ピクシブ百科事典

水戸黄門

みとこうもん

水戸藩の第2代藩主、徳川光圀の別称。あるいは同人物を主役とした時代劇シリーズの番組名。
目次[非表示]

概要

常陸国水戸藩二代目藩主徳川(水戸)光圀のこと。及び同人物を主役に据えたTV時代劇シリーズのタイトルでもある。

水戸黄門



一般に、助さん格さんのお供を連れて諸国を漫遊し、悪を懲らし庶民を助ける好々爺としてのイメージが強い。

ウチのじゃない助角



しかし、これは江戸時代後期に成立した歌舞伎講談、及びそれを元に構築された時代劇の影響であり、史実の光圀の足跡は江戸と水戸藩領、および関東周辺の行楽地にほぼ限られている。

ただし史書『大日本史』の編纂に必要な資料収集のため家臣を諸国に派遣したり、大船を建造して北海道の調査を行わせたり、自身も隠居後に水戸藩領内を巡視して歩いたのは事実である。

史実の光圀は新しいもの、珍しいものが好きで、反骨精神旺盛な人物であった。徳川綱吉が制定した生類憐れみの令を無視して牛肉豚肉羊肉などを食べていた。ワインチーズなど西洋の食事を嗜み、日本で初めてラーメンを賞味した人物としても知られている。

TV時代劇

1969年(昭和44年)8月4日放送開始。2011年12月19日に最終回を迎え、放送終了。
42年に渡る長寿番組となった。
「変わらない安心感」「良い意味でのマンネリ」の代名詞的な存在であり、変わらないことの良さを喩えるときにしばしば引き合いに出される。

視聴率低迷が続くTBSの中では、貴重な二桁台をキープできる人気番組だったのだが、主な視聴者が高齢者であり、スポンサーであるパナソニックの商品(特に主力商品のテレビ)をあまり買わない年齢層であることから、スポンサーが引き揚げてしまい、終了となった。

6年ぶりの復活

2017年10月4日より、武田鉄矢主演でBS-TBS水曜午後7時枠で放映が開始された。
今回は青森八戸を目指す物語となり、東日本大震災の被災地となった地域の伝統芸能や工芸品、郷土料理などを積極的に取り上げていくとしている。

歴代光圀役

第1部 - 第13部:東野英治郎
第14部 - 第21部:西村晃
第22部 - 第28部:佐野浅夫
第29部 - 第30部:石坂浩二
第31部 - 第43部:里見浩太朗
第44部 - :武田鉄矢

大まかなストーリー

  1. 黄門様、お供である助さん、格さんらが諸国漫遊の旅の途中で、庶民の問題に出くわす
  2. 「旅の町人」と偽称したまま、お供達が諸々の問題解決の糸口を探る
  3. かげろうお銀が入浴する
  4. 黄門様一行と悪人の対決 (助さん、格さんは武道の達人)
  5. 印籠を見せて正体を明かす → 悪人が降参
  6. 正体を知った庶民がお礼を述べる
  7. 次の地へ旅立つ


基本的には一話完結式であるが、ごく初期には前後編で放送されていたこともある。
しかし、視聴者から「自分はもう高齢だから、後編が放送されるまで生きていられるかわからない」と訴えがあり、以来、一話で話をまとめるようになったという。

名台詞

黄門様「助さん、格さん、 懲らしめてやりなさい」
黄門様「助さん、格さん、もう良いでしょう」
助さんor格さん「静まれ、静まれぃ この紋所が目に入らぬか」
助さんor格さん「このお方をどなたと心得る、恐れ多くも前の副将軍 水戸光圀公にあらせられるぞ」「ご老公の御前である」「頭が高い」「控えおろう」
悪人「ははぁ(頭を下げる)」

備考

東野英治郎は元々は狡猾な悪役を得意した役者であった事で有名。本来は森繁久彌の予定であったが、諸事情でできなくなり、彼に据えたという。二代目の西村晃も悪役を得意としていた。

二代目黄門の西村晃、三代目黄門の佐野浅夫は共に水戸黄門の一種の名物である『偽黄門』を演じた事がある。特に二人の場合は次のシリーズでの光圀役に据える前のテスト出演的な意味で登場しており、佐野の場合の偽黄門は世直しの目的として光圀を偽る役であり、その回でもいかにも本物らしく振る舞う事を重視した演出となっている。ただし、佐野浅夫はシリーズではレギュラーではないが「かげろうお銀」の祖父である藤林無門としてよく登場していた。三代目を演じるにあたり「今までの黄門様は涙を流した事がない(※)ので涙を流せる黄門様をやりたい」と抱負を語った。実際に悲願を見事叶えた・離れ離れだった末にようやく会えたなどの人物を目の当たりにした時やあまりにも悲しい結末となった時に涙を流す黄門様として人情溢れるタイプの光圀を演じた。

佐野浅夫と里見浩太朗は実は親戚関係にあたり、親戚同士で光圀を演じた事となる。なお、五代目に就任する前に里見は光圀の依頼があったそうだが、その時はまだ老人の役を演じる事に抵抗があったらしくそれを断っている。しかし、かつて二代目助三郎を演じ(ナショナル劇場)シリーズ最後の光圀となった彼は43部で終了の話には「後ろからバッサリ斬られたように感じた」と長寿シリーズの終焉に残念な気持ちがあったという。

※…実は初代には直接ではないものの、光圀の落涙描写自体はあった。

アニメ

1981年から約1年弱にわたって、ナック(現・ICHI)製作のアニメまんが水戸黄門』がテレビ東京で放送されていた。
基本のストーリーの流れは時代劇とほぼ同じで、アニメらしい派手な演出やアニメならできる変なアイテムや変身技も登場。
製作スタッフによると、主人公の黄門様があまり動かないので演出に苦労したらしい。

ゲーム

さらに1987年にはサン電子(現・サンソフト)からファミコン専用のアクションアドベンチャーゲーム『天下のご意見番 水戸黄門』が発売された。テレビドラマ同様、光圀一行が日本諸国(全7ステージ)を旅し、プレイヤーは助さん・格さんを交互に操作し各地で起こった事件のてがかりを捜し、悪党の悪事を暴いてゆく。アイテムを使用することでうっかり八兵衛や風車の弥七などおなじみのキャラクターを一定時間操作することが出来る。

続編『水戸黄門Ⅱ』では、光圀はなんと海を越え世界漫遊の旅に出ることに
アメリカ・ドイツ・イタリアなど世界各国を廻りながら、各地で起こる事件を解決していく。

一応、前作の諸悪の根源であった「あんどう」を捜索するという名目はあるものの、本来鎖国中であるこの時代に海外に赴くことはご法度である。そもそも外国で徳川家の権力が通用するはずがないのだが(一応敵は「あんどう」の手下が変装していたりする)。また、イタリアではレオナルド・ダ・ヴィンチ、インドではゴータマ・シッダールタに出会うなど時代が等号しない人物が出てきたり、挙句の果てに人外の怪物をお裁きしようとしたりと、その内容はかなりぶっ飛んでいる。

ちなみに、プラットフォームはファミコンでありながら、音声が入っているという驚愕の演出がある。
さすがにかなり濁り気味ではあるものの、それでも何を言っているのかは聞き取れるレベルである。

関連タグ

徳川光圀
時代劇 江戸時代 徳川 印籠 越後のちりめん問屋
様式美 お約束 決め台詞 
最強ロボダイオージャ ダイオージャ

登場人物

水戸光圀 佐々木助三郎 渥美格之進 うっかり八兵衛 風車の弥七 柘植の飛猿 かげろうお銀
東野英治郎 由美かおる

関連記事

親記事

時代劇 じだいげき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「水戸黄門」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 861702

コメント