州ミクニワールドスタジアム北九州2010
J1サガン鳥栖鳥栖駅前不動産スタジアム1999
J2V・ファーレン長崎長崎トランスコスモススタジアム長崎2013
J2ロアッソ熊本熊本えがお健康スタジアム2008
J2大分トリニータ大分昭和電工ドーム大分1999
J3テゲバジャーロ宮崎宮崎ユニリーバスタジアム新富2021
J3鹿児島ユナイテッドFC鹿児島白波スタジアム2016
J2FC琉球琉球タピック県総ひやごんスタジアム2014

※いわきFCの加盟に伴い、上限である60チーム達成まで残り2枠。

因みにJクラブがない県は、福井県三重県滋賀県奈良県和歌山県島根県高知県の7県。

Jリーグ百年構想クラブ(2022年現在)

Jリーグ百年構想クラブ(制度)も参照のこと。
現在、Jリーグを目指す『Jリーグ百年構想クラブ』及びJ3ライセンス承認クラブは次の通り。
(※北から順に紹介)

カテゴリクラブ名略称ホームスタジアム承認年度J3ライセンス承認年度(※1)
JFLラインメール青森青森カクヒログループアスレチックスタジアム20192020-
東北1部コバルトーレ女川女川女川スタジアム2022
関東1部栃木シティFC(※2)栃木CCITY FOOTBALL STATION2014
関東1部VONDS市原V市原ゼットエーオリプリスタジアム2020
関東1部東京23FC東京23江戸川区陸上競技場2022
JFLクリアソン新宿新宿2021未承認
関東1部南葛SC南葛2020
JFLヴィアティン三重三重朝日ガスエナジー東員スタジアム2020-2021-
JFL鈴鹿ポイントゲッターズ鈴鹿20212022-
JFLFC大阪FC大阪東大阪市花園ラグビー場20202021-
JFL奈良クラブ奈良ならでんフィールド2020(※3)2016-
JFL高知ユナイテッドSC高知春野総合運動公園陸上競技場2022未承認
JFLヴェルスパ大分V大分2021未承認
九州沖縄SV沖縄2022
※1:J3ライセンス承認対象はJFL在籍クラブのみ。
※2:2018年までのクラブ名称は栃木ウーヴァFC(略称は栃木U)。
※3:2019年12月に2015年から2019年までの5年間にホームゲームの入場者数の水増しを行っていたことが発覚。その後、2020年1月にJリーグ百年構想クラブの解除条件付き失格処分が下されていたが、同年6月に解除されている。

過去にリーグに参戦していたクラブ

クラブ名ホームスタジアム加盟年解散年解散理由
横浜フリューゲルス横浜市三ツ沢公園球技場(当時)19931998横浜マリノス(当時)への吸収合併


J3への特別参加枠(2020年まで)

クラブ名略称ホームスタジアム加盟年解散年
Jリーグ・U-22選抜J-22なし(全試合アウェイで開催)20142015
FC東京U-23F東23未定※20162019
ガンバ大阪U-23G大23パナソニックスタジアム吹田※20162020
セレッソ大阪U-23C大23ヤンマースタジアム長居※20162020

※ホームスタジアム表記はJリーグ公式によるが、クラブ本拠地・隣接球技場・都府内の中規模競技場などでホーム戦を行う。

過去にリーグ準加盟や百年構想クラブだったクラブ

※準会員、百年構想クラブとなりながら正会員加盟ができずに資格を返上、または申請を取り下げたクラブ。

カテゴリクラブ名略称ホームスタジアム承認年度退会年
旧JFL鳥栖フューチャーズ鳥栖F鳥栖スタジアム19941996※1.
旧JFL浜松F.C(仮称)-Honda都田サッカー場19971997※2.
関東2部tonan前橋前橋前橋総合運動公園陸上競技・サッカー場 20132019
JFL東京武蔵野シティFC武蔵野武蔵野陸上競技場20162020※3.
※1.鳥栖フューチャーズは1995年に『PJMフューチャーズ』から改名するもメインスポンサーの撤退により1997年解散。詳細はサガン鳥栖も参照。
※2.浜松F.C(仮称)は本田技研工業サッカー部を母体に受け皿となる法人に対して申請したが1997年9月に準会員資格を返上。本田技研工業サッカー部はその後、名称を『本田技研工業フットボールクラブ(Honda FC)』に改称しており、現行のJFLにて企業チーム形態を維持しながら活動を続けている。
※3.東京武蔵野シティFCは「5年以内にスタジアムを新設すること」を条件に2020年度J3ライセンス取得。しかし2020年7月31日付けでの百年構想クラブからの脱退届を提出、多目的の総合型地域スポーツクラブを目指すことに方向転換。

関連タグ

J.League - 英語版の記事
明治安田生命 - 現在のリーグ冠スポンサー
DAZN - 現在のリーグ戦放映権保有メディア
スカパー! - 過去のリーグ戦放映権保有メディア。現在はJリーグカップと天皇杯の中継を担う。
バーコードバトラー - Jリーグ公認の関連商品が発売された。
J1リーグ/J2リーグ/J3リーグ - 公益社団法人Jリーグを直轄組織とするカテゴリ。
Jリーグカップ - リーグカップ戦。現在はJ1リーグ在籍チーム(+α)のみ出場可能。
JFL/地域リーグ/都道府県リーグ - J3リーグより下位のカテゴリ。各々直轄組織が違う。
Jリーグ百年構想クラブ(制度) - Jリーグ加盟を目指すJFL以下の在籍クラブに課す制度。
Jリーグクラブライセンス制度 - Jリーグ在籍クラブ及びJFL在籍の百年構想クラブに課す制度。
ダービーマッチ - 各種ダービーマッチを参照のこと。
天皇杯 - J1とJ2の各在籍チームには本選シードが付与される。
サッカー
スポーツ

Pixiv的関連タグ

Jリーグカレー
Jリーグと漫画・アニメのコラボ一覧
Jリーグ×アイマス
艦これ×Jリーグ
日本サッカー界における漫画・アニメ・ゲームとのコラボ一覧 - Jリーグ関連以外のコラボも記載

関連記事

親記事

国内サッカー こくないさっかー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「Jリーグ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「Jリーグ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2928831

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました