ピクシブ百科事典

水戸ホーリーホック

みとほーりーほっく

水戸ホーリーホックとは、茨城県水戸市を本拠地とするプロサッカーチームである。
目次[非表示]

解説

創設年1994年
加盟年2000年
ホームスタジアムケーズデンキスタジアム水戸
クラブカラー
マスコットホーリーくん


クラブ名は水戸黄門の家紋に由来する。

名前を「ホーリーホクッ」と間違われたり(後述)、サポーター有志が「納涼漢祭り」(別名:水戸の奇祭)というイベントを開催したり、公式ソングの「走れ☆ホーリーホック」をアウェーサポの脳内にループさせたり、相手チームのJ1昇格を見送ったりと、何かとネタ扱いされやすいチーム。
ゆえに誰が言い出したか、愛称は「水戸ちゃん」。

マスコット

龍の「ホーリーくん」。

ホーリーくん


チームが金銭的に苦しかったせいで、サポーターのカンパで「治療代」がまかなわれたことがある。
近年色もモチーフもダダ被りなマスコットが現れた。

Jリーグマスコット総選挙過去順位

開催年順位備考
1201330位
2201427位
3201538位
4201624位
5201736位
6201847位
72019

下から数えた方が早い順位をキープしているが、それでもブラウゴンには先輩の意地を見せつけている。

スタジアム

水戸市立競技場
(命名権名称、ケーズデンキスタジアム水戸)

その他

アニサカ

水戸市の近隣の大洗町ガールズ&パンツァーの舞台ということで(大洗はホームタウンに含まれていないが)、2014年よりバンダイビジュアルがチームスポンサーとなり、同作品とのコラボイベントを開催している。
(2002年に 周辺のひたちなか市・那珂市・笠間市・小美玉市・茨城町・大洗町・城里町・東海村の8市町村 を加えた「水戸ホーリーホック・ホームタウン推進協議会」 が発足、以後毎年ホームゲーム開催時に「市町村の日」を設けイベントを開催。2017年11月21日に正式にホームタウンとして承認された。)

期間中のポスターは対戦相手によって絵柄を変えるという凝りようであり、他のアニメとコラボしているクラブとの対戦時はそのアニメのキャラが、そうでないクラブでその地域に所属する学園艦のあるクラブとの対戦時は、対応するガルパンキャラが描かれる。

日時対戦相手水戸側キャラ対戦相手側キャラ備考
2014.04.2910ロアッソ熊本西住みほ西住まほ黒森峰女学園所属県・姉妹代理対決を銘打っている
2014.08.17東京ヴェルディ西住みほ五十鈴華御坂美琴(とある科学の超電磁砲)選手紹介の際にそれぞれの主題歌が流れる
2014.11.0139横浜FC西住みほ五十鈴華ダージリン(GuP)聖グロリアーナ女学院所属県
2015.10.1837東京ヴェルディ五十鈴華千斗いすず(甘城ブリリアントパーク)「いすず」対決を銘打っている

名前ミス

先述の「ホーリーホクッ」をはじめ、やけにクラブ名を誤表記される。DAZNも公式twitterで間違えていた。挙句の果てには「水戸」が「三戸」と表記されたこともあり、サポの間では「水戸がやられた誤表記でベストイレブンが組める」説が存在する。

競技場問題

現在の本拠地(水戸市立競技場)は10,152人収容の為、J1昇格要件である「入場可能人数15,000人を満たす」競技場ではない為、2012年からのJリーグクラブライセンス制度によって
J1ライセンスが取れなかった。
2018年に、2019年シーズンの「成績面でJ1昇格要件を満たした場合に、入場可能人数15,000人を満たす笠松運動公園陸上競技場(2009年までの本拠地)にライセンスを充足するための改修工事を実施する」ことを条件にJ1ライセンスが交付された。

これは1996年にJFL昇格を決めた「プリマハムFC土浦」と水戸市を本拠地としてJFLでの活動を目指していた「FC水戸」が合併したが当時の水戸市の反応は極めて冷ややかだったことから端を発している。
当時、同じ学校のOBだが野球部応援団OBでサッカー嫌いの市長とサッカー部OBの代表が水戸市へのJFL誘致を巡って対立、最終的に水戸市は本拠地とすることを認める代わり、クラブに対し「競技場・練習場の供給を含む一切の資金援助を求めない」とする覚書を提出させたことから、2009年に水戸市立競技場が改修されるまで市外のスタジアムの使用を余儀なくされた。(因みにその時の市長は現:参議院議員。)
現在、ケーズデンキスタジアム水戸(水戸市立競技場)について2019年8月に現在の水戸市長が定例会見で「現在芝生席となっているゴール裏・サイドスタンドを立見席にしたうえで、収容可能人員をJ1基準まで充足できるようにする」方針を固めたことを明らかにした。
これとは別にクラブは2019年11月に(前身のフットボールクラブ水戸の創設から数えて30周年目にあたり、上記ケーズデンキスタジアムの改修完成目標年度と同じ)2024年度の竣工を目指し、民設・民営型による新スタジアムの建設構想を発表した。(毎日新聞HPより

関連項目

鹿島アントラーズ:同じ茨城県内に本拠地を持つサッカーチーム。

田中マルクス闘莉王塩谷司…かつて在籍していた選手。サッカー日本代表経験あり。因みに闘莉王は在籍中U-23日本代表(アテネオリンピック代表)に選出されている。

関連記事

親記事

Jリーグ じぇいりーぐ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「水戸ホーリーホック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45762

コメント